日本大学医学部付属練馬光が丘病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 日本大学練馬光が丘病院
Nihon univ nerima hikarigaoka hospital.JPG
情報
正式名称 日本大学医学部付属練馬光が丘病院
前身 練馬区医師会立光が丘総合病院
標榜診療科 内科、循環器科、神経内科、精神神経科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、放射線科、麻酔科、心血管・呼吸器外科、リハビリテーション科
許可病床数

344床


一般病床:344床
開設者 学校法人日本大学
管理者 増田英樹(病院長)
開設年月日 1991年4月1日
所在地
179-0072
東京都練馬区光が丘二丁目11番1号
位置 北緯35度45分43秒 東経139度37分47秒 / 北緯35.76194度 東経139.62972度 / 35.76194; 139.62972
二次医療圏 区西北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

日本大学医学部付属練馬光が丘病院(にほんだいがくいがくぶふぞくねりまひかりがおかびょういん)は、東京都練馬区光が丘に存在した医療機関学校法人日本大学が運営する病院であった。

なお「付属」の表記は日本大学医学部附属板橋病院が「附属」であるのに対し、当院は「付属」である。

2011年7月15日、日本大学は2012年3月で病院の運営を終了することを発表。2012年3月31日にて日本大学が病院経営から撤退し、本院を閉鎖する形を取ったことを受け、翌4月1日より地域医療振興協会が後を引き継ぐ形で地域医療振興協会練馬光が丘病院として再出発した。

詳細は日本大学医学部付属練馬光が丘病院閉院問題を参照のこと。

沿革[編集]

練馬区の誘致を受けた学校法人日本大学が日本大学医学部附設の病院として1991年4月1日に開設した。土地は練馬区から無償で、建物は有償貸付であった

もともとは練馬区医師会立光が丘総合病院(1986年11月開設)として運営されていた病院の経営が破綻したところを、日本大学が経営を引き継いだものである[1]。日本大学側は、「地域住民の医療機関に対する信頼の問題」[2]と分析する。また医療施設はそのまま引継いだものの、当初は集中治療室が開設できなかったり、分娩費用が値上げされたり、誤診やカルテに虚偽を記載する問題等があった。医療機器は性能の悪い旧式のものが譲渡されたり、あるいは引継の段階で紛失するなどがあったことが練馬区議会の議事録で確認できる。その他、患者の個人情報の入ったPCを医師が紛失したり、[3]或いはShareのみと見られているがファイル共有ソフトを職員が勝手に使った事から数々の業務情報はもとより1万件以上の個人情報が流出してしまう事件すら起こり、[4]ネット上における病院の大問題となった事すらあったものの、現在は閉院によりその不祥事も終わりを告げた。

日本大学附属病院時代の診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 休日・全夜間診療事業実施医療機関(内科系、小児科、外科系)
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(育成医療)
  • 生活保護法指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 災害拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • 臨床修練指定病院
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 産科医療補償制度加入分娩機関

費用負担[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 練馬区医師会沿革
  2. ^ 後掲『日本大学病院力』254ページ
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]

参考文献[編集]

  • 瀬在幸安監修・月刊「財界人」編集部編『日本大学病院力 WARM HEART』政経通信社、2004年

関連項目[編集]