生田川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
生田川 百龍嬉水
生田川公園 連翼亭

生田川(いくたがわ)は、兵庫県神戸市を流れる二級水系本流

地理[編集]

六甲山系の摩耶山北側の兵庫県神戸市灘区六甲山町付近に源を発し南流。大阪湾神戸港に注ぐ。

下流域[編集]

元々は現在のフラワーロードの位置を流れていた。天井川となっていたことで、この両岸それぞれで集落が形成され、異なる文化が形成されてきた。神戸市が誕生する前には、西側が須磨まで「八部郡」、東側が現在の芦屋市まで「菟原郡」と区分されていたとおり、当時の生田川は、広域集落の境界をなすものであった。現在もなお、フラワーロードの東西で、街の雰囲気は異なる。ちなみに、1980年昭和55年)に区域再編がなされて神戸市中央区となる以前の行政区は、フラワーロードより東側が葺合区、西側が生田区であった。

天井川かつ流域が平地であるがゆえに、水害が発生するとその被害は広範囲にわたる大きなものとなっていた。幕末の開国で、京都に近い港として神戸(当時の「神戸」は、現在の神戸市中央区のフラワーロード以西、生田裔神八社の点在するエリアを指した。同じく明治時代に付け替え工事のなされる前の旧湊川が「神戸」の西の境で、その西が「兵庫」であった。)の開港が決まったが、開港にあわせて整備することとされたが外国人居留地(神戸外国人居留地)が、その位置から、生田川の災害が発生した場合に大きな被害となることが予想された。早急なる神戸の開港・神戸外国人居留地の整備が求められたことが追い風となり、加納宗七が現在の位置に生田川を付け替える工事をし、明治4年(1871年)に完了した[1]。そのため現在の生田川を新生田川と呼ぶこともある。

旧生田川の河川敷は加納宗七に払い下げられ、これが同地域の地名「加納町」の由来になっている。なお、加納町歩道橋の一角には、ここにもとの生田川があったことを示す石碑が建てられている。さらに、この付け替え工事が終わり、天井川たる旧生田川が消えたことで、以後、神戸の市街地は、明治時代のうちに、それまでは田畑や林が広範囲を占めていた東側の旧菟原郡部へ急速に拡大していった。特に、旧菟原郡のなかで、もともとの「神戸」のあった旧八部郡にもっとも近い葺合村は、1889年(明治22年)に神戸市が誕生した当初から神戸市となっている。

下流域の河川敷にある生田川公園は桜の名所になっている。

生田川に公園ができたのは、生田川の付け替えの際ではなく、昭和に入り生田川を暗渠化したときである。生田川の暗渠化は市街地部分のほぼすべてについて行われ、1932年昭和7年)に完成、この真上に道路や公園(布引遊歩道)を整備した。当時、神戸市は、市街地の交通機能改良などの目的で各地で河川の暗渠化を政策的に実施しており、鯉川宇治川など、生田川に限ったことではなかった。しかし、1938年(昭和13年)の阪神大水害をもたらした大雨で流されてきた巨岩や巨木が生田川の暗渠の付け根に詰まり、行き場を失った泥水は旧生田川であるフラワーロードに濁流、周辺街区一帯に大きな被害をもたらした。この教訓から生田川の暗渠については撤去され、戦後になってから河岸に公園を再整備したものが今日の生田川公園である。また、同じく戦後に、六甲山系の北側と神戸市街地とを結ぶ新神戸トンネルの出入口が生田川河岸に整備され、生田川公園も数次変化してきたとともに、生田川両岸は交通の要衝にもなりつつある。

中流域[編集]

山陽新幹線新神戸駅より北の中流域には、布引の滝布引貯水地布引五本松ダム)などがある。

上流域[編集]

布引貯水池より北の上流域には国土交通省六甲砂防事務所により二十渉砂防堰堤や八洲嶺砂防堰堤などの砂防ダムが多く整備され、川沿いには摩耶山に続く登山道(トゥエンティクロス、徳川道、シェール道)が通っている。神戸市立森林植物園 はこの登山道に面して東門がある。

生田川の源流域には穂高湖があり、隣接して神戸市立自然の家神戸市立六甲山牧場がある。

流域の自治体[編集]

兵庫県
神戸市灘区北区中央区

支流[編集]

  • 北野谷
  • 苧川
  • 五本松堰堤 放水路隧道
  • 再度東谷
  • 地蔵谷
  • ヌケ谷
  • 黄蓮谷
  • 桜谷

(以上、主な支流を河口から上流に向かって順に記述)

生田川水系の河川施設[編集]

