ピアノ協奏曲第22番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482は1785年に作曲された。第20番第21番の両傑作を生み出したあとの一連の協奏曲群は、次第に作曲者の内面を表現する傾向のものに変化していった。

この作品は、前述の第20番と第21番の関係と同じく、第23番とセットで書かれ、それらは共にオーボエが省かれてクラリネットが使用されるなど、編成的にも新しい試みが見られるが、甘美な第23番と比べ、人気は劣る。

モーツァルトの弟子のヨハン・ネポムク・フンメルは、ピアノ・フルートヴァイオリンチェロ用の編曲を残しており、白神典子らが録音している。

楽器編成[編集]

独奏ピアノフルート1、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦五部

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro 変ホ長調
自身が交響曲第19番でも用いた、モーツァルト好みの音型で開始される。がっちりした形式を持ち、後期の一連の協奏曲郡に見られる、管楽器の対位法的な掛け合いが、この作品にもふんだんに用いられている。
第2楽章 Andante ハ短調
後期のモーツァルトの特徴である、深く考え込むような緩徐楽章。ハ短調と変ホ長調の間を行ったり来たりし、中間部はハ長調となるなど、ドラマチックである。チェロコントラバスが実音で2オクターブ(記譜は1オクターブ)の間隔をあけて重ねられるなど、音響的にも工夫が見られる。
第3楽章 Allegro 変ホ長調 ロンド形式
ロンド主題は、驚くほど簡素であるが、豊かな楽想によって曲が彩られていく様子はモーツァルトの面目躍如であろう。中間部は一転、Andantino cantabile変イ長調3/4拍子となり、クラリネットで甘い旋律が歌われる。

外部リンク[編集]