日本大学山形高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本大学山形高等学校
Nichidai-Yamagata highschool.jpg
過去の名称 山形第一高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人日本大学
設立年月日 1958年(昭和33年)3月8日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 06503A
所在地 990-2433
山形県山形市鳥居ヶ丘4番55号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
日本大学山形高等学校の位置(山形県内)
日本大学山形高等学校

日本大学山形高等学校(にほんだいがくやまがたこうとうがっこう、Nihon University Yamagata Senior High School)は、山形県山形市鳥居ヶ丘にある私立高等学校。通称は「日大山形高」「日大高」「日大山高」。

日本大学付属校である。校歌(作詞:神保光太郎)の歌い出しは「ボーイズビーアンビシャス」。

なお、1989年から2014年まで併設されていた日本大学山形中学校(にほんだいがくやまがたちゅうがっこう)についてもここで述べる。

概観[編集]

山形県内で最も生徒数が多い高校である。1962年に学校法人日本大学に合併し、日本大学山形高等学校となる。全国にさきがけ、高等学校として2002年に国際環境規格ISO14001を認証取得した(現在は所持していない)。

沿革[編集]

設置学科[編集]

学科としては普通科のみだが、進学コースI・II、特進コース、2003年度(平成15年度)より設置された、推薦入学のみのスポーツクラスがある。かつては商業科があったが、現在は廃止されている。

部活動[編集]

男子バスケットボール部は1982年春の選抜(現・ウィンターカップ)能代工業を下して優勝している。また、男子水泳部も2001年インターハイ競泳の部において総合優勝を果たしている。

2006年8月硬式野球部が夏の甲子園(第88回)で山形県勢初の全国ベスト8に入った(ベンチ入り18人中16人が地元選手である)。その準々決勝戦では、全国制覇の早稲田実に善戦し、8回表まで2-1と1点リードしていたが、その後8回裏に逆転されて、結果2-5と敗退。ベスト4進出はならなかった。翌年の2007年、2年連続で夏の甲子園(第89回)に出場したが、初戦(2回戦)で、この年の春の優勝校常葉菊川と対戦し、4-12で敗退した。2013年の夏の甲子園(第95回)では、日大三作新学院明徳義塾といった全国制覇を経験した学校を下し、山形県勢初の全国ベスト4に入った。

また、サッカー部、男子バレーボール部、女子バレーボール部、ラグビーフットボール部、ハンドボール部、その他の部活動も全国大会に出場している。

制服[編集]

制服は男子は1958年の開校以来学ランであり、女子は1966年の女子部開設以来セーラーである。

施設[編集]

2016年現在、6つの校舎と2つの体育館がある。

生徒数[編集]

生徒数は県内最大[4]を誇るが、近年は減少傾向であり、2006年時点は1680人(うち女子581人)[5]であったが、2013年時点では1272人(女子413人)[6]となっている。

所在地[編集]

  • 本校 - 山形県山形市鳥居ヶ丘4-55
  • 総合運動場 - 山形県山形市大字中桜田字東大坊7-2

交通[編集]

著名な出身者[編集]

日本大学山形中学校[編集]

1989年4月より、日本大学山形中学校を開校して併設型中高一貫教育を行っていたが、2012年度より生徒募集を停止し、2013年12月26日開催の山形県私立学校審議会にて、少子化により入学者の確保が見込めないとして2014年3月31日付での廃止認可が答申された[2]。2014年3月15日に閉校式が挙行され、日本大学山形中学校はその歴史に幕を下ろした[3]。開校から廃校までの累計卒業者数は743名であった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]