交響曲第20番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

交響曲第20番 ニ長調 K. 133 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲である。

概要[編集]

作曲の動機については不明で、1772年7月にザルツブルクで作曲されたことしか判明していない。楽器編成に2つのトランペットが加わっていることから、何らかの祝祭のための音楽として作られたものと推測される。

楽器編成[編集]

オーボエ2(第2楽章でフルート1持ち替え)、ホルン2、トランペット2、弦楽

構成[編集]

全4楽章で構成され、演奏時間は約28分。

  • 第1楽章 アレグロ
    ニ長調、4分の4拍子、ソナタ形式
    
\relative c' {
  \tempo "Allegro"
  \key d \major
  <d d' d'>4\f r q r |
  q4 r d\p d |
  d4.\startTrillSpan( cis16\stopTrillSpan d) e4 fis |
  e4 r e e |
  e4.\startTrillSpan( d16\stopTrillSpan e) fis4 g |
  fis4
}
  • 第2楽章 アンダンテ
    イ長調、4分の2拍子、ソナタ形式。
    この楽章は、フルート1本のオブリガート弦楽という書法でなされており、当時としては異例であった。
  • 第3楽章 メヌエット - トリオ
    ニ長調 - ト長調、4分の3拍子、複合三部形式
    第3楽章のメヌエットはごく単純に書かれているが、ト長調のトリオは手の込んだ対位法が使用されている。
  • 第4楽章 (アレグロ)
    ニ長調、8分の12拍子、ソナタ形式。
    速度は一般的にアレグロとなっているが、モーツァルト自身は第4楽章の速度については何も書き込んではいない。

外部リンク[編集]