交響曲第25番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交響曲第25番ト短調K.183は、モーツァルトが作曲した交響曲1773年10月5日ザルツブルクで完成された。

第40番のト短調交響曲に対して、小ト短調ともよばれる。なお、モーツァルトの交響曲のうち、短調で書かれているのはこの曲と第40番のみである[1]。調性、曲調、楽器法などからフランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲第39番からの影響が指摘されている。

映画『アマデウス』の冒頭部分で使用されたことでも有名である。

楽器編成[編集]

特筆すべき点として、この時代にしては珍しくホルンを4本用いている(ハイドンの39番も同様である)。これはホルンの本数を増やして響きを豊かにするだけでなく、当時は自然管の楽器しかなかったため、また特に短調の場合は自然管で出せる音が限られてしまうため、G管とB♭管(アルト)の両方を使うことでそれを補おうとしたものである。これによって第1、3、4楽章では不完全ながらもホルンが主題を奏でることが出来るようになっている。

ちなみに第40番では第1、4楽章でG管とB♭管(アルト)のホルンが1本ずつ用いられている(第2楽章ではE♭が2、第3楽章ではGが2)。

曲の構成[編集]


\relative c''' {
  \tempo "Allegro con brio"
  \key g \minor
  g8 g4 g g g8 |
  d8 d4 d d d8 |
  es8 es4 es es es8 |
  fis,8 fis4 fis fis fis8 |
}

演奏例[編集]

など、数多くの指揮者、団体により演奏されている。

使用例[編集]

THE ALFEEが本作と自身の楽曲である「Brave Love 〜Galaxy Express 999」を一体化させた楽曲(THE ALFEE CLASSICS IIIに収録)を伴奏したこともある。なお、このアレンジは服部克久による。

アウト×デラックス」ではサビの部分が使われるほか、CM曲としても使用例もある。

東海地方では、「宝石の八神」のCMで使用されている。

極上パロディウス 〜過去の栄光を求めて〜では、乱入ステージのボス戦BGMでアレンジされたものが使用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 他に1765年の作とされ、1983年デンマークオーデンセで再発見された交響曲イ短調 K.16a『オーデンセ』があるが、こちらは偽作説が有力となっている。また、モーツァルトは宗教劇『救われたベトゥーリア』の序曲を交響曲に編曲しているが、こちらはニ短調である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]