公立昭和病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 公立昭和病院
Showa General Hospital.JPG
情報
英語名称 Showa General Hospital
標榜診療科 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、内分泌・代謝内科、腎臓内科、神経内科、心療内科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、臨床検査科、救急科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科
許可病床数

518床
一般病床:512床


感染症病床:6床
開設者  昭和病院企業団
管理者 上西紀夫(院長)
地方公営企業法 一部適用
所在地
187-8510
東京都小平市花小金井八丁目1番1号
位置 北緯35度43分53秒 東経139度30分12秒 / 北緯35.73139度 東経139.50333度 / 35.73139; 139.50333
二次医療圏 北多摩北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

公立昭和病院(こうりつしょうわびょういん)は、東京都小平市にある医療機関小金井市、小平市、東村山市東久留米市清瀬市東大和市武蔵村山市および西東京市の、東京都多摩地域の8市で構成される一部事務組合「昭和病院企業団」が運営する病院である。標榜診療科は全21科。西武新宿線花小金井駅小平駅の間の線路沿いに位置する。地域医療支援病院の承認及び救命救急センター地域がん診療連携拠点病院の指定を受ける。

沿革[ソースを編集]

  • 1928年3月 北多摩郡昭和病院組合設立。
  • 1929年3月 伝染病予防法に基く伝染病院として業務開始。
  • 1963年1月 一般病棟を開設。
  • 1972年12月 公立昭和病院に名称変更。
  • 1975年1月 総合病院として承認され、現在に至る。
  • 2012年10月 住居表示実施により所在地名が小平市天神町二丁目450番地から同市花小金井八丁目1番1号に変更される。
  • 2014年8月 地方公営企業法の一部適用から全適用に変更となり、設置者名も昭和病院組合から「昭和病院企業団」に改称される[1]

診療科[ソースを編集]

内科系
外科系
各センター
  • 救命救急センター
  • 健康管理センター
  • 透析室(腎センター)
  • NICU・GCU(未熟児センター)
中央診療部門

医療機関の指定等[ソースを編集]

公共交通機関によるアクセス[ソースを編集]

  • JR中央線国分寺駅」北口、及び西武新宿線花小金井駅」北口より立川バス寺51系統ほか「昭和病院」「昭和病院前」「大沼団地」行きで「昭和病院」若しくは「昭和病院前」下車(立川バス「昭和病院」行き以外のバスは、病院構内には入らない)
  • 西武新宿線・拝島線小平駅」南口より西武バス武17系統「武蔵小金井駅」で「昭和病院」下車(回数少)
  • JR中央線「武蔵小金井駅」北口より西武バス武17系統「小平駅南口」行きで「昭和病院」下車(回数少)
  • 都営バス梅70系統(青梅車庫 - 河辺駅入口 - 箱根ケ崎駅(西口) - 東大和市駅 - 青梅街道駅 - 新小平駅 - 花小金井駅北口線)で、「昭和病院」下車
    箱根ケ崎駅経由便は大変少なく、平日・月曜 - 金曜しか経由・停車しないので、駅西口から旧青梅街道まで徒歩3 - 5分の所にある「箱根ヶ崎三丁目」バス停利用が、実用的である
  • 西武池袋線東久留米駅」西口より西武バス武21系統「西団地・花小金井駅入口経由武蔵小金井駅」行きで「昭和病院北入口」下車、徒歩
  • 西武池袋線「東久留米駅」西口より西武バス武31系統「昭和病院」行きで、終点「昭和病院」下車(回数少、平日・月曜 - 金曜しか運行されない)
  • 西武新宿線「小平駅」北口より徒歩2 - 3分の所にある小平市コミュニティタクシー「大沼ルート」の「小平駅入口」乗降場(小平駅前郵便局の奥)より乗車。「昭和病院」下車(病院構内に入る)

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 公立昭和病院の経営形態の見直しについて - 公立昭和病院 2014年04月04日

外部リンク[ソースを編集]