佐藤尚中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤尚中
佐藤尚中出生地(香取市内浜公園)

佐藤 尚中(さとう たかなか(しょうちゅう)、1827年5月3日文政10年4月8日)- 1882年明治15年)7月23日)は、幕末から明治初期の蘭方医幼名を竜太郎、舜海と称し、笠翁とす。下総国小見川(現・千葉県香取市)出身。東京順天堂の第二代堂主、順天堂医院の初代院長。生年については諸説ある。

略歴[編集]

家族・親族[編集]

  • 妻:サダ(高橋忠三郎の次女)
  • 後妻:ナホ(城氏)
  • 養嗣子:(妻・サダの甥)
  • 長女:志津(養嗣子・進の妻。女子美術学校長)
  • 長男:百太郎NY実業家
  • 次女:藤(三宅艮斎の長男・三宅秀の妻)
  • 次男:哲次郎(東金町の薬種業大野家の婿養子となり9代目大野伝兵衛を襲名する)
  • 養子:舜海(前名大道、旧名岡本道庵。後年、佐倉順天堂主となる。妻は佐藤進の実妹トシ)
  • 養子:佐(旧名井上虎三)
  • 三女:楽(佐藤佐の妻)
  • 三男:衛(のち母の実家・城氏を継ぐ。米国工学士)
  • 四女:梅尾(佐藤進の養女になり、佐藤恒久(旧姓松下)の妻・佐藤清一郎の養母)
  • 五女:幸(佐藤進の養女となり、日本鋼管創設者の一人・今泉嘉一郎の妻に)
  • 四男:福待(幼名華江(はなえ)。米国写真学士・東京で写真館主)
  • 五男:潤家(ますえ)(大滝富三の養子となる。子息は紀雄)

外部リンク[編集]