交響曲第24番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交響曲第24番 変ロ長調 K. 182 (173dA) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲

概要[編集]

1773年ザルツブルクで作曲された。完成された日付(10月3日)から次作第25番と並行して作曲されたと推測される。

イタリア旅行を終えた直後に作曲された一連の交響曲(4曲)と同じく、イタリア式交響曲のスタイルで3楽章制をとり、全4曲とほぼ酷似している。

楽器編成[編集]

オーボエ2(第2楽章で2本ともフルートへ持ち替え)、ホルン2、弦五部

構成[編集]

全3楽章の構成で、演奏時間は約9分。

  • 第1楽章 アレグロ・スピリトーソ
    変ロ長調、4分の4拍子、ソナタ形式。
    
\relative c''' {
  \override Score.NonMusicalPaperColumn #'line-break-permission = ##f
  \tempo "Allegro spiritoso"
  \key bes \major
  <bes bes, d,>4\f f d r8 f |
  bes4 f d r |
  bes8.\trill\p( a32 bes) c8 a d8.\trill( c32 d) es8 c |
  bes8.\trill( a32 bes) c8 a d8.\trill( c32 d) es8 c |
}
    祝祭的な楽想で、イタリアの作風が反映している。
  • 第3楽章 アレグロ
    変ロ長調、8分の3拍子、ロンド形式

外部リンク[編集]