施設名 竣工年 堤高 堤長 堤体積 有効貯水容量 所管 備考
雌滝取水堰堤 1900年 7.7m 19.3m 神戸市水道局 [2]
五本松堰堤(布引ダム)
布引貯水池
1900年 33.3m 110.3m 22,000m3 417,000m3 神戸市水道局 [3]
締切堰堤 1908年 7.6m 30.5m 神戸市水道局 [4]
分水堰堤 1907年 4.3m 14.0m 神戸市水道局 [5]
新市ケ原砂防堰堤 1989年 20,595m3 - 国土交通省 [6]
市ケ原砂防堰堤 1939年 841.5m3 - 国土交通省 [6]
高雄山砂防堰堤 1969年 19.0m 64.0m 5,738.6m3 - 国土交通省 [6][7]
二十渉砂防堰堤 1951年 18.6m 74.0m 8,371m3 - 国土交通省 [6][8]
八洲嶺砂防堰堤 1951年 14.0m 61.5m 2,403m3 - 国土交通省 [6][9]
八洲嶺第二砂防堰堤 1974年 2,630m3 - 国土交通省 [6]
八洲嶺第三砂防堰堤 1977年 5,945m3 - 国土交通省 [6]
穂高砂防堰堤 1966年 5,490m3 - 国土交通省 [6]

(以上、主な施設を河口から上流に向かって順に記述)

支流の河川施設[編集]

支流 施設名 竣工年 堤高 堤長 堤体積 有効貯水容量 所管 備考
北野谷 桜谷第二砂防堰堤 - 国土交通省
合の谷 合の谷第二砂防堰堤 1999年 - 国土交通省 [10]
合の谷 合の谷砂防堰堤 - 国土交通省
苧川 苧川谷砂防堰堤 - 国土交通省
苧川 西谷砂防堰堤 - 国土交通省
苧川 金刀比羅砂防堰堤 - 国土交通省
苧川 妙見砂防堰堤 - 国土交通省
苧川 天狗谷砂防堰堤 - 国土交通省
苧川 摺粉鉢砂防堰堤 - 国土交通省
地蔵谷 地蔵谷砂防堰堤 1951年 3,732m3 - 国土交通省 [6]
地蔵谷 地蔵谷第二砂防堰堤 1974年 3,617m3 - 国土交通省 [6]
地蔵谷 地蔵谷第三砂防堰堤 1982年 3,320m3 - 国土交通省 [6]
地蔵谷 地蔵谷第四砂防堰堤 1998年 - 国土交通省 [10]
二十渉第二砂防堰堤 1982年 2,077m3 - 国土交通省 [6]
二十渉第三砂防堰堤 1987年 6,477m3 - 国土交通省 [6]
長谷砂防堰堤 1977年 2,549m3 - 国土交通省 [6]
石楠花砂防堰堤 1951年 4,381m3 - 国土交通省 [6]
石楠花第二砂防堰堤 1980年 2,637m3 - 国土交通省 [6]
桜谷 桜谷砂防堰堤 1979年 3,514m3 - 国土交通省 [6]

橋梁[編集]

  • -
  • 磯上橋 (阪神高速神戸線)
  • 御幸橋
  • -
  • 新生田川橋 (国道2号線)
  • 雲井橋 (旧西国街道)
  • 八雲橋
  • 旭橋・琴ノ緒橋 (JR山陽本線)
  • 二宮橋
  • (歩道橋)
  • 神若橋
  • 布引橋
  • -
  • 生田橋 (新神戸駅)
  • 砂子橋
  • 観瀑橋 (布引の滝 雌滝)
  • 狭ご路も橋 (布引の滝 雄滝)
  • 猿のかずら橋
  • 谷川橋
  • 布引貯水池管理橋
(五本松堰堤・布引貯水池)
  • 分水堰堤附属橋
(高雄山砂防堰堤)
  • 河童橋
  • -
(二十渉砂防堰堤)

(以上、河口から上流に向かって順に記述)

文学の中の生田川[編集]

生田川の名前は平安時代に編纂された大和物語に見られる。物語の中では2人の男が1人の女をめぐって争い、これに悩んだ女が「すみわびぬ わが身なげてむ 津の国の 生田の川は 名のみなりけり」と詠んで生田川に入水自殺するという話が登場する。これはもともと万葉集に登場する菟原処女(うないおとめ)の伝説をモチーフにしたものであるが、万葉集では生田川の地名は登場しない。 また1910年(明治43年)には森鴎外が大和物語をもとにした戯曲「生田川」を発表している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ フラワーロードは昔、生田川だった
  2. ^ 布引水源地水道施設の重要文化財指定 雌滝取水堰堤及び取水施設 http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/folk/institution/13.html
  3. ^ 布引水源地水道施設の重要文化財指定 五本松堰堤 http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/folk/institution/06.html
  4. ^ 布引水源地水道施設の重要文化財指定 締切堰堤 http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/folk/institution/04.html
  5. ^ 布引水源地水道施設の重要文化財指定 分水堰堤 http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/folk/institution/01.html
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 貯水池土砂管理手法とダム計画・管理への適用に関する研究 (高田康史) https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/123479/1/D_Takata_Yasufumi.pdf
  7. ^ 高雄山砂防堰堤 看板写真 https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=38326
  8. ^ 二十渉砂防堰堤 看板写真 https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=38324
  9. ^ 八洲嶺砂防堰堤 看板写真 https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=38325
  10. ^ a b 国土交通省 六甲山系砂防事業 https://www.kkr.mlit.go.jp/plan/zigyohyoka/pdf_2005_03/03.pdf

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]