管楽セレナード (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Dvorak Serenade for wind instruments, cello and bass op.44 - ロンドン・ウィンズとロシア・ナショナル管弦楽団楽団員とのジョイント演奏。ロシア・ナショナル管弦楽団公式YouTube。
Dvorak Serenade op.44 for wind instruments - The Romanian Foundation for Excellence in Musicが開いた演奏会に於ける演奏から。The Romanian Foundation for Excellence in Music公式YouTube。

セレナード ニ短調 作品44(B77)は、アントニン・ドヴォルザークが遺した2曲のセレナードのうちの1曲。

概要[編集]

セレナード ホ長調作品22(弦楽セレナード)』(1875年)の3年後、『スラヴ舞曲』第1集などと同時期の1878年1月に作曲された。

弦楽合奏のために書かれた『セレナード作品22』との区別や管楽器主体の楽器編成のため、当作品は『管楽セレナード』と呼ばれるが、編成にはチェロコントラバスといった低音の弦楽器も含まれる。

初演は1878年11月17日、プラハ国民劇場の仮劇場で催されたドヴォルザークの自作発表のコンサートで、彼自身の指揮により行われた。

楽器編成[編集]

オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、コントラファゴット(任意)、ホルン3、チェロ(複数)、コントラバス(複数)

楽曲構成[編集]

音楽・音声外部リンク
楽章毎に試聴する
第1楽章第2楽章
第3楽章第4楽章
Kris Stroobants指揮 't Muziek Frascatiによる演奏。Frascati Symphonic公式YouTube。

4楽章からなる。全曲で約24分。

  • 第1楽章 モデラート・クワジ・マルチャ ニ短調 4分の4拍子
  • 第2楽章 メヌエット:テンポ・ディ・メヌエット ヘ長調 4分の3拍子
  • 第3楽章 アンダンテ・コン・モート イ長調 4分の4拍子
  • 第4楽章 フィナーレ:アレグロ・モルト ニ短調 - ニ長調 4分の2拍子

外部リンク[編集]