公立福生病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 公立福生病院
Fussa Hospital.JPG
情報
英語名称 Fussa Hospital
前身 東京都国保連福生病院
標榜診療科 内科、循環器科、精神科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、歯科口腔外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科
許可病床数

316床[1]


一般病床:316床
開設者 福生病院組合
管理者 諸角強英(院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 2001年4月1日
所在地
197-8511
位置 北緯35度44分49秒 東経139度19分36秒 / 北緯35.74694度 東経139.32667度 / 35.74694; 139.32667 (公立福生病院)座標: 北緯35度44分49秒 東経139度19分36秒 / 北緯35.74694度 東経139.32667度 / 35.74694; 139.32667 (公立福生病院)
二次医療圏 西多摩
PJ 医療機関
テンプレートを表示

公立福生病院(こうりつふっさびょういん)は、東京都福生市加美平1丁目6番地1にある医療機関。福生市、羽村市西多摩郡瑞穂町の2市1町で構成する一部事務組合、福生病院組合が運営する公立の病院である。

東京都災害拠点病院であり、二次救急指定病院でもある。

沿革[編集]

1945年4月に昭和飛行機工業株式会社が職員病院として、福生病院を開院。その後1948年4月に、国民健康保険事業の推進を図るため、東京都国民健康保険団体連合会が経営を承継する。2001年4月1日、同会から福生市、羽村市、瑞穂町の2市1町で構成する福生病院組合に経営を移管し、公立福生病院が誕生した。2006年に全面的な建て替え工事に着手し、2010年2月にフルオープンした。

年表[編集]

  • 1945年(昭和20年)4月 - 昭和飛行機工業株式会社が職員病院として、「福生病院」を開院。
  • 1948年(昭和23年)4月 - 東京都国民健康保険団体連合会が経営を承継する。
  • 2000年(平成12年)4月 - 福生市、羽村市、西多摩郡瑞穂町の2市1町で、福生病院組合が設立される。
  • 2001年(平成13年)4月 - 福生病院組合が経営を承継し、「公立福生病院」となる。  
  • 2001年(平成13年)4月 - 東京都指定二次救急医療機関となり、人工透析、リハビリテーション等の運営が始まる。
  • 2003年(平成15年)2月 - 新病院建て替えによる基本構想、基本計画を策定。
  • 2006年(平成18年)3月 - 立体駐車場完成。
  • 2006年(平成18年)7月 - 新病院建築工事に着手。
  • 2008年(平成20年)10月 - 新病院第1期オープン。
  • 2009年(平成21年)2月27日 - 東京都災害拠点病院に指定される。
  • 2010年(平成22年)2月1日 - 新病院第2期オープン。

医療機関の指定等[編集]

診療科等[編集]

内科系
外科系
歯科系
中央診療部門

その他[編集]

  • 先進医療として、超音波骨折治療法(四肢の骨折(治療のために手術中に行われるものを除く。)のうち、観血的手術を実施したもの(開放骨折又は粉砕骨折に係るものを除く。)に係るものに限る。)を実施している。
  • 初診時に紹介状がない場合、保険外療養費として1,360円が加算される。

アクセス[編集]

バス「福生病院」下車(はむらん・福生市福祉バスは構内)

脚注[編集]

  1. ^ 届出受理医療機関名簿(届出項目別) (PDF) 関東信越厚生局東京事務所 平成25年5月30日作成

関連項目[編集]

外部リンク[編集]