交響曲第94番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
HAYDN Symphony No.94, 'Surprise' - Case Scaglione指揮デトロイト交響楽団による演奏。デトロイト交響楽団公式Webサイト(DSO Replay Browse Video Categories)より。
Haydn’s Surprise Symphony[注 1] - エリアス・グランディ指揮カタール・フィルハーモニー管弦楽団による演奏。カタール・フィルハーモニー管弦楽団公式YouTube。
F. J. ハイドン:交響曲 第94番 ト長調「驚愕」 - デリック・イノウエ指揮による演奏《エリザベト音楽大学第74回定期演奏会(2014年10月12日)より》。エリザベト音楽大学公式YouTube。

交響曲第94番ト長調 Hob.I:94は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが作曲した交響曲の一つ。「驚愕」の愛称で知られている。

概要[編集]

ハイドンが長年楽長として仕えてきたエステルハージ侯の死去に伴って同候家を去ることになってから2度にわたって経験したロンドン旅行の1回目の滞在期間中にあたる1791年に作曲されている[1][2]

前記「2度にわたるロンドン滞在」で書き上げた「ロンドン交響曲(ザロモン・セット)」のうちの1曲に数えられると共に、ハイドンが遺した全作品の中でも最も有名な作品の一つにも数えられる[3][4][5][6]

ロンドン滞在1回目の期間中にあたる1792年3月23日に初演されている[1][4]

作曲の経緯[編集]

ハンガリー系貴族のニコラウス・エステルハージ侯爵に長らく仕え、同候家お抱えの楽団の楽長として食卓向けの音楽を作るなど創作活動を行ってきたハイドンであったが、1790年にニコラウス・エステルハージ侯爵が死去することで転機を迎えることとなった。その後を継いだアントン・エステルハージ侯爵は父親の音楽愛好を受け継がずに同候家お抱えの楽団を解散してしまい、この結果として肩書きだけの楽長と化したハイドンは同候家を去り、自由な立場の音楽家としてウィーンに赴いた[1][4][7]

そのウィーンでは、ハイドンの噂を聞きつけて赴いてきたボン出身のヴァイオリニストで興行主としても知られるヨハン・ペーター・ザーロモンと出会った。ハイドンはそこでザーロモンから、ロンドンに渡ってザーロモン自身が主催する演奏会のため作曲して欲しい、との依頼を受けた。破格の待遇内容も併せて提示されたハイドンはザロモンからの依頼を引き受け、1791年から92年にかけて、および1794年から95年にかけての2度にわたってロンドンに渡航・滞在し、のちに「ザロモン・セット(ロンドン交響曲)」と総称されることになる計12曲の交響曲を書き上げることとなった。当楽曲もこれら全12曲の交響曲に包含されるものの一つとして、ロンドン旅行1回目の滞在期間初年にあたる1791年に作曲され、翌1792年3月にロンドンに於いて初演されるに至る[4][2][7]

愛称の由来[編集]

\relative c' {\time 2/4 \tempo "Andante" c8-.\p c-. e-. e-. g-. g-. e4-- f8-. f-. d-. d-. b-. b-. g4-- c8-. c-. e-. e-. g-. g-. e4 c'8 c fis, fis g4( g,8) r\break c\pp c e e g g e4-- f8 f d d b b g4-- c8 c e e g g e4 c'8 c fis, fis g r <<d4\ff b' g'>>}
第2楽章の「驚愕音」


当楽曲に付与されている「驚愕」という愛称は、第2楽章冒頭の主題が最弱音にて2度繰り返し演奏された後の16小節目に於いてティンパニーを伴ったトゥッティで不意打ちを食らわせるが如くに強く演奏するところから名付けられたもので、作曲者自身が命名したのでは無く、初演から間もなくして初演地の地元・ロンドンで発行された新聞紙上に掲載された演奏評に由来する[3]

こうした作曲の仕方を採った背景として、ハイドン自身が1度目のロンドン滞在中に目の当たりにした聴衆のマナーの悪さがあったとされている。当時、聴衆の中に居眠りをする者が少なからず存在していた。このことに癪に障る思いを抱いていたハイドンは、持ち前のユーモアさなどを活かし、当楽曲の作曲を通じて聴衆をたたき起こそうと行動を起こしたのである。そして実際の演奏の場で、前記第2楽章の強奏箇所のところでハイドンはティンパニ奏者に対し力一杯叩くよう指示、果たして狙い通りに聴衆がビックリして飛び上がったという[8][9]

尤もこのことに関しては、音楽ジャーナリストの飯尾洋一が、主題を最弱音で一通り演奏した後に唐突な強奏をすることで驚かせるという趣向自体は使い古されたジョークであり、むしろ最弱音で演奏される主題こそが、茶目っ気がそのまま音になって表現されているかのようで可笑しい、という考え方を示している[9]

