リーザ・デラ・カーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リーザ・デラ・カーザLisa Della Casa, 1919年2月2日 - 2012年12月10日[1])は、スイス出身のソプラノ歌手。「デラ・カーザ」が姓である。

経歴[編集]

ベルン州ブルクドルフドイツ語版の生まれ。

15歳からチューリヒ音楽院マルガレーテ・ヘーザーの下で声楽を学ぶ。1941年にゾロトゥル=ビール市立劇場でプッチーニの『蝶々夫人』を歌ってデビューを飾った。

その後1943年チューリヒ市立歌劇場でプッチーニの『ラ・ボエーム』でミミを歌って評判をとり、1947年リヒャルト・シュトラウスの『アラベラ』でズデンカ役でザルツブルク音楽祭に出演し、ウィーン国立歌劇場のメンバーに迎えられた。

1949年にはミラノ・スカラ座にデビューし、リヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』のゾフィー役を演じている。

1952年にはバイロイト音楽祭に出演し、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のエヴァ役を歌った。

1974年に引退した。

2012年12月10日、スイスのトゥールガウ州ミュンスターリンゲンドイツ語版にて没した[2]。93歳没。

脚註[編集]