セレナーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セレナーデドイツ語: Serenade(南ドイツ・オーストリアではセレナーデ、北ドイツではゼレナーデ))は音楽のジャンルの1つであるが、一般的な言葉としては、恋人や女性を称えるために演奏される楽曲、あるいはそのような情景のことを指して使う。

各国では、イタリア語: serenataセレナータ英語: serenadeセレネイドフランス語: sérénade(セレナード)。

日本ではセレナーデもしくはセレナードと呼ぶことが多い。また夜曲(やきょく)あるいは小夜曲(さよきょく)と言う。

音楽史とセレナーデ[編集]

音楽史においては、以下の3つのカテゴリーが存在する。

セレナーデの祖形[編集]

夜に演奏される音楽の歴史は紀元前に遡ることができる。古代ギリシアでは、夜に野外で恋人を褒め称えるために歌われる「扉の前で」と呼ばれる音楽ジャンルが存在した[1]。 こんにち口語に残っている「セレナーデ」も、親しい相手や、その他の称賛すべき人物のために、夕方しばしば屋外で演奏される音楽を指す。このような意味によるセレナーデは、中世もしくはルネサンスにさかのぼり、「セレネイド(serenade)」という英語は、通常はこの慣わしに関連して使われる。

たいていは一人の歌い手が、携行可能な楽器(リュートギターなど)を手ずから弾きつつ熱唱する、というパターンはあるが、特定の音楽形式が存在するわけではない。この意味でのセレナーデは、時代が下がってからも登場し、しばしば古い時代を舞台とするオペラアリアに見受けられる(たとえばモーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》など)。また、シューベルトリヒャルト・シュトラウスの歌曲に「セレナーデ」と題するものがあるが、明らかに恋人や女性に歌って聞かせる種類のものである。

17世紀のセレナータ[編集]

バロック時代においては、一般にイタリア語の「セレナータ」が使われた。この場合の「セレナータ」は一種の世俗カンタータであるが、室内カンタータの存在に対して、セレナータは野外における機会音楽であり、夜のしじまの中で、声楽家と器楽グループからなる合奏団によって演奏された。代表的なセレナータ作曲家に、アレッサンドロ・ストラデッラアレッサンドロ・スカルラッティヨハン・ヨーゼフ・フックスヨハン・マッテゾンアントニオ・カルダーラらがいる。普通これらの作品は、最低限の演出をともなって大々的に上演され、カンタータオペラの中間的な様相を示した。いくつかの記述によると、1700年ごろのカンタータとセレナータの主な違いは、セレナータが野外の音楽だったので、トランペットホルン打楽器など、小部屋ではうるさすぎて使い物にならない楽器でも利用することができた点にあるという。

18世紀以降のセレナーデ[編集]

音楽史において最も重要で一般的なセレナーデの種類は、複楽章による大規模な合奏曲である(これは特に「セレナード」の表記が用いられる場合が多い)。ディヴェルティメントとも関連があり、主に古典派ロマン派において作曲されたが、20世紀に入ってからもわずかな作例がある。交響曲協奏曲などの複楽章制による絶対音楽に比べると、楽章数が多いこと、性格的に軽めであること、主題の展開や表現の濃密さよりも、響きのよさや愉悦感が重視されがちであること、などの特色がある。その作例は、イタリアオーストリアボヘミアドイツにまで広がっている。

18世紀のセレナーデに典型的な楽器編成は、木管楽器ヴィオラ、複数のコントラバスであった。これらは「立って」演奏できる楽器であり、セレナーデが屋外ないしは野外で演奏されるという伝統に深く関係するものだった。古典派のセレナーデは、開始楽章と終楽章において行進曲が使われている。これは、演奏家が入退場の際に、しばしば行進しなければならなかったからだろう。この種のセレナーデで最も有名なのは、間違いなくモーツァルトの作品群である。楽章数は4楽章をこえ、ときに10楽章にまで及ぶ。モーツァルトの最も有名なセレナーデは、《ハフナー・セレナーデ》と、弦楽合奏もしくは弦楽四重奏のための《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》である。大掛かりなセレナーデは、時にそこから適宜楽章を抜粋して、交響曲や協奏曲に改変されることもあった。

18世紀以前のセレナードは夜に演奏されるための音楽であって、夜をイメージして作曲されたものではない。セレナードに静けさや神秘性といった夜のイメージを表現する試みが現れ始めたのは、文学絵画思想界で感性の中に夜がテーマとして発見された19世紀以後の事になる[1]。そうした新しいかたちの夜の音楽の最初期のものにジョン・フィールドの「ノクターン」がある。

19世紀までにセレナーデは演奏会用の作品に変質し、戸外や儀礼とほとんど無縁になった。ブラームス2つのセレナーデは管弦楽曲であり(ただし第1番は当初は室内楽編成だった)、管弦楽法に習熟するための、いわば交響曲の習作だったといっても差し支えない。弦楽オーケストラのためのセレナーデは、ドヴォルザークチャイコフスキーエルガースクなどが作曲している。ヴォルフの《イタリアのセレナーデ》は、単一楽章による弦楽四重奏ないしは弦楽合奏のための作品で、セレナーデとして作曲された短い音詩というべき作品である。管楽合奏のためのセレナーデはドヴォルザークリヒャルト・シュトラウスなどが作曲している。シベリウスは、協奏的作品として2曲のセレナーデを作曲しているが、弦楽合奏のための組曲《恋する人》(原曲は男声合唱曲)は一種の弦楽セレナーデと呼べなくない。その他のセレナーデとしてはフックスレーガーの作品が挙げられる。近年ニールセンの《かいなきセレナーデ》も再評価されつつある。

現代のセレナーデ[編集]

20世紀には、ギーゼキングが弦楽四重奏のための《セレナード》を、ベンジャミン・ブリテンが《テノールホルン、弦楽合奏のためのセレナード》を、ストラヴィンスキーピアノのための《セレナード》を作曲した。アルベール・ルーセルも《フルートヴァイオリンヴィオラチェロハープのためのセレナード》を作曲している。シェーンベルク十二音技法を用いて室内楽(一部に独唱をともなう)のための《セレナーデ》を作曲した。ショスタコーヴィチ最後の弦楽四重奏曲(第15番)の楽章に「セレナーデ」と名づけている。

また、ジャズでは、グレン・ミラーが『ムーンライト・セレナーデ』、『サンライズ・セレナーデ』を作曲している。グレン・ミラーは『銀嶺セレナーデ』という映画にも出演している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊東 1991, pp. 263-272.

参考文献[編集]

  • 伊東信宏「バルトークの<夜の音楽>における環境の作品化」、『環境と音楽』、東京書籍、1991年ISBN 4487752574