クリフォード・カーゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クリフォード・マイケル・カーゾン(Clifford Michael Curzon, 1907年5月18日 - 1982年9月1日)はイギリスピアニスト

Clifford Curzon (1960)

ロンドン出身。本来の姓はシーゲンバーグ(Siegenberg)。王立音楽アカデミーに学ぶ。1923年プロムスで公開デビューを果たし、ヘンリー・ウッドの指揮でバッハの3台のピアノのための協奏曲を演奏した。1928年から1930年までベルリンに留学してアルトゥール・シュナーベルに、その後パリに留学してワンダ・ランドフスカナディア・ブーランジェにも師事。欧米各地で演奏活動に取り組んだ。

ペルシャの市場にて」で有名なアルバート・ケテルビーの甥に当たる。ソプラノ歌手マリア・チェボターリが39歳でウィーンで亡くなると、2人の遺児を引き取り養子にした。1977年ナイトに列せられた。

世界的に、特にモーツァルトシューベルトの解釈で有名である。かなりの量の録音を後世に遺しているが、録音嫌いで有名であり、レコードは聴衆の判断基準となるべきではないとの持論であった。青年時代は近現代の音楽の擁護者として知られており、レノックス・バークリーピアノ・ソナタは、カーゾンに献呈されている。