ピツィカート・ポルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アロイス・メリヒャルドイツ語版の指揮による演奏。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ピツィカート・ポルカ』(Pizzicato Polka)は、ヨハン・シュトラウス2世ヨーゼフ・シュトラウス兄弟の合作によるポルカ。作品番号は無い。演奏時間は約3分。

概要[編集]

1869年の夏、シュトラウス2世とヨーゼフの2人によって作曲された。この当時はロシア旅行に出かけており、その際に2人がサンクトペテルブルクでピアノの連弾をしてこの作品が生まれたといわれている。他にもパヴロフスク駅舎での仕事の際に作曲されたとの説がある。いずれにせよ作曲された場所はロシア国内である。

のちに同年6月24日に初演され大成功を収めたが、その後のコンサートでしばらく演奏されることがなくなってしまい、7月6日にようやく再演したところ好評を博し、全部で7回演奏されたという。のちにシュトラウス2世は23年後の1892年に「新ピツィカート・ポルカ」を作曲している。

名前の通り弦楽器のピツィカートだけで演奏されるユーモラスな曲で、中間部のトリオでは鉄琴が加わる。これ以外の楽器は使用されない。なおこのポルカには、そのよく演奏される伝統的な通常版とは別に、異稿(初稿)として、1869年の夏に兄弟2人の手で作曲・成立された当初の形として、打楽器の加わる原典のオリジナル・バージョンが残されており、2012年のウイーンフィルのニューイヤーコンサートの第2部の中で、おそらくニューイヤー史上初の試みとなる、このオリジナル・バージョンでの『ピッチカート・ポルカ』が演奏された。いずれにしても、当時創作の絶頂期にあった大の大人が2人がかりで、この様な遊び心旺盛な冗談音楽とも見て取れるユーモラスで小さなポルカを軽いタッチで気の向くままに作曲したという作品誕生までの単純な通説の経緯は、今日の第三者側の立場から見ると大変面白い子供じみた逸話にも捉えられる。

ニューイヤーコンサート[編集]

ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサートへの登場は以下の通り。2015年現在、アンコール曲としてほぼ毎年演奏される『美しく青きドナウ』と『ラデツキー行進曲』に次いで、3番目に登場回数が多い作品となっている。

楽曲が使用されている作品[編集]

また、CMなどでも稀に流されている。

参考文献[編集]