東京都立多摩総合医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京都立多摩総合医療センター
Tokyo metropolitan Tama synthesis medical center-20100929.jpg
情報
英語名称 Tokyo Metropolitan Tama Medical Center
前身 東京都立府中病院
許可病床数

789床
一般病床:705床
精神病床:36床


結核病床:48床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 東京都
管理者 青木信彦(院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 2010年3月1日
所在地
183-8524
東京都府中市武蔵台二丁目8番地の29
二次医療圏 北多摩南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
エントランス
ヘリコプターによる搬送

東京都立多摩総合医療センター(とうきょうとりつたまそうごういりょうせんたー)は、東京都府中市武蔵台にある東京都設置の医療機関であり、東京ER・多摩でもある。2010年3月1日に、東京都立府中病院より全面移転し名称を変更した。「東京都立小児総合医療センター」が、同建物内に併設されている。

概要[編集]

多摩地域の都立病院として重要な位置付けがされており、東京ERの一つである「東京ER・多摩」を併せ持つ大規模総合病院である。診療内容はほぼすべての領域を網羅しているが、難病と急性期の患者の措置を中心としており[1][2]、救急と地域医師が必要と認めて紹介状を持つ患者を受診している。救急車による搬送数は1万を超える[3]

府中市域の最北西端かつ最高標高地近く、国分寺断崖の上面台地にある武蔵台雑木林に覆われた自然が多い場所に位置する。この地域は、医療機関や研究施設が集積しており、当病院の敷地内には、東京都立神経病院東京都多摩がん検診センター東京都立府中療育センターがあり、隣接地には東京都立武蔵台特別支援学校東京都立府中看護専門学校がある。

東京都の都立病院再編整備の一環で、2010年3月1日に「多摩広域基幹病院」としてかつての東京都立府中病院敷地内の隣接地へ新築・移転した。同じ建物内には東京都立小児総合医療センターも開設され、両病院を合わせて建築面積21,950㎡・述床面積129,715㎡・1,350床という大規模な病院となった。屋上にはヘリポートを有し、地下に免震構造を採用している。施設内外は、喫煙場所を除いて全面禁煙である。屋上やバルコニーは緑化されており、自然環境との調和を考え設計されている[4]

指定医療機関[編集]

診療科目[編集]

院内設備[編集]

東京ER・多摩[編集]

東京都が設置した三次救急施設(緊急度が高い患者を優先する)の一つでもある。 組織的に当院の一部であり、当院の緊急受付・夜間受付的な役割りもはたす。原則的には、救急診療科の医師が初診を行い、専門的治療が必要な場合や救命医療期を脱した後は各科あるいは他の施設において治療を行う。救急患者が多く優先する必要があるため、平均入院日数は少なく長期入院者も少ない。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三本柱は、救急医療・がん医療・周産期医療
  2. ^ 東京都東京ER事業案内「重症・早急な診療が必要な患者を優先」
  3. ^ 多摩総合医療センター 東京ER・多摩(総合)「年間受け入れ救急車台数が、全国で1~2位を争う」 Archive
  4. ^ INAX REPORT No.183 April 2010[Best Equipment]多摩総合医療センター及び小児総合医療センター 粕谷浩司・中田康将

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分31秒 東経139度27分41秒 / 北緯35.691821度 東経139.461391度 / 35.691821; 139.461391