交響曲第15番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モーツァルト(1770年)

交響曲第15番 ト長調 K. 124は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲

概要[編集]

第14番イ長調 K. 114の完成から1か月半ほどを経てザルツブルクで作曲され、1772年2月21日の完成の日付を持つ。ザルツブルク大司教ジギスムント・フォン・シュラッテンバッハ英語版が没し、後任のヒエロニムス・フォン・コロレド英語版が就任する前に作曲されたものである。

前作より後退したような、単純で外見的に小規模な交響曲となっている。

楽器編成[編集]

オーボエ2、ホルン2、弦楽

構成[編集]

全4楽章の構成で、演奏時間は約16分。

  • 第1楽章 アレグロ
    ト長調、4分の3拍子、ソナタ形式
    
\relative c'' {
  \tempo "Allegro"
  \key g \major
  \time 3/4
  g4\f d b' |
  a4 d, r |
  a'4 d, c' |
  \appoggiatura c8 b a16 b g4 r |
  <g' b, d,>2 d8. b16 |
  g4 b' \appoggiatura c8 b a16 g |
  <a c, d,>2 c,8. a16 |
}
    第1楽章の展開部はそれまでの作品よりも充実し、力の入った作りをしており、管楽器の用法などに意欲的に見られる部分がある。
  • 第2楽章 アンダンテ
    ハ長調、4分の2拍子、二部形式
    第2楽章は珍しく管楽器の持ち替えをせず、休止もしないことがうかがえる。
  • 第3楽章 メヌエット - トリオ
    ト長調 - ニ長調、4分の3拍子、複合三部形式
  • 第4楽章 プレスト
    ト長調、4分の2拍子、ロンド形式

外部リンク[編集]