西新井病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:新病院外観の画像提供をお願いします。2021年6月
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 西新井病院
Nishiarai Hospital.JPG
情報
正式名称 医療法人社団成和会 西新井病院
英語名称 Nishiarai Hospital
標榜診療科 内科、外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科口腔外科、泌尿器科、麻酔科
許可病床数 196床
一般病床:150床
療養病床:46床
開設者 医療法人社団成和会
管理者 安部 裕之(院長)
開設年月日 1953年5月
所在地
123-0845
東京都足立区西新井本町一丁目12番12号
二次医療圏 区東北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

医療法人社団成和会 西新井病院(いりょうほうじんしゃだんせいわかい にしあらいびょういん)は、医療法人社団成和会が東京都足立区西新井本町に設置する病院。東京都の災害拠点病院に指定されている。

沿革[編集]

済州道出身の在日朝鮮人である金萬有1914年8月7日 - 2005年12月25日)が1953年5月に創設した[1]。創立3大方針は「朝日親善、民主的医療センター、社会福祉」である。 2015年10月1日、現住所に地下1階地上6階建ての新病棟を開設し移転した。それに伴い、許可ベッド数が296から207に変更した。2020年2月現在では許可病床数が196床にて運用されている。

診療科[編集]

入院科目[編集]

※以上の口腔外科以外の診療科の外来診療は系列の成和クリニックにて行っている。

外来科目[編集]

医療機関の指定・認定[編集]

(下表の出典[2]

保険医療機関 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
労災保険指定医療機関 生活保護法指定医療機関
指定自立支援医療機関(更生医療) 難病の患者に対する医療等に関する法律に基づく指定医療機関
指定自立支援医療機関(育成医療) 災害拠点病院(地域[3]
指定自立支援医療機関(精神通院医療) 難病の患者に対する医療等に関する法律に基づく指定医の配置されている医療機関
  • 救急告示病院二次救急[4]
  • 東京都脳卒中急性期医療機関[5]
  • このほか、各種法令による指定・認定病院であるとともに、各学会の認定施設でもある。

会計[編集]

  • 初診時に紹介状がない場合、保険外併用療養費が別途1,500円かかる。

関連施設[編集]

交通アクセス[編集]

関連団体[編集]

その他[編集]

北朝鮮による拉致被害者と考えられる藤田進について、当病院で監禁されたという証言がある[9][10]。それによれば、藤田進は「保護室」と称される監禁部屋で薬剤を投与されて一時は意識が朦朧となり、また、身動きの不自由な保護服を着せられていた[10]。数日して新潟港に移送され、万景峰号に乗せられて北朝鮮に連れていかれたという[10]

脚注[編集]

  1. ^ 創立者 金萬有
  2. ^ 東京都医療機関・薬局案内サービス”. 東京都福祉保健局. 2021年6月20日閲覧。
  3. ^ 災害拠点病院一覧(令和3年4月1日現在)”. 厚生労働省. 2021年6月20日閲覧。
  4. ^ 救急医療機関一覧”. 東京都福祉保健局 医療政策部 救急災害医療課 救急医療担当. 2021年6月20日閲覧。
  5. ^ 東京都における脳卒中医療連携の取組”. 東京都福祉保健局 医療政策部 救急災害医療課. 2021年6月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e アクセス”. 西新井病院. 2021年6月20日閲覧。
  7. ^ 一般財団法人成和記念財団定款第5条、同別表
  8. ^ 『朝鮮新報』2001年6月8日 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2001/6/0608/51.htm
  9. ^ 特定失踪者問題調査会特別調査班 (2021年2月13日). “第3次朝鮮スパイ事件(日本における外事事件の歴史3)”. 調査会ニュース. 特定失踪者問題調査会. 2022年6月1日閲覧。
  10. ^ a b c 週刊現代』2007年4月21日号

外部リンク[編集]