なお、愛称の「驚愕」自体に関して、英語表記では「The Surprise」と表される一方、ドイツ語表記では「Mit dem Paukenschlag」と表される。訳すると”ティンパニの打奏を伴った”となる[4]

楽器編成[編集]

編成表
木管 金管
フルート 2 ホルン 2 ティンパニ 第1ヴァイオリン
オーボエ 2 トランペット 2 第2ヴァイオリン
クラリネット ヴィオラ
ファゴット 2 チェロ
コントラバス

曲の構成[編集]

当楽曲は以下の4楽章から構成されている。演奏時間は23分程度である[1]

第1楽章[編集]

音楽・音声外部リンク
第1楽章 Adagio - Vivace assai
Sudeten Filharmonie - ダリウシュ・ミクルスキ指揮。指揮者自身の公式YouTube。
カペラ・イストロポリターナ - バリー・ワーズワース指揮。ナクソス公式YouTube。

\relative c'' {
    \version "2.18.2"
     \key g \major
     \time 3/4
     \tempo "Adagio cantabile"
     \tempo 4 = 60
  <b d> ^\markup{ hbs I et II } \p (<e g> < c e>)
  <b d>8. (<c e>32 <a c>) <g b>8 r  r g ^\markup{ vls } fis (g) c (b a g) d4. c8 (b a) g4
}

Adagio - Vivace assai」。ト長調、3/4拍子の序奏と6/8拍子のソナタ形式(提示部反復指定あり)の主部からなる。

第2主題は旋律的性格が薄いもので、シンコペーションによるリズムに走句風のパッセージが乗る形をとる。コデッタ主題は対位法的楽想によるもの。

第2楽章[編集]

音楽・音声外部リンク
第2楽章 Andante
Sudeten Filharmonie - ダリウシュ・ミクルスキ指揮。指揮者自身の公式YouTube。
カペラ・イストロポリターナ - バリー・ワーズワース指揮。ナクソス公式YouTube。

\relative c' {
    \version "2.18.2"
     \key c \major
     \time 2/4
     \tempo "Andante"
     \tempo 4 = 70
  \set Staff.midiMinimumVolume = #0.2 \set Staff.midiMaximumVolume = #0.5
  c8-.\p  c-. e-. e-. g-. g-. e4 ^ \markup{\italic {ten.}}
  f8-. f-. d-. d-. b-. b-. g4 ^\markup{\italic {ten.}}
  c8-. c-. e-. e-. g-. g-. e4
  c'8-. c-. fis,-. fis-.
  g4 (g,8) r
  \set Staff.midiMinimumVolume = #0.1 \set Staff.midiMaximumVolume = #0.4
  c8-.\pp  c-. e-. e-. g-. g-. e4 ^ \markup{\italic {ten.}}
  f8-. f-. d-. d-. b-. b-. g4 ^\markup{\italic {ten.}}
  c8-. c-. e-. e-. g-. g-. e4
  c'8-. c-. fis,-. fis-.
  g r 
  \set Staff.midiMinimumVolume = #0.6 \set Staff.midiMaximumVolume = #1
  <d b' g'>4 \ff
}

Andante」。ハ長調、2/4拍子、変奏曲形式(主題と4つの変奏)。

有名な主要主題がピアニッシモで反復されると全合奏で「驚愕音」が鳴らされる。第2変奏はハ短調で、後半はフォルテで劇的に進行する。第3変奏はオーボエやフルートの木管がメインになる。第4変奏ではクライマックスが築かれ、コーダではオーボエとファゴットが主題を奏でて静かに曲が終わる。

第3楽章[編集]

音楽・音声外部リンク
第3楽章
Menuetto. Allegro molto
Sudeten Filharmonie - ダリウシュ・ミクルスキ指揮。指揮者自身の公式YouTube。
カペラ・イストロポリターナ - バリー・ワーズワース指揮。ナクソス公式YouTube。

\relative c'' {
    \version "2.18.2"
     \key g \major
     \time 3/4
     \tempo "Menuetto - Allegro molto"
     \tempo 4 = 170
  \partial 4
  g8 \f  (a)  b4 (g) d'-.
  b (g) g'-.
  fis-. d (c)
  <d, c' a'> r d8  (e) 
  fis4 (d) a'-.
  fis (d) c'-.
  b-. g (fis)
  <d b' g'> r 
}

Première reprise du Trio :


\relative c'' {
    \version "2.18.2"
     \key g \major
     \time 3/4
     \tempo "Trio"
     \tempo 4 = 160
  \partial 4
  cis8 \p  (d e d c! b a g)
  fis4 (d') fis,-.
  g g'8 (fis) e (d)
  c4 r a8 (b c b a g fis e)
  dis4 (b') dis,-.
  e a8 (g) fis (e)
  d!4 r \bar ":|."
}

