ディヴェルティメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディヴェルティメント: divertimento)は、18世紀中頃に現れた器楽組曲である。語源はイタリア語の「divertire(楽しい、面白い、気晴らし)」に持ち、明るく軽妙で楽しく、深刻さや暗い雰囲気は避けた曲風である。フランス語ではディヴェルティスマンdivertissement)。日本語では嬉遊曲喜遊曲、きゆうきょく)とも訳される。

貴族の食卓・娯楽・社交・祝賀などの場で演奏され、楽器編成は特に指定はなく、三重奏、四重奏、弦楽合奏、管楽合奏、小規模のオーケストラなど様々である。また形式・楽章数ともに自由である。演奏の目的を同じとするセレナーデと似ているが、セレナーデが屋外での演奏用であるのに対し、ディヴェルティメントは室内での演奏用だとされる。

18世紀にハイドンモーツァルトらによって多くの作品が書かれ、19世紀にはいったん廃れたが、20世紀に復活し、バルトークらによって作品が残されている。

ディヴェルティメントの例[編集]

モーツァルト作曲のディヴェルティメント
KV番号 調性 楽章数 楽器編成 作曲年月 作曲地 備考
K113 変ホ長調 4楽章 2Cl,2Hr,2Vn,Va,BC 1771.11 ミラノ
K136 ニ長調 3楽章 2Vn,Va,BC 1772.1-3 ザルツブルク 実質的にはディヴェルティメントではなく、シンフォニア
K137 変ロ長調 3楽章 2Vn,Va,BC 1772.1-3 ザルツブルク 実質的にはディヴェルティメントではなく、シンフォニア
K138 ヘ長調 3楽章 2Vn,Va,BC 1772.1-3 ザルツブルク 実質的にはディヴェルティメントではなく、シンフォニア
K131 ニ長調 7楽章 Fl,Ob,Fg,4Hr,2Vn,2Va,BC 1772.6 ザルツブルク
K186 変ロ長調 5楽章 2Ob,2Cl,2E-hr,2Hr,2Fg 1773.3 ミラノ
K166 変ホ長調 5楽章 2Ob,2Cl,2E-hr,2Hr,2Fg 1773.3.24 ザルツブルク
K205 ニ長調 5楽章 2Hr,Fg,Vn,Va,BC 1773.7 ザルツブルク
K213 ヘ長調 4楽章 2Ob,2Hr,2Fg 1775.7 ザルツブルク
K240 変ロ長調 4楽章 2Ob,2Hr,2Fg 1776.1 ザルツブルク
K252 変ホ長調 4楽章 2Ob,2Hr,2Fg 1776.1 ザルツブルク
K188 ハ長調 6楽章 2Fl,5Tp,Tim 1776初 ザルツブルク
K247 ヘ長調 6楽章 2Hr,2Vn,Va,BC 1776.6 ザルツブルク
K251 ニ長調 6楽章 Ob,2Hr,2Vn,Va,BC 1776.7 ザルツブルク
K270 変ロ長調 4楽章 2Ob,2Hr,2Fg 1777.1 ザルツブルク
K289 変ホ長調 4楽章 2Ob,2Hr,2Fg 1777初夏 ザルツブルク
K287 変ロ長調 6楽章 2Hr,2Vn,Va,BC 1777.6 ザルツブルク
K334 ニ長調 6楽章 2Hr,2Vn,Va,BC 1779-80 ザルツブルク
K522 ヘ長調 4楽章 2Hr,2Vn,Va,BC 1787.6.14 ウィーン 音楽の冗談
K563 変ホ長調 6楽章 Vn,Va,Vc 1788.9 ウィーン