合唱指揮者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

合唱指揮者(がっしょうしきしゃ)とは、合唱団の指揮者

概要[編集]

合唱指揮者には3つの使われ方がある。

  1. 管弦楽伴奏の合唱曲、合唱つき交響曲オペラなどオーケストラを伴う作品において、合唱団のみを事前に訓練する者。指揮者のタクトが合唱団員から見えにくい場合や、オペラなど合唱団員が舞台裏にいる場合のみに指揮をすることもある。
  2. 合唱曲を専門に演奏する指揮者。
  3. (1、2であるかどうかを問わずに)単に、合唱団の指揮者があるが、日本はオーケストラの指揮者と合唱指揮者・伴奏ピアニストが分割されているのに対して、欧米では主にピアノ伴奏者も兼ね、放送合唱団などの常任指揮者は主にオーケストラの伴奏で本番も振るのに対して客演指揮者陣はア・カペラか管弦楽伴奏の下棒を振るに過ぎない。これも合唱団が大きく公的になったときのみアシスタントとしてピアノ伴奏者を付ける事が多いが、あくまでもアシスタントなので下棒などを振る事もしばしばある。更にボイストレーナーを兼ねる合唱指揮者とアシスタントだけとしてボイストレーナーを置く人、ピアニストとボイストレーナーを兼ねる場合などいろいろな場合がある。なおプロの合唱団の場合にはボイストレーナーは置かない。

1の意味の合唱指揮者は、エクトル・ベルリオーズの『管弦楽法』の巻末「指揮者・指揮法の理論」にも見える。19世紀には大勢の奏者を必要とする作品やイベントが続々と現れ、彼も自らの指揮とは別に副指揮者や合唱指揮者を使っていた。1844年8月のパリ音楽祭においては1200人を指揮するために、5人の合唱指揮者を必要とするほどであった。彼は合唱指揮者の有用性を認めつつも、テンポを一定に保つことさえできないようなレベルの指導者に幾人と出会ってきたためか、彼らを「危険な助手」と呼んで読者に警告した。

演奏会やCDに名前が記載される確率がコンサート・マスターに比べても高いことから、合唱指揮者の役割はとりわけ重要なものと考えられている。

2の意味の合唱指揮者は概して、管弦楽伴奏の合唱曲よりも無伴奏、あるいは小規模な伴奏のものを好み、前者の演奏の際には、主指揮者になるよりはむしろ1の意味での合唱指揮者を担当する傾向にある。これは、専門的な指揮教育をあまり、あるいはまったく受けていない(すなわち、オーケストラを指揮する経験をそれほど持たなかった)者が多いことにもよるが、合唱の微妙なニュアンスが大編成の管弦楽にかき消されてしまうことを嫌うためでもある。独学ながらオーケストラを振る機会に恵まれたロバート・ショウもこの傾向の外にはいなかった。

欧州の音楽大学では、合唱指揮は学位ではなくディプロマ・コースのみ設けているところが多く、欧州で合唱指揮を学んだ人の多くはそのようなコースの出身である。米国の音楽大学では修士課程に合唱指揮科がオーケストラ指揮科や吹奏楽指揮科と並び設けられ、合唱指揮に精通した人材の教育が体系的に行われている(後述する佐藤賢太郎は修士課程をおさめている)

日本では、多くの音楽大学で合唱の授業があり単位が認定されるが、合唱指揮・合唱指導をメインに教える大学はほぼなく、声楽科を卒業してから合唱指導に携わる例が多い。専攻・コースとして合唱の名前を掲げている(た)教育機関に、国立音楽大学音楽学部専門課程合唱指導者コース、昭和音楽大学短期大学部音楽学部合唱指導者コース、東邦音楽大学アドバンスコースコーラスディレクター養成専攻、東邦音楽短期大学音楽科コーラスディレクター養成専攻、大阪音楽大学音楽学部音楽専攻科合唱指揮専攻、大阪音楽大学サテライト・マスタークラス合唱指揮者コース、洗足学園音楽大学声楽コースコーラスアンサンブルクラスなどがある。

合唱指揮者になった作曲家[編集]

この項での合唱指揮者とは、3の意味でのそれである。19世紀から20世紀前半にかけてヨーロッパに起こった各種の合唱運動は、作曲家に2つの仕事をもたらした。1つはもちろん合唱団への作品提供であり、もう1つは合唱指揮である。19世紀にはシューマンワーグナーリストグノーブルックナーブラームスなど、20世紀にはホルストアルヴェーンヴェーベルンなどがこの仕事にたずさわった。作曲家にとって合唱団を指揮することは自らの作品を(管弦楽曲などに比べて)容易に発表できる絶好の機会であり、今日でも演奏されている彼らの作品の何割かは、自らの指揮によって世に送り出されたのである。

現在は作曲と指揮の分業が進んだことなどから、合唱指揮を経験している作曲家は、合唱曲中心に作曲している者を除くと少なくなった。なお、「合唱指揮者になった日本人作曲家」には、合唱団を自ら創設した大中恩荻久保和明松下耕や、東京男声合唱団の指揮者になった清水脩石井歓佐藤眞などがいるが、基本的に指揮を専門に学んだ人は少数である。最近では商用音楽製作とコンサート用オーケストラ作曲・合唱作曲を両方、オーケストラ指揮と合唱指揮を両方こなす佐藤賢太郎がいる。彼は元々、ロサンゼルスで作編曲家・指揮者としてスタジオやロサンゼルスの管弦楽団で活動していたが、自作の合唱曲が世界的な注目を浴びるようになり合唱指揮を学ぶ必要性を感じ、学士課程終了後、作曲やオーケストラ指揮ではなく合唱指揮で修士を修めている。

主な合唱指揮者[編集]

日本以外[編集]

な は

や ら

日本[編集]

参考文献[編集]

  • エクトール・ベルリオーズ、リヒャルト・シュトラウス『管弦楽法』音楽之友社、2006年、pp.551-552

外部リンク[編集]