ヨーゼフ・クリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨーゼフ・クリップス
JosefKrips1.JPG
基本情報
出生名 ヨーゼフ・アロイス・クリップス
Josef Alois Krips
生誕 1902年4月8日
出身地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
死没 (1974-10-13) 1974年10月13日(72歳没)
スイスの旗 スイスジュネーヴ
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

ヨーゼフ・アロイス・クリップス(Josef Alois Krips、1902年4月8日 - 1974年10月13日)は、オーストリア指揮者ヴァイオリン奏者。弟ハインリヒ・ヨーゼフ(ヘンリー・クリップス)も指揮者として知られる。

略歴[編集]

エドゥアルト・ファン・ベイヌムとクリップス(1951年2月19日、アムステルダムにて)

ウィーンの生まれ。父親はユダヤ人[1]オイゼビウス・マンディチェフスキフェリックス・ワインガルトナーに師事し、1921年、ワインガルトナーの助手、合唱指揮者としてウィーン・フォルクスオーパーに入った。 その後、ドルトムント市立劇場カールスルーエ歌劇場などを経て、1933年にウィーン国立歌劇場の常任指揮者に就任、また1935年にウィーン国立音楽大学の教授に就任した。1938年3月のオーストリア併合の後、オーストリアを去ることを強いられ、ベオグラードに移り、ユーゴスラビア第二次世界大戦に一時期巻き込まれるまで、地元のオーケストラで働いた。大戦終期には食品工場で働いていたが、「こっそりオペラの稽古をつけたり、プロンプター席に入って指示を出していた」という伝説もある。

1950年から1954年までロンドン交響楽団の首席指揮者を務め、その後バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団サンフランシスコ交響楽団の音楽監督となった。

1963年にコヴェント・ガーデン王立歌劇場、1966年にメトロポリタン歌劇場にそれぞれデビューした。

1968年、サンフランシスコ交響楽団と最初で最後の来日。クリップスと親交のあった日本人指揮者では、小澤征爾大町陽一郎が挙げられる。

1970年、ベルリン・ドイツ・オペラの指揮者に就任、同年から1973年までの間ウィーン交響楽団の首席指揮者を務めた。

ジュネーヴにて病没。

オペラの名指揮者[編集]

ナチス政権に協力しなかったため、1945年の終戦後すぐにオーストリアの楽壇に復帰することができ、戦後ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ザルツブルク音楽祭を最初に指揮したひとりである(クナッパーツブッシュフルトヴェングラーベームカラヤンはナチ協力の嫌疑で復帰が遅れた)。巨匠不在のウィーン・フィルを支えた名匠といえる。モーツァルトリヒャルト・シュトラウスの作品を得意とした。

角のとれた優美なクリップスとウィーン・フィル(国立歌劇場管弦楽団)の芸風は、1968年の『コジ・ファン・トゥッテ』、1970年の『エジプトのヘレナ』などのライブ録音で偲ぶことができる。いわゆる「叩き上げ」の経歴をもち、歌劇場での稽古に手腕を発揮した。往年の名歌手エリーザベト・シュヴァルツコップは、「一番お世話になったのはクリップス!」と述懐したという。

レコード・ファンの間ではとかくドイツ・オーストリア音楽だけの専門家と見られがちであるが、実際は特にアメリカ時代には現代作品を含む幅広いレパートリーを誇った。来日公演でもストラヴィンスキーコープランドなどの作品を指揮している。

レコーディング[編集]

その他、コンサートホール・ソサエティに多くの録音を残している。また、ライブ録音にはウィーン交響楽団を振った『ティル』やシューベルト『ザ・グレイト』、マーラー『大地の歌』がある他、フランス国立放送管弦楽団を振ったベートーヴェンなどがCDとしてリリースされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
ウィリアム・スタインバーグ
バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1954年 - 1963年
次代:
ルーカス・フォス