バリトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バリトン: Baritonバーリトン: baritoneバリトーン: barytonバリトン: baritonoバリートノ)は、男声バステノールの中間の声域およびそれを受け持つ歌手。男声を音域で二分する場合はバスの側に分類される。

概要[編集]

典型的なバリトンの音域は概ねG2G4[1]、合唱ではA2~F4くらいである。音域で分類すると、高い方を「ハイ・バリトン」、低い方を「バス・バリトン」などと呼ぶ場合もある。

オペラの領域では、音色を含めて総合的に「バリトン・レジェ」「リリック・バリトン」、「キャラクター・バリトン」、「ヘルデン・バリトン」など様々に細分化することもある。

記譜はバス記号が用いられることが多く、バリトン記号は現在はあまり用いられない。


楽器のバリトン[編集]

バリトンという言葉は器楽にも用いられ、音域が異なる同種の楽器グループでの区分を行う。例えばサクソフォーン属においてバリトン・サクソフォーンなどと呼ばれる。

単独で管楽器名を表すバリトンは、ユーフォニアムと同属の金管楽器である。また古楽器ヴィオール属の撥弦兼弓奏楽器バリトンがあるが、これは英語などでは baryton で綴りが異なる(綴りが同じ言語もある)。

バリトンに分類される声楽家の一覧[編集]

海外[編集]

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

ら行

わ行

日本[編集]

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ポピュラー音楽のバリトン歌手[編集]

グループのバリトン[編集]

  • デヴィッド・ラフィン[2](元テンプテーションズ)
  • マーヴィン・ジュニア[3](デルズ)
  • LJレイノルズ[4](ドラマティックス)[要出典]

ソロのバリトン[編集]

他の声域[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フレデリック・フースラー/イヴォンヌ・ロッド=マーリング 『うたうこと 発声器官の肉体的特質』 須永義雄・大熊文子訳 音楽之友社、2000年、111頁。ISBN 4-276-14252-0
  2. ^ http://www.newsweek.com/david-ruffins-sad-finale-204440
  3. ^ http://www.allmusic.com/artist/marvin-junior-mn0000859782
  4. ^ ドラマティックスの2代目シンガー。「イン・ザ・レイン」は初代のウィー・ジー・ハワード(バリトン)が担当
  5. ^ 音楽評論家・鈴木啓志のお気に入りNo.1のバリトン歌手[要出典]である
  6. ^ センセーショナル・ナイチンゲイルズのジュリアス・チークス直系のバリトン歌手[要出典]。元ファルコンズ
  7. ^ 1956年から活躍したバリトン歌手[要出典]。歌だけでなく革新的なファンクの創始者としても有名だった
  8. ^ ハロルド・メルヴィン&ブルーノーツのリードからソロに転向。70年代に女性に人気があったバリトン歌手[要出典]

関連項目[編集]