交響曲第9番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第9番 ハ長調 K.73は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲である。

概要[編集]

作曲年代は正確ではないが、1769年頃のザルツブルクで作曲されたと見なされており、その自筆譜の表紙には「1769年」と父レオポルトの筆跡と思われる数字が書き込まれている。ケッヘルはこの作曲年代を信用して整理したが、アインシュタインケッヘル第3版で、2年後の1771年に作曲されたものとして「K.75a」の番号を与えた。しかし、現在の第6版では元の1769年説に戻っているため、番号は「K.73」のままである。

作品はそれまでの交響曲より更に進歩し、作風は明るく華やかになっている。

楽器編成[編集]

オーボエ2(フルート持ち替え)、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦楽

構成[編集]

4楽章の構成で、演奏時間は約12分。

  • 第1楽章 アレグロ
  • 第2楽章 アンダンテ
  • 第3楽章 メヌエット(トリオ)
  • 第4楽章 モルト・アレグロ