小平駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小平駅
南口(2011年8月)
南口(2011年8月)
こだいら
Kodaira
所在地 東京都小平市美園町一丁目34-1
駅番号 SS 19
所属事業者 西武鉄道
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
39,461人/日
-2017年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月16日
乗入路線 2 路線
所属路線 新宿線
キロ程 22.6km(西武新宿起点)
SS18 花小金井 (2.7km)
(2.0km) 久米川 SS20
所属路線 拝島線
キロ程 0.0km(小平起点)
(1.1km) 萩山 SS30
テンプレートを表示
北口(2006年12月)
北口(2006年12月)
改札口(2011年8月)
改札口(2011年8月)

小平駅(こだいらえき)は東京都小平市美園町一丁目にある、西武鉄道である。駅番号はSS19

新宿線拝島線が乗り入れている。拝島線は当駅が起点であるが、拝島線からは新宿線西武新宿駅方面へ直通する列車が多数運行されている。

以前は隣の萩山駅で拝島線と交差する多摩湖線西武遊園地駅方面からの列車の大多数も、拝島線を経由して当駅まで乗り入れていた。2013年3月16日のダイヤ改正により当駅からの多摩湖線直通列車は大幅に削減されたが、車内放送での乗り換え案内はされている。(詳細は後述)

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線の地上駅で、橋上駅舎を有する。西武新宿側の上下線間に8両編成まで対応する引き上げ線があり、所沢・拝島側で新宿線と拝島線の線路は平面交差している。その北側には拝島線上り線から下り線への片渡り線もあり、早朝深夜の当駅発着の10両編成の電車がここを通過して1番ホームへ直接進入する。2011年現在のダイヤでは、下り本川越方面電車と拝島方面電車は主に当駅で接続する。上り本線電車と拝島線からの電車は当駅または田無駅で接続する。

2006年(平成18年)12月、下り線ホームに待合室が設置された。

各ホームと改札コンコースとの間は、階段のほかエレベーターエスカレーターにより連絡している。このほか、南口・北口地上部と改札階を連絡するエレベーターも設置されている。

トイレは改札内コンコース部に立地し、多機能トイレを併設する。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先 備考
1 SS 拝島線 - 萩山拝島西武遊園地方面
2 SS 新宿線 下り 所沢本川越方面
3・4 上り 高田馬場西武新宿方面 拝島線方面からの電車(3番線)
本川越方面からの電車(4番線)
  • 当駅で乗務員を交代することが多い。
  • 奇数番線に拝島線方面に出入りする列車が、偶数番線に新宿線本川越方面へ出入りする列車が発着し、当駅で終日所沢・本川越方面の電車と拝島方面の電車が相互接続を行う。なお、拝島線からの当駅止まりの列車は原則3番線に到着し回送となる。
  • 2013年3月16日実施のダイヤ改正で、多摩湖線のワンマン運転区間が拡大し、当駅に発着する多摩湖線の列車は平日・土休日ダイヤ共に折り返しが西武新宿発着の列車のみに限られる。この為、上記の列車以外で当駅から八坂・西武遊園地方面へ向かう場合は、1駅先の萩山駅で乗り換えが必要になる。
  • 「拝島ライナー」は当駅から先の拝島方面が乗車券のみで利用可となり、全てのドアが開く。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗降人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降人員[* 1][* 2]
年度 1日平均
乗降人員
増加率
1997年(平成09年) 35,582
1998年(平成10年) 35,213 −1.0%
1999年(平成11年) 35,178 −0.1%
2000年(平成12年) 35,171 −0.0%
2001年(平成13年) 35,371 0.6%
2002年(平成14年) 35,417 0.1%
2003年(平成15年) 36,305 2.5%
2004年(平成16年) 36,261 −0.1%
2005年(平成17年) 36,032 −0.6%
2006年(平成18年) 35,973 −0.2%
2007年(平成19年) 37,308 3.7%
2008年(平成20年) 38,128 2.2%
2009年(平成21年) 37,879 −0.7%
2010年(平成22年) 37,344 −1.4%
2011年(平成23年) 36,533 −2.2%
2012年(平成24年) 37,164 1.7%
2013年(平成25年) 37,951 2.1%
2014年(平成26年) 37,839 −0.3%
2015年(平成27年) 38,405 1.5%
2016年(平成28年) 38,898 1.3%
2017年(平成29年) 39,461 1.4%

