二部形式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

楽曲の全体が2つの部分から成っている楽曲形式二部形式(にぶけいしき)という。これは、唱歌形式の1つである。 一部形式を除けばもっとも単純な形式であるが、すべての形式の基礎になる形式であって、他のすべての形式は二部形式の変形であるといえる。最も典型的な二部形式は次のようである。

A

B

a

a'

b

a'
(またはa"
ないしb')

この図において、同じ記号(a'とa')は(メロディーが)同一であること、ダッシュ(')の有無は、それらが類似していること、異なる記号(AとB、aとb)は異なっていることを示す。

典型的な二部形式では曲尾はもちろん、Aの最後も終止感があるように、逆にAおよびBの途中では終止感がないように書かれる。各セクションはほぼ均等の長さに書かれ、最も典型的なものは、a、a'(")、b(')がそれぞれ4小節となる。
bの部分を「ブリッジ」または「さび」と呼ぶことがある。(「さび」は、リフレイン形式のリフレインの意味に使われることもある)

発展した二部形式では、それぞれのセクションが長くなる。これらの中には、Aの最後を属調(短調の楽曲にあってはしばしば平行調)で終わるものもあり、ソナタ形式を予感させる。

AとBは、それぞれ次のように習慣的な反復記号が付けられることがある。

反復開始 A 反復終了 B
A 反復開始 B 反復終了
反復開始 A 反復終了と反復開始が背中合わせの記号 B 反復終了

これらの反復記号は、曲のタイプによっては、習慣的に、演奏時に反復を省いてよいとされているものがある。


二部形式による著名な楽曲[編集]

童謡・唱歌[編集]

ポップス・流行歌[編集]