細川周平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細川 周平(ほそかわ しゅうへい、1955年2月14日 - )は、音楽学者国際日本文化研究センター教授。専門は音楽学学術博士東京芸術大学、1989年)(学位論文「音楽における複製技術の諸問題 -レコードを中心に」)。大阪府生まれ。妹がいる。 過去、EPOファンクラブに入っていた。

略歴[編集]

  • 1978年3月 東京大学理学部生物学科卒業
  • 1988年3月 東京芸術大学大学院音楽研究科博士後期課程単位取得満期退学(1989年3月修了)
  • 1988年4月 東京芸術大学音楽学部助手(1991年3月まで)
  • 1989年3月 東京芸術大学より学術博士 論文の題は「音楽における複製技術の諸問題 : : レコードを中心に」[1]
  • 1996年4月 東京工業大学工学部助教授
  • 1996年5月 東京工業大学大学院社会理工学研究科助教授
  • 2004年4月 国際日本文化研究センター助教授
  • 2006年4月 国際日本文化研究センター教授
  • 2009年 『遠きにありてつくるもの』で読売文学賞受賞

活動[編集]

大学院在学中から『音楽の記号論』『ウォークマンの修辞学』などを刊行してポピュラー音楽記号論的考察によって「ニュー・アカデミズム」の担い手の一人と見られた。その後、イタリア紀行などを出したが、1990年代から日系ブラジル移民研究に移行した。

著書[編集]

  • 『音楽の記号論』朝日出版社(エピステーメー叢書) 1981年
  • 『ウォークマンの修辞学』朝日出版社(エピステーメー叢書) 1981年
  • 『トランス・イタリア・エクスプレス』筑摩書房 1985年
  • 『サッカー狂い 時間・球体・ゴール』哲学書房 1989年
  • 『ノスタルジー大通り ほがらかな旅の技術』晶文社 1989年
  • 『レコードの美学』勁草書房 1990年
  • 『サンバの国に演歌は流れる 音楽にみる日系ブラジル移民史』中公新書 1995年
  • 『シネマ屋、ブラジルを行く 日系移民の郷愁とアイデンティティ』新潮選書 1999年
  • 『遠きにありてつくるもの-日系ブラジル人の思い・ことば・芸能』みすず書房 2008年
  • 『日系ブラジル移民文学Ⅰ-日本語の長い旅[歴史]』みすず書房 2012年
  • 『日系ブラジル移民文学Ⅱ-日本語の長い旅[評論]』みすず書房 2013年

編著[編集]

  • 未来派2009 坂本龍一共編 本本堂 1986年
  • ニュー・ジャズ・スタディーズ―ジャズ研究の新たな領域へ 宮脇俊文、マイク・モラスキー共編 アルテスパブリッシング 2010年
  • 民謡からみた世界音楽 うたの地脈を探る ミネルヴァ書房 2012年

翻訳[編集]

  • Mozartオペラの解読 フリッツ・ノスケ 冬樹社 1985年
  • アメリカンミニマル・ミュージック ウィム・メルテン 冬樹社 1985年
  • 純粋戦争 ポール・ヴィリリオ、シルヴェール・ロトランジェ ユー・ピー・ユー 1987年
  • 世界音楽の時代 ブルーノ・ネトル 勁草書房 1989年
  • サウンドの力 若者・余暇・ロックの政治学 サイモン・フリス 竹田賢一共訳 晶文社 1991年

英文での著書[編集]

  • Karaoke Around the World: Global Technology, Local Singing (三井徹共編) 2001
  • Searching for Home Abroad: Japanese Brazilians and Transnationalism (Shuhei Hosokawa (寄稿), Koichi Mori (寄稿), Karen Tei Yamashita (寄稿), Jeffrey Lesser (編集)) 2003

出演番組[編集]

  • レコ室からこんばんは〜ゴールド〜(KBS京都ラジオ 日曜 25:00 - 26:00)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース