順天堂大学医学部附属練馬病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 順天堂大学医学部附属練馬病院
Juntendo University Nerima Hospital.JPG
情報
英語名称 Juntendo University Nerima Hospital
標榜診療科 総合診療・性差科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎・高血圧内科、膠原病・リウマチ内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、メンタルクリ ニック、総合小児科(小児科、小児外科、新生児科)、総合外科(消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科、心臓血管外科)、脳神経外科、整形外科・スポーツ診療科、形成外科、皮膚・アレ ルギー科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉・頭頸科、放射線科、産科・婦人科、麻酔科・ペインクリニック、病理診断科、リハビリテーション科、救急・集中治療科、歯科、がん治療センター、内視鏡センター、血液浄化センター、脳神経・脳卒中センター、小児・AYA世代ボーンヘルスケアセンター、救急プライマリケアセンター、小児周産期医療センター、ハートセンター
許可病床数 490床
一般病床:490床
機能評価 一般病院2(200床以上500床未満)(主たる機能):3rdG:Ver.2.0
開設者 学校法人順天堂
管理者 児島邦明(院長)
開設年月日 2005年7月1日
所在地
177-8521
東京都練馬区高野台3-1-10
位置 北緯35度44分32秒 東経139度36分54秒 / 北緯35.74222度 東経139.61500度 / 35.74222; 139.61500
二次医療圏 区西北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

順天堂大学医学部附属練馬病院(じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくねりまびょういん)は、東京都練馬区高野台3-1-10にある医療機関学校法人順天堂が運営する病院である。

沿革[編集]

練馬区は23特別区の中では5番目に広く、人口は第2位だが、人口10万人あたりの一般・療養病床数は23区内で最低である状態が長く続いている(平成26年で281床:区平均781床)。昭和61年11月に練馬区医師会立光が丘総合病院(その後日本大学医学部付属練馬光が丘病院を経て、現在の公益社団法人地域医療振興協会練馬光が丘病院)が開設されたが、それでも病床数の不足は解消しなかった。平成10年度の東京都保健医療計画で区西北部二次保健医療圏における増床が可能となり、区の招致を受けた学校法人順天堂が2005年に開院した。しかしそれでも病床数不足は緩和されておらず、増築による外来棟開設(2020年1月)が行われ、既存棟の改造により90床増床された。[1]

診療科[編集]

診療支援部門
  • 栄養科
  • GCPセンター
  • 感染対策室
  • 薬剤科
  • 医療安全管理室
  • 医療サービス支援センター
  • 地域医療連携室
  • 医療福祉相談室
  • 入退院支援室
  • 地域看護相談室
  • 入院支援センター

施設指定等[編集]

費用負担[編集]

  • 初診時に診療情報提供書(紹介状)がない場合、保険外併用療養費として5000円(+消費税)が請求される。

交通アクセス[編集]

病院公式サイト・アクセス も参照

院内附属施設[編集]

通院患者用サービス[編集]

  • 富士通 HOPE LifeMark-コンシェルジュ(スマートフォンを用いた受付サービス)[5]
    • 富士通 Hope LifeMark-コンシェルジュ らくらく会計(後払いシステム)
  • エムイーエックス 医療費あと払いサービス [6]
  • ライフカード エクスプレス会計(後払いシステム)[7]

関連項目[編集]

近隣の総合病院(区内)

(区外)

外部リンク[編集]