交響曲第36番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
交響曲第36番ハ長調 K.425「リンツ」



井上京(指揮)、管弦楽団紬による演奏(2013年)

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

交響曲第36番 ハ長調 K. 425は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト1783年に作曲した交響曲

概要[編集]

モーツァルトはその年の10月から11月に掛けてのリンツ滞在中に、伯爵であったトゥーン・ホーエンシュタインの予約演奏会のため、この曲を4日間という速さで作曲した。そのような経歴からこの交響曲は『リンツ』という愛称で呼ばれている。この優れた作品が4日という短期間で書かれたことは驚異的であり、モーツァルトが天才であることを証明する具体例のひとつとされる。

また曲の完成度も第38番「プラハ」や、第39番第40番第41番「ジュピター」(いわゆる三大交響曲)に次ぐウィーン古典派交響曲の傑作であり、演奏の機会・録音とも多い。

楽器編成[編集]

曲の構成[編集]

演奏時間は約25分。

  • 第1楽章 アダージョ - アレグロ・スピリトーソ
    ハ長調、4分の3拍子 - 4分の4拍子、序奏付ソナタ形式
    
\relative c' {
  \tempo "Adagio"
  \time 3/4
  c8\f[ r16. c32] e8[ r16. e32] a8[ r16. a32] |
  b,8[ r16. d''32] d4^\markup { \italic ten. } r8 r16. b,,32 |
  bes8[ r16. <e' c'>32] q4^\markup { \italic ten. } r |
}
    モーツァルトが、自身の交響曲で初めて緩やかな序奏を置いた。「生き生きと」と指示された主部はシンプルであるが、湧き上がる美しさがある。第1主題の旋律は全音符で伸ばされた音が印象的であり、旋律中のb音が彩を添えている。第2主題は激しい短調長調が交替する。全体的にオクターブの跳躍が目立つ。
  • 第2楽章 アンダンテ
    ヘ長調、8分の6拍子、ソナタ形式。
    当時の緩徐楽章にしては珍しく、トランペットとティンパニが用いられている。展開部で低弦とファゴットによって提示される、スタッカートのパッセージが印象的である。
  • 第3楽章 メヌエット
    ハ長調、4分の3拍子。
    飛び跳ねるようなリズムが印象的な主部と、オーボエとファゴットの美しい二重奏のトリオからなる。
  • 第4楽章 プレスト
    ハ長調、4分の2拍子、ソナタ形式。
    両主題は4度跳躍を持ち、軽やかな第1主題とレガートな第2主題のあと、対旋律を伴ってドーシドの音型が模倣され、展開されていく。その後も7度跳躍の印象的なパッセージが現れ、コデッタも充実している。展開部はアルペッジョの旋律が展開される。

外部リンク[編集]