日本医科大学多摩永山病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 日本医科大学多摩永山病院
Nippon Medical School Tama Nagayama Hospital.jpg
情報
英語名称 Nippon Medical School Tama Nagayama Hospital
標榜診療科 内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、血液内科、肝臓内科、糖尿病内科、リウマチ科、腎臓内科、呼吸器内科、外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、小児科、皮膚科、泌尿器科、眼科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、救急科、形成外科、呼吸器外科、耳鼻咽喉科、乳腺外科、脳神経内科
許可病床数 405床
一般病床:405床
職員数 835名
機能評価 一般病院2 3rdG Ver.2.0
開設者 学校法人日本医科大学
管理者 中井章人(院長)
開設年月日 1977年7月
所在地
206-8512
位置 北緯35度37分52秒 東経139度26分48秒 / 北緯35.63111度 東経139.44667度 / 35.63111; 139.44667
二次医療圏 南多摩
PJ 医療機関
テンプレートを表示

日本医科大学多摩永山病院(にほんいかだいがくたまながやまびょういん)は、東京都多摩市にある医療機関学校法人日本医科大学が運営する病院である。東京都・住宅都市整備公団等の要望を受け、1977年7月に多摩ニュータウンの基幹病院として開業。

病院の理念は、「病める人の立場に立ち安全かつ先進的医療を実践します。」「基幹病院としての役割を果たし地域社会に貢献します。」「良き医療人の育成に努めます。」

沿革[編集]

  • 1977年昭和52年)7月 - 日本医科大学付属多摩永山病院として診療開始
  • 1982年(昭和57年)11月 - B棟工事完了
  • 1998年平成10年)3月 - C棟工事完了
  • 2004年(平成16年)3月 - 臨床研修医棟竣工
  • 2006年(平成18年)4月 - 日本医科大学多摩永山病院へ改称

診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

その他[編集]

  • 病院内にみずほ銀行のATMが設置されている。また、A棟1階にコンビニエンスストアのファミリーマート日医大多摩永山病院店がある。
  • 紹介状がない場合や初診の定義に当てはまる場合5,500円かかる。
  • 12月25日にはクリスマスコンサートが行われている。

移転計画[編集]

開院から40年以上が経過し、施設の老朽化が進んでいることから、2026年度以降に多摩市諏訪二丁目の独立行政法人都市再生機構が保有する旧多摩ニュータウン事業本部用地に移転する計画が進められている[1]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本医科大学校史編纂委員会『日本医科大学の歴史』学校法人日本医科大学、2001年

外部リンク[編集]