新ピツィカート・ポルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

新ピツィカート・ポルカ』(ドイツ語: Neue Pizzicato-Polka作品449は、ヨハン・シュトラウス2世1892年に作曲したピッツィカートのためのポルカ

解説[編集]

1869年に弟ヨーゼフと合作した『ピツィカート・ポルカ』に対して、この『新ピツィカート・ポルカ』は、1892年の春頃に作曲されたヨハン2世単独での作品である。1893年のオペレッタ『ニネッタ侯爵夫人』第3幕の冒頭3曲目に弦楽器のピッチカート奏法で演奏される間奏曲(インテルメッツォ)として作曲された。

Samstag, 2 April.
Lieber Eduard!
Ich habe für Deine Concerte in Hamburg eine neue Pizzicato-Polka skizzirt. Sie ist dem Zeitgeschmack gemäß diesmal etwas interessanter gehalten (ohne eigentlich concertant in Bezug auf musikalischen Gehalt). Sie läßt manierirte Vortragsweise zu - dies die Hauptsache einer Pizzicatonummer. Dort wo der Ton nicht singt - kann nur in einer ich möchte sagen koketten Vortragsweise ein Erfolg liegen ― da weder Piano noch Forte in einer solchen aparten Piece genügende Abwechslung bieten.

土曜日、4月2日。
親愛なるエードゥアルト! 
君のハンブルクでのコンサートのために、新しいピチカート・ポルカの草稿を作ってみたんだ。ポルカは今回流行に合わせて、関心を引くようなものを取り入れてみた(音楽的な内容に関しては、ほんとうに協奏曲風なものがないのだけれど)。このポルカは、気取ったような演奏形式を可能にしてくれる。――このことが、ピチカートという曲目の最も重要なことだ。そこで音が歌わなければ、色っぽい演奏方法でしか成功しない、と私は言いたい。――だから、そのような独特の魅力をもった作品では、弱い音でもなく、強い音でもなく、十分な変化をもたせて演奏する。

— 1892年4月2日、弟エドゥアルト・シュトラウス1世に宛てたヨハン2世の手紙より[1]

演奏時間3分弱ほどの、軽快でユーモラスなタッチの曲想の佳作小品である。とはいえ、1869年夏に弟ヨーゼフと編作した、より単純な曲想の質素で地味な響きに覆われた『ピツィカート・ポルカ』より音楽的内容の度合いは応用化されている。中間部のトリオで、鉄琴とトライアングルの演奏が加わる点は、基本的に既作『ピツィカート・ポルカ』の雰囲気とそう変わらず、むしろそれを踏襲した平易な作品構成となっている。現在では本来のオペレッタ中の間奏曲としてよりも、単独で演奏会などでコンサート・ピースとして演奏・録音される例が多く目につく。

『ピツィカート・ポルカ』に比べると演奏されることは少ないが、1992年カルロス・クライバー指揮と1997年リッカルド・ムーティ指揮、それに2006年マリス・ヤンソンス指揮のニューイヤーコンサートで演奏されたことがある。2006年にはバレエに合わせて演奏された。

構成[編集]

音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Neue Pizzicato Polka - イヴァン・メイルマンズオランダ語版指揮Het Kamerorkest演奏。公式YouTubeチャンネル。
Neue Pizzicato Polka - Junge Philharmonie Freistadt演奏。公式YouTubeチャンネル。

『ピツィカート・ポルカ』と同じゆっくりとしたポルカであり、弦楽器奏者は弓を置いて、ピツィカートだけで演奏する。弦を弾く軽やかな効果と、テンポの動かし方の妙で気の効いた作品となっている。

出典[編集]

  1. ^ 鯨岡 2017, p. 71.

参考文献[編集]