交響曲第32番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交響曲第32番ト長調K.318は、モーツァルトが作曲した交響曲パリへの求職旅行から帰国した後の1779年4月26日ザルツブルクで作曲された。

交響曲では珍しい単一楽章構成で、通称「序曲」と呼ばれている(この時代は、まだ序曲と交響曲の厳密な区別がなされていなかった)。演奏時間は約9分。

イタリアの作曲家フランチェスコ・ビアンキイタリア語版の歌劇『略奪された村娘英語版』の序曲として1785年ウィーンで演奏された。

楽器編成[編集]

フルート2、オーボエ2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、ティンパニ弦五部

曲の構成[編集]

イタリア式序曲の形式(A-B-A)による、切れ目なく演奏される三部からなる単一楽章の作品である。全三部通してト長調。第三部は事実上第一部の再現に当たり、全体としては展開部の代わりに第二部が挿入されたソナタ形式とも解釈できる。

  • 第一部:Allegro spiritoso、4分の4拍子
  • 第二部:Andante、8分の3拍子
  • 第三部:Primo tempo、4分の4拍子

関連項目[編集]

外部リンク[編集]