日本赤十字社医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 日本赤十字社医療センター
Japanese-Red-Cross-Medical-Center-01.jpg
情報
英語名称 Japanese Red Cross Medical Center
前身 博愛社病院/日本赤十字社病院/日本赤十字社中央病院/日本赤十字社産院
標榜診療科 内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、神経内科、精神科、小児科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、小児外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、放射線科、麻酔科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科
許可病床数

708床


一般病床:708床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
付加機能評価(緩和ケア機能)
開設者 日本赤十字社
管理者 幕内雅敏(院長)
開設年月日 1886年11月
所在地
150-8935
位置 北緯35度39分15.9秒 東経139度43分4.6秒 / 北緯35.654417度 東経139.717944度 / 35.654417; 139.717944 (日本赤十字社医療センター)座標: 北緯35度39分15.9秒 東経139度43分4.6秒 / 北緯35.654417度 東経139.717944度 / 35.654417; 139.717944 (日本赤十字社医療センター)
二次医療圏 区西南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

日本赤十字社医療センター(にっぽんせきじゅうじしゃいりょうセンター)は、東京都渋谷区広尾にある病院である。日本赤十字社の中央医療センターであり、唯一の本社直轄病院[1]

概要[編集]

現在医療センターが所在する東京・広尾の敷地にはかつて、堀田備中守の屋敷があった[2]

日本赤十字社医療センター(日赤医療センター)の前身である日本赤十字病院が現在地に移転開院したのは1891年明治24年)のことで、病院前には全長数百メートルに及ぶ煉瓦赤れんが)塀が設置された[3]。また、バス停留所の前には推定樹齢500年、周囲が4.7メートル以上で区内最大となる大銀杏があり、渋谷区天然記念物に指定された[3]

1949年昭和24年)以降、皇后が名誉総裁に就任されていることでも知られる[3]

沿革[編集]

Japanese RedCross Medicai Center v.JPG
  • 1886年(明治19年)11月 - 博愛社病院、麹町区飯田町に開院
  • 1887年(明治20年)05月 - 日本赤十字社病院と改称
  • 1890年(明治23年)04月 - 救護看護婦養成所を開設
  • 1891年(明治24年)05月 - 病院と看護婦養成所、飯田町から現在地に新築移転[4]
  • 1922年(大正11年)05月 - 日本赤十字社産院を開設、付属産婆養成所併設
  • 1941年(昭和16年)01月 - 日本赤十字社中央病院と改称
  • 1948年(昭和23年)04月 - 産婆養成所を日本赤十字社助産婦学校と改称
  • 1948年(昭和23年)07月 - 付属乳児院を併設
  • 1972年(昭和47年)11月 - 日本赤十字社産院と日本赤十字社中央病院とを統合、日本赤十字社医療センターとなる
  • 2010年(平成22年)01月 - 新病棟に移転

指定施設[編集]

診療科等[編集]

対応可能な難病・特殊疾患[編集]

交通アクセス[編集]

関連施設[編集]

  • 日本赤十字社助産師学校
  • 日本赤十字社医療センター附属乳児院
  • 日本赤十字広尾訪問看護ステーション
  • 日本赤十字社総合福祉センター

脚注[編集]

  1. ^ ほかの赤十字病院は、日本赤十字社の都道府県支部に所属している
  2. ^ 「堀田坂」 石川悌二 『江戸東京坂道辞典コンパクト版』(新人物往来社) 平成15年9月20日発行
  3. ^ a b c 渋谷区散歩・散策マップ 日赤医療センターから有栖川宮記念公園まで いい東京ee-tokyo.com 平成24年7月18日閲覧
  4. ^ 東京ふる里文庫11 東京にふる里をつくる会編 『渋谷区の歴史』 名著出版 昭和53年9月30日発行 p131

関連項目[編集]

外部リンク[編集]