木村純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村純(きむら じゅん、1960年 - )は、日本の作曲家合唱指揮者・音楽教育家。

1960年北海道千歳市で生まれ、大学で福祉学を学び、その後東京で眼龍義治に作曲を学ぶ。ヴァイオリンピアノを弾き、ワーグナー楽劇宗教音楽なども興味を持ち、ヨハン・ゼバスティアン・バッハカンタータなどの北海道での紹介に努める。作曲家としての作風は調性を基調として保守的ではあるが、作曲コンクールでの入賞や、初演を自分で暗譜して指揮などをする。札幌市に住み、現地と函館市北海道教育大学函館校で作曲理論を教え、現在は札幌音楽専門学院教授をしている。

代表作は合唱曲が多く、女声合唱組曲「海鳴り」や「赤ちゃんの目」、「沃野輝く」 男声合唱とピアノのための組曲 、マンドリンオーケストラのための「夕暮れ」、ピアノとオーケストラのための「ファンタジア・コンチェルタータ」などがある。