交響曲第39番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交響曲第39番 変ホ長調 K. 543は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの作曲した交響曲


概要[編集]

1788年6月26日ウィーンで完成されたこの交響曲は、モーツァルト晩年の円熟した傑作として知られる「3大交響曲」(第39番、第40番第41番「ジュピター」)の最初の曲。モーツァルトは、第40番を除き、これらの曲の演奏を聴かずに死去したと推測されている。

楽器編成[編集]

フルート1
クラリネット2
ファゴット2
ホルン2
トランペット2
ティンパニ
第1ヴァイオリン
第2ヴァイオリン
ヴィオラ
チェロ
コントラバス

本作品のように木管楽器群にオーボエを欠くのは、モーツァルトの作品では例外的な編成である[1]

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 アダージョ - アレグロ
    変ホ長調、2分の2拍子(序奏)- 4分の3拍子。
    
\relative c' {
  \key es \major
  \tempo "Adagio"
  \time 2/2
  <es g,>2\f q4.. q16 |
  q2 r8 bes''32\p( as g f es d c bes as[ g f es]) |
}
    まずフォルテで明るい序奏が始まる。この序奏では付点音符つきのファンファーレ的な音型と弦楽器の流れるような下降音型によって構成される。半音を含むような大胆な不協和音をはさみつつ、静かに序奏を終え、主部に入る。
    主部はソナタ形式である。提示部は分散和音で始まる第1主題にはじまり、序奏で現れた下降音型をはさみつつ、第2主題が始まる。ここではベースの音を低弦のピッツィカートが担当している[要出典]。展開部では第2主題と提示部での音型を活用し、再現部では提示部が忠実に再演奏されるが、定石どおり第2主題は主調である変ホ長調で奏される。その後再び弦楽器の下降音型が現れて、簡潔に明るく曲を閉じる。
  • 第2楽章 アンダンテ・コン・モート
    変イ長調、4分の2拍子。
    まず弦楽器だけで優美な第1主題を提示する。ヴァイオリンから低弦へとメロディーが移り、木管が入った後ヘ短調となりフォルテで第2主題が奏される。その後第1主題を変ロ長調で再現し、木管が緩やかな音型を1小節遅れで輪唱してゆく。続いて木管が第1主題を再現し、弦楽器は伴奏に回り、第2主題がロ短調で表れる。その後変イ長調に戻って第1主題を再現し、曲を明るく閉じる。
  • 第3楽章 メヌエット (アレグレット) - トリオ
    変ホ長調、4分の3拍子。
    典型的な三部形式( A - B - A )のメヌエットである。主部ではヴァイオリンが元気よく旋律を奏する。トリオでは第1クラリネットはメロディーを奏し、第2クラリネットはリズムを担当する。その後定型どおりメヌエットを反復する。ちなみにこの時代のメヌエットでは普通トリオはメヌエットの下属調が用いられる。しかしこのメヌエットでは例外的にトリオもメヌエットと同じ調が用いられている。なお、この楽章はシャルル=ヴァランタン・アルカンによってピアノ独奏曲に編曲されている。
  • 第4楽章 アレグロ
    変ホ長調、4分の2拍子。
    この楽章もソナタ形式である。第1ヴァイオリンが奏でる第1主題に始まるが、冒頭の16分音符の音型(以下音型1とする。)がこの楽章全体にわたって重要な役割を担う。その後フォルテで音型1を繰り返し、メロディーとは呼べないような16分音符の連続する華やかな部分が続き、その後第2主題が現れ、音型1を木管が奏でてフォルテで盛り上がり提示部を終える。展開部では音型1を様々に用い転調を繰り返し、クラリネットとファゴットが伸びやかな経過部を形作って変ホ長調へと転調し、再現部に入る。再現部では忠実に提示部を繰り返し、簡潔なコーダを経て終止する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本作の他でオーボエを欠く楽器編成の作品としてはピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K. 482同第23番 イ長調 K. 488クラリネット協奏曲 イ長調 K. 622などが挙げられる。

外部リンク[編集]