近年の1日平均乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[* 3]
年度 新宿線 拝島線 出典
1992年(平成04年) 14,378 2,852 [東京都統計 1]
1993年(平成05年) 14,142 2,926 [東京都統計 2]
1994年(平成06年) 14,400 3,027 [東京都統計 3]
1995年(平成07年) 14,642 3,085 [東京都統計 4]
1996年(平成08年) 14,551 3,164 [東京都統計 5]
1997年(平成09年) 14,414 3,345 [東京都統計 6]
1998年(平成10年) 14,132 3,405 [東京都統計 7]
1999年(平成11年) 14,115 3,413 [東京都統計 8]
2000年(平成12年) 14,058 3,458 [東京都統計 9]
2001年(平成13年) 14,195 3,370 [東京都統計 10]
2002年(平成14年) 14,208 3,364 [東京都統計 11]
2003年(平成15年) 14,470 3,626 [東京都統計 12]
2004年(平成16年) 14,444 3,671 [東京都統計 13]
2005年(平成17年) 14,255 3,756 [東京都統計 14]
2006年(平成18年) 14,238 3,707 [東京都統計 15]
2007年(平成19年) 14,601 4,049 [東京都統計 16]
2008年(平成20年) 14,827 4,258 [東京都統計 17]
2009年(平成21年) 14,707 4,263 [東京都統計 18]
2010年(平成22年) 14,370 4,373 [東京都統計 19]
2011年(平成23年) 14,057 4,287 [東京都統計 20]
2012年(平成24年) 14,271 4,378 [東京都統計 21]
2013年(平成25年) 14,666 4,405 [東京都統計 22]
2014年(平成26年) 14,633 4,378 [東京都統計 23]
2015年(平成27年) 14,869 4,418 [東京都統計 24]
2016年(平成28年) 15,055 4,471 [東京都統計 25]

駅周辺[編集]

ルネこだいら
ルネこだいら
小平霊園
小平霊園

小平市の代表駅であり、主に南口側に商業施設が多く立地する。市役所など官公庁施設の多くは1.2km離れた多摩湖線青梅街道駅周辺に集積している。また駅も市域の北西端に位置し、100mほど西側に東村山市との市境がある。

南口[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線新小平駅は、小平駅からではなく青梅街道駅からの徒歩連絡となる。下記の路線バスでも新小平駅まで行くことも可能である[3]

北口[編集]

駅北口周辺は道幅が狭いうえに人通りが多い。そのため、駅北口ロータリーの設置が計画され、さらにそこから東京街道と交差し、東京都道5号新宿青梅線新青梅街道柳窪交差点付近まで道路を敷設する市道小平3・4・19号線が小平市の第三次事業計画による優先整備路線に選定され、住民に対するアンケート調査を実施している[要出典]

バス路線[編集]

駅南口ロータリーに小平駅南口西武バス銀河鉄道)、小平駅前東京都交通局(都営バス))停留所があり、以下の路線が乗り入れ、都営バス、西武バス、銀河鉄道により運行されている。

コミュニティタクシー[編集]

駅北口・小平駅前郵便局奥に、小平市コミュニティタクシー『ぶるべー号』の「小平駅入口」という名の乗降場を設けている。なお、古くから駅南口・青梅街道付近に存在している路線・コミュニティバス「小平駅入口」バス停とは全く異なる場所に存在する「同一名称の、全く異なる地点の公共交通機関の乗降場」であるので、注意が必要である[6]

  • 小平市コミュニティタクシー「ぶるべー号」:大沼ルート 昭和病院、他方面

隣の駅[編集]

SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
SS 新宿線
通勤急行
通過
急行・準急・各駅停車
花小金井駅 (SS18) - 小平駅 (SS19) - 久米川駅 (SS20)
  • なおかつては、花小金井駅との間に東小平駅が存在した。
SS 拝島線
拝島ライナー(下りのみ運転、当駅から先の拝島線内は各駅に停車かつ指定券不要)
高田馬場駅(新宿線)(SS02) → 小平駅 (SS19)萩山駅 (SS30)
急行・準急・各駅停車(拝島線内はいずれも各駅に停車)
花小金井駅(新宿線)(SS18) - 小平駅 (SS19) - 萩山駅 (SS30)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市史編さんこぼれ話No.10 多摩湖線 本小平駅のなりたち/東京都小平市
  2. ^ a b c 『写真で見る西武鉄道100年』ネコ・パブリッシング、2013年、236頁
  3. ^ 西武バスの小平営業所行もしくは都営バスの青梅車庫行。ただし前者は出入庫便のため運行間隔にばらつきがあり、後者はもともとの本数が少ないため利用時は注意が必要。
  4. ^ 特急レッドアロー号の一部が小平駅に臨時停車します! (pdf)”. 西武鉄道 (2018年2月14日). 2018年6月12日閲覧。
  5. ^ 特急レッドアロー号の一部が小平駅に臨時停車します! (pdf)”. 西武鉄道 (2017年8月22日). 2018年6月12日閲覧。
  6. ^ ぶるべー号大沼ルート「小平駅入口」への道案内”. 小平市 (2014年9月1日). 2017年6月1日閲覧。

出典[編集]

私鉄の1日平均利用客数
私鉄の統計データ
  1. ^ 小平市統計書 - 小平市
  2. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  3. ^ 東京都統計年鑑
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]