清水脩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清水 脩
生誕 (1911-11-04) 1911年11月4日
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市天王寺区
死没 (1986-10-29) 1986年10月29日(満74歳没)
学歴 大阪外国語学校フランス語科
東京音楽学校選科
ジャンル クラシック
職業 作曲家

清水 脩(しみず おさむ、1911年11月4日 - 1986年10月29日)は、日本作曲家カワイ楽譜(現・カワイ出版)元社長。大阪府大阪市天王寺区出身。

略歴[編集]

大阪外国語学校(新制大阪外国語大学の前身、現・大阪大学外国語学部)のフランス語科を卒業後、1938年昭和12年)に東京音楽学校(現・東京芸術大学)選科に入学、橋本國彦に作曲、細川碧らに理論を学ぶ。1939年(昭和14年)、第8回音楽コンクール作曲部門で「花に寄せたる舞踏組曲」が1位入選[1]

第二次世界大戦後の日本の作曲界の隆盛に尽力し、顕著な業績を残した。真宗大谷派寺院に生まれ、父が舞楽を行っていたという環境から、日本の音楽に積極的に関心を示し、邦楽器のための作品を数多く残した。また、オペラ合唱にも力を注いだ。清水が残したオペラ、オペレッタは15作、合唱曲は400曲以上に及び、「蓮如」「樹下燦々」などの仏教讃歌もいくつか残している。特にオペラ「修善寺物語」はスタンダードレパートリーとなっており、2009年新国立劇場外山雄三指揮(若杉弘病気のため変更)、坂田藤十郎演出で上演されている。合唱の分野では、作曲や出版(後述)、合唱指揮のみならず、厚生音楽運動の推進および全日本合唱連盟の設立に関わっている。

大阪外語学校在学中はグリークラブに所属していた。当時のパートはバリトンであったが、自身の声域はバスであった。かつて名古屋の東海メールクワイアーを指導したとき、D2の低音を楽々発声してみせたというエピソードがある。

作曲家として活躍するかたわら、出版業にも早くから関わった。音楽之友社には設立間もない頃に入社し、『音楽之友』の編集に携わっている。カワイ楽譜時代には、合唱曲の出版を精力的に行った。自身の合唱曲については「清水脩合唱曲選集」というシリーズを冠している。カワイ楽譜の倒産後は、音楽之友社が彼の版権を引き受け、「清水脩・合唱曲全集」として1975年から1982年にかけて21巻まで刊行した(この全集に収録されていないものも少なくない)。フランス語に堪能で、理論書の他ベルリオーズの「回想録」翻訳も行なっている。

弟子には、多田武彦などがいる。

主な作品[編集]

歌劇[編集]

  • 修禅寺物語
  • 炭焼姫
  • 青空を射つ男
  • セロ弾きのゴーシュ
  • 俊寛
  • 大仏開眼
  • 生田川(合唱オペラ)
  • 吉四六昇天(大分県民オペラ)

管弦楽[編集]

  • 花に寄せたる舞踊組曲
  • インド旋律による四楽章
  • 交響曲1-3番
  • 箏と管弦楽のための六段「千鳥」

室内楽・器楽[編集]

  • 六つの断章(箏)
  • 弦楽四重奏曲
  • 箏二面のための喜遊曲
  • 詩のための音楽「智恵子抄」(箏、フルート、クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、打楽器)
  • 三つのエスキス(2箏、十七絃

歌曲[編集]

()内の人物は作詩。

合唱[編集]

校歌[編集]

北九州市立祝町小学校

著書[編集]

  • 職場に音楽を採り入れる方法(厚生音楽研究会)
  • 合唱指導必携(日本音楽雑誌)
  • 合唱と合奏の指導(河出書房)
  • 簡易楽曲の作曲及び編曲法(河出書房)
  • 標準音楽通論(音楽之友社)
  • 書き落した楽章(カワイ楽譜)
  • 合唱の素顔(カワイ楽譜)
  • 基礎音楽通論(カワイ楽譜)
  • わがオペラの軌跡(音楽之友社)

脚注[編集]

  1. ^ 国立音楽大学附属図書館・現音ドキュメンツ作成グループ編『ドキュメンタリー新興作曲家連盟 戦前の作曲家たち 1930~1940』国立音楽大学附属図書館、発行年記載なし、p.408

外部リンク[編集]