セレナード (ブラームス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハネス・ブラームスは管弦楽のためのセレナードを2曲作曲した。

これらは1857年から1860年にかけて、ブラームスが20代の時の作品で、管弦楽を用いた作品としてはピアノ協奏曲第1番に次いで早い時期のものである。

当時ブラームスは、クララ・シューマンの力添えでデトモルトの領主リッペ侯レオポルト3世(Leopold III.)に招かれ、合唱や管弦楽の指揮、また侯の妹フリーデリケのピアノ教師などをしていた。こうした、領主に仕える音楽家という境遇からか、ハイドン風のセレナードが2曲書かれることになった。

セレナード第1番ニ長調 作品11[編集]

最初のセレナードは1857年、デトモルトへ来て間もない時期に着手された。最初に書かれたのは、現行の第1・第3・第6楽章となる3つの楽章であったが、このときの編成は4つの弦楽器ヴァイオリンヴィオラチェロコントラバス各1)、フルート、2本のクラリネット、ファゴット、ホルンという室内楽編成であった。翌1858年にこの編成で2つのスケルツォメヌエットを追加して6楽章とした。この年から1859年にかけて、この版が私的な形で友人のオットー・グリムやヨーゼフ・ヨアヒムらによって、あるいはデトモルトのリッペ侯邸で演奏された。

ブラームスは1860年にデトモルトの職を辞してハンブルクへ移ったが、この時期にこの曲を管弦楽編成に編曲した。この版での初演は、ハノーファー国王ゲオルク5世の求めに応えて、同年3月3日にハノーファーの宮廷劇場においてヨアヒムの指揮で行われた。

出版は1860年に総譜と四手ピアノ用編曲版が、翌1861年にパート譜が、ともにブライトコプフ・ウント・ヘルテルから行われた。なお、管弦楽版の完成後に室内楽版の総譜とパート譜は破棄されている。

ホルヘ・ロッター(Jorge Rotter)やアラン・ブーステッド(Alan Boustead)が、それぞれオリジナルの九重奏版の復元楽譜を書いていて、それに基づく演奏も行われている。ホルヘ・ロッターのものは、ポケット版総譜も出版されている。

編成(管弦楽版)[編集]

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、ティンパニ弦楽合奏

演奏時間[編集]

全曲で約50分(全ての繰り返しを含む)。繰り返しを省略すると約35分。

構成[編集]

上述のように6楽章からなる。

  • 第1楽章 アレグロ・モルト ニ長調 2分の2拍子 ソナタ形式
  • 第2楽章 スケルツォ アレグロ・ノン・トロッポ ニ短調 4分の3拍子
  • 第3楽章 アダージョ・ノン・トロッポ 変ロ長調 4分の2拍子 ソナタ形式
  • 第4楽章 メヌエット第1と第2 ト長調ト短調 4分の3拍子 - 第2のメヌエットを挟んだ三部形式をなす。
  • 第5楽章 スケルツォ アレグロ ニ長調 4分の3拍子 三部形式
  • 第6楽章 ロンド アレグロ ニ長調 4分の2拍子

セレナード第2番イ長調 作品16[編集]

2作目の作曲の始まりは1857年とも1858年とも伝えられるが、1858年の秋には第3楽章がグリムの許に送られており、同年12月には第1楽章をクララ・シューマンに送って意見を求めている。1859年7月には一応の完成を見た。そして1860年1月にハノーファーで試演され、同年2月10日にハンブルクのフィルハーモニー協会の私的演奏会でブラームス自身の指揮によって公開初演が行われた。その後、同年7月にボンで若干の改訂が行われている。

出版は1860年にジムロックから行われた。

編成[編集]

ピッコロフルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、ヴァイオリンを欠く弦楽合奏ヴィオラチェロコントラバス

ブラームスは弦の人数について尋ねられた際、ヴィオラ8以上、チェロ6、コントラバス4と答えている。

演奏時間[編集]

約32分(すべての繰り返しをふくむ)。

構成[編集]

5つの楽章からなる。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー ブラームス(音楽之友社