Menuetto. Allegro molto」。ト長調、3/4拍子、3部形式。

ハイドンのメヌエットとしては最も速いテンポ表記が与えられている。

第4楽章[編集]

音楽・音声外部リンク
第4楽章
Finale. Allegro di molto
Sudeten Filharmonie - ダリウシュ・ミクルスキ指揮。指揮者自身の公式YouTube。
カペラ・イストロポリターナ - バリー・ワーズワース指揮。ナクソス公式YouTube。

\relative c' {
    \version "2.18.2"
     \key g \major
     \time 2/4
     \tempo "Allegro di molto"
     \tempo 4 = 140
  \partial 8 d16 \p (g)
   b4 (c8-.) a-.
   g-. g-. g b 
  (a) c (b) d-.
  d (c) b-. d,16 (a')
  c4 (d8) b-.
  a-. a-. a-. e' (d)
  c (b) a (g) g-. g-.
  
  
  d16  (g)
   b4 (c8-.) a-.
   g-. g-. g b 
  (a) c (b) d-.
  d (c) b-. d,16 (a')
  c4 (d8) b-.
  a-. a-. a-. e' (d)
  c (b) a (g) g-. g-.
  b' a (d) d,-. g-.
  fis16 (g a fis) d8-. e-.
  d (g) g,-. c-.
  b16 (c d b) g8-. g16 (fis)
  e8-. a16 (g) fis8-. b16 (a)
  g8-. c16 (b) a8-. d16 (c)
  b8 (g' e cis)
d (a' fis d)
cis (g' e cis)
d4.
}

Finale. Allegro di molto」。ト長調、2/4拍子、ロンドソナタ形式

第2主題は軽やかなリズムに乗って奏され、コデッタはやはりフォルテフレーズである。展開部は第1主題で始まり、転調を繰り返して劇的に進行する。再び第1主題が現れると再現部。ト短調に転じた後、第2主題の再現も型どおりに続き、第1主題の動機に基づく短いコーダへなだれ込んでゆく。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当該演奏音源自体は、2015年5月16日にKatara Opera Houseに於いて開催されたカタール・フィル演奏会に於ける演奏の模様が全て収められたものとなっている《総収録時間「1時間17分45秒」》。当楽曲は再生開始から11分32秒あたりから演奏曲表示から始まり、続いて演奏風景が映し出される。なお、当楽曲演奏の前にはウェーバー作曲『「魔弾の射手」序曲』が、当楽曲演奏の後にはドヴォルザーク作曲『交響曲第8番ト長調』が、それぞれ演奏されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 飯尾洋一(音楽ジャーナリスト) (2015年4月). “Program notes(楽曲紹介)…「4月4日(土)」・「4月5日(日)」 (PDF)”. 月刊オーケストラ・2015年4月号. 読売日本交響楽団. 2018年12月9日閲覧。 “→『月刊オーケストラ』ポータル(読響Webサイト内)
  2. ^ a b 白石美雪 (2017年7月15日). “■ハイドン/交響曲第94番ト長調Hob.I:94「驚愕」 (PDF)”. 定期演奏会・音楽堂シリーズ第12回. 神奈川フィルハーモニー管弦楽団. 2018年12月9日閲覧。 “→「定期演奏会・音楽堂シリーズ第12回」公演案内
  3. ^ a b 驚愕交響曲(きょうがくこうきょうきょく)”. コトバンク. 朝日新聞社. 2018年12月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e 奥田佳道(音楽評論家) (2014年11月28日). “PROGRAM NOTE(曲目解説) (PDF)”. 室内オーケストラシリーズ19. 兵庫芸術文化センター管弦楽団. 2018年12月9日閲覧。
  5. ^ ハイドン:交響曲第94番≪驚愕≫、100番≪軍隊≫、101番≪時計≫”. サー・コリン・デイヴィス(アーティスト個別ページ). ユニバーサル・ミュージックジャパン(UNIVERSAL MUSIC JAPAN) (2005年6月22日). 2018年12月9日閲覧。
  6. ^ ハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」”. CDJournal. 音楽出版社 (2007年12月5日). 2018年12月9日閲覧。
  7. ^ a b ららら♪クラシック~2014年9月13日(土)の放送”. ららら♪クラシック. NHK (2014年9月13日). 2018年12月9日閲覧。
  8. ^ 強運&いたずら好き? “交響曲の父”ハイドン誕生(1732~1809)”. おんがく日めくり. ヤマハ. 2018年12月9日閲覧。 ※ 現在はウェブアーカイブサイトarchive.is」内に残存
  9. ^ a b 飯尾洋一(音楽ジャーナリスト). “【クラシック大全】交響曲の10傑~ハイドン”. CLASSICA JAPAN. 東北新社. 2018年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]