交響曲第1番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

交響曲第1番 変ホ長調 K. 16 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト1764年に作曲した最初の交響曲である。

概要[編集]

本作は演奏旅行のためにモーツァルト一家がロンドンに滞在しているときに作曲されたものとされている。翌1765年2月21日ヘイマーケットの小劇場で行われた演奏会で初演されたといわれる。モーツァルトの記録に残る最初の交響曲に当たり、僅か8歳のときの作品であった[1]。既に演奏活動においては神童としてヨーロッパに名を馳せていたものの、作曲活動はまだ本格的には始めていなかった。そのため本作は習作的な作品としての性格が強い。父のレオポルト・モーツァルトのほか、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの息子達、とりわけ当時のロンドンを代表するシンフォニスト、ヨハン・クリスティアン・バッハの影響が大きい。

父レオポルトは後に、この作品には作曲学ではあまり好まれない空虚五度が3箇所に見られると指摘している。このことからも、未熟な作品であることが伺える。なお自筆譜はヤギェウォ大学のヤギェウォ図書館に所蔵されている。

編成[編集]

これらは、新モーツァルト全集の見解によるもの。しかしながら、伝承された楽譜に記された編成は、オーボエ 2、ホルン 2、第1ヴァイオリン1、第2ヴァイオリン1、ヴィオラ1、ヴィオローネ1の8人編成である。チェロを欠く編成は珍しくなかった。

自筆譜をよく読むと、ヴィオローネのパートは第1楽章と第2楽章には現行の音部記号と同じ「コロン」が付されているが、第3楽章は付されていない。これは第1と第2楽章はオクターブ下げ、第3楽章は実音で読むという指定である。このことからモーツァルトはGヴィオローネを想定して作曲していたことがわかる。この楽器は、ハイドンやモーツァルトの時代に幅広く用いられた。

演奏時間[編集]

約12分(提示部の繰り返しを含む、各6分、4分、2分の割合)

曲の構成[編集]

3つの楽章からなり、イタリア式序曲風の急 - 緩 - 急の楽章配置をとる。3楽章構成の交響曲は、モーツァルトの初期の交響曲における典型的な形式である。4楽章構成になるのはもっと後のことである。

  • 第1楽章 アレグロ・モルト
    変ホ長調、4分の4拍子、ソナタ形式。展開部はやや小規模である。
    
\relative c'' {
  \key es \major
  \tempo "Allegro molto"
  es2\f g |
  \repeat unfold 8 { bes8 } |
  g4 es r2 |
  bes1\p | as | as | g | g |
}
  • 第2楽章 アンダンテ
    ハ短調、4分の2拍子。
    緩徐楽章で、ほとんど全体に渡って16分音符3連符が伴奏として奏される。中間部には、"E♭ - F - A♭ - G"という音形が登場するが、これは彼のその後の作品のいくつかに登場し、特に最後の交響曲である第41番ハ長調 K. 551「ジュピター」の終楽章で有名となったため『ジュピター音型(ジュピター主題)』と呼ばれるが、これはこの音型が初めて登場した例となる。
  • 第3楽章 プレスト
    変ホ長調、8分の3拍子。
    急速で活発なフィナーレである。静かな音と大きな音、ヴァイオリンのみで演奏されるフレーズとトゥッティ、といった対比が見られる。

脚注[編集]

  1. ^ モーツァルトの父レオポルドはわざとモーツァルトを幼く売り込むことをしていたので、正確な年齢記述がなされているかどうかに関しては議論の余地がある。

外部リンク[編集]