ロンド形式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンド形式(ロンドけいしき、rondo)は、楽曲形式のこと。

  • 異なる旋律を挟みながら、同じ旋律(ロンド主題)を何度も繰り返す形式。
  • 日本語(漢字)では、ロンドを「輪舞曲」(大辞泉)もしくは「回旋曲」(大辞林)と表記する。

一般的なスタイル[編集]

古典派以降では、複合三部形式の一種と見なすことのできる、次の2つの形式が一般的になった。

  • それぞれ大ロンド形式(だいろんどけいしき)、小ロンド形式(しょうろんどけいしき)と呼ばれる。

複合三部形式

主部 中間部 主部
A B A C D ... A B A

大ロンド形式

A B A C A B A

小ロンド形式

A B A C A

なお、古くは以下のような形をとっていた。

A B A C A D A

 .....

ロンド形式による著名な作品[編集]

大ロンド形式[編集]

小ロンド形式[編集]

ロンドを題名に持つ楽曲[編集]

関連項目[編集]