レッドアロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代「レッドアロー」5000系(1993年)
2代目「ニューレッドアロー」10000系(2008年)
10000系の車体側面に描かれている「NEW RED ARROW」のロゴ

レッドアロー (Red Arrow) は、西武鉄道の運行する特急列車の愛称、および同社の特急列車で使用される車両の愛称である。

最初にその名を冠されたのは5000系電車であり、その後継である10000系電車特急形車両にもこの愛称は継承されている。

なお、各路線ごとの車内設備、列車の停車駅、詳細な沿革などはそれぞれの項目を参照。

名称[編集]

「レッドアロー」の名称は、日本では西武鉄道の登録商標(日本第4808020号)であるため、他の鉄道事業者は使用することができない。

「ちちぶ」「むさし」「小江戸」の列車名は設定されているが、駅の案内やウェブサイトでは「特急レッドアロー(号)」と称している場合が多い。

乗車券[編集]

全列車が座席指定席制であり、特急券を別途購入して利用する。なお、PASMO利用者や定期券所持者でも特急券を購入すれば利用可能である。

特急券は、沿線の主要駅の窓口、停車駅に設置される特急券専用自動券売機JTBグループの店舗(取り扱いのない店舗あり)などで発売している[1]。また、特急券のインターネット予約サービスも実施しており、予約した特急券を西武線各駅に設置されているタッチパネル式自動券売機(小竹向原駅を除く)で購入することが可能である。かつてはプッシュホンによる予約サービスも実施していた。

2013年(平成25年)6月9日からは、チケットレスサービス「Smooz」が開始された[2]。これは、スマートフォン、携帯電話、パソコンからインターネットを利用して、登録したクレジットカードで「特急ポイント」を積み立てて「ネット特急券」を購入し、乗車できるサービスである。これに伴い、特急電車に乗務する車掌には専用の端末が支給され車内改札を簡略化したことで、乗客と車掌、双方の負担が軽減された。

列車名および主な運行区間[編集]

レッドアローは池袋線・西武秩父線系統の列車と、新宿線の「小江戸」に系統が分離されており、定期列車としては両線間の直通は実施されていない。

池袋線・西武秩父線[編集]

ちちぶ
1969年 – 。池袋駅 - 西武秩父駅
むさし
1973年 – 。池袋駅 - 飯能駅
1976年から1993年までは、西武新宿駅 - 所沢駅・本川越駅間で運行される特急も「むさし」と称していた。
高麗巾着田の曼珠沙華開花時期や秩父夜祭などの際は、「むさし」の名称のまま西武秩父駅まで延長運転される場合がある。
ドーム(スタジアムエクスプレス、ローズエクスプレス)
池袋駅 - 西武球場前駅狭山線
メットライフドームでのプロ野球開催日、大型連休、夏休み期間、「国際バラとガーデニングショウ」開催時のみ運行。
「国際バラとガーデニングショウ」開催時に運行される場合には練馬駅にも停車する。

新宿線[編集]

小江戸
1993年 –。西武新宿駅 - 本川越駅

過去の列車名および運行線区[編集]

こぶし
1969年 – 1973年。池袋駅→西武秩父駅
休前日の夜間に運転されていた。池袋駅発のみ設定。終着の西武秩父駅到着は深夜となっていたため、夜行列車に分類されている場合もある。なお、西武鉄道の夜行列車は臨時列車に限り2015年に再開している(夜行臨時特急の記述を参照)。
おくちちぶ
1976年 – 1993年。西武新宿駅 - (所沢駅) - 西武秩父駅。
休日運転。「小江戸」の運転開始と同時に廃止。その後2014年より期日限定で同じルートの臨時列車として運行されている。
1993年 – 1998年。池袋駅 - 西武秩父駅。
土曜・休日運転。「ちちぶ」とは停車駅パターンが異なり、入間市駅を通過し、芦ヶ久保駅横瀬駅に停車していた。

臨時列車[編集]

「MISATO TRAIN」特製ヘッドマーク(1994年)
「MISATO TRAIN」
特製ヘッドマーク(1994年)
レッドアロークラシック
MISATO TRAIN
1986年 – 2005年。
かつて渡辺美里が恒例としていた西武ライオンズ球場(現・西武プリンスドーム)でのスタジアムライブの観客輸送を兼ねた臨時特別列車。年度ごとに特製ヘッドマークを掲出し、池袋駅 - 西武球場前駅間をノンストップで運行した。1994年までは5000系を、以降は10000系を充当した。なお、2001年から2003年までは「臨時」表示で運行していた。
小さな旅
1980年代頃から不定期に運転されている団体専用臨時列車。ニッポン放送制作で、西武鉄道提供の同名のミニ番組に因む。
お召し列車
1993年5月12日、天皇皇后秩父地方行幸啓する際に運行し、5000系5507編成を充当した。このときの座席は武蔵丘車両検修場に保存されている。
2007年3月28日、天皇・皇后と来日中のスウェーデン国王王妃一行が埼玉県川越市を視察する際に運行し、10000系10108編成を充当した。
レッドアロークラシック
2011年 –。
10000系10105編成の車体塗装を5000系とほぼ同じカラーリングに塗装し、再現した[3]。側面には「RED ARROW CLASSIC」のロゴが飾られている。2011年11月27日に臨時特急列車として池袋駅 - 西武秩父駅間を1往復運行した。同年11月28日から定期特急列車の運行に充当されている。
電車フェスタ号
池袋駅 - 武蔵丘車両検修場
同検修場の一般公開イベント開催時に臨時列車として運転。2004年から2010年までの開催時に運転していた(イベント自体は2002年から毎年開催)。2005年のみ西武新宿駅 - 武蔵丘車両検修場間の列車も運行されていた。また運転に際しては全区間均一料金制がとられた。
拝島線臨時特急
2011年 –。
前述の「レッドアロークラシック」運行記念として、2011年12月12日–12月18日まで西武新宿駅→拝島駅間の臨時特急列車を夜間に片道1本運行した[4]。なお、拝島線で特急列車が運行されるのはこれが初めてである。途中停車駅は高田馬場駅(乗車のみ)、田無駅小平駅玉川上水駅(いずれも降車のみ)。なお、新宿線内の田無・小平両駅も通常は特急停車駅ではない。
2012年は「西武鉄道創立100周年記念」として8月24日から8月30日までと12月10日から12月16日までに運転された。この時には田無駅の代わりに東大和市駅に停車(降車のみ)。この運転では全区間均一料金の号車指定制が採られ、また12月の運転では土曜休日の運転時間が繰り上げられた。[5]
2013年は12月12日・13日・19日・20日に運転された。2012年と停車駅は変わらないが、途中駅からでも乗車できるようになった[6]
2014年は9月16日から26日までの平日と12月11日から26日までの木.金曜に運転された。この運転では田無駅も追加停車した。
西武トレインフェスティバルの臨時特急
2014年11月8日に「西武トレインフェスティバル2014in横瀬」の開催を記念して本川越駅→西武秩父駅間で運転された臨時特急。本川越駅からの池袋線直通特急はこれが初めてである。2015年も運転されたが、この年は西武新宿からの運転となった。
臨時夜行特急
2015年より、ツアー乗客限定の列車として池袋駅→西武秩父駅間の夜行列車を運行。
  • 2015年8月25日と同27日の深夜(正確には同26日と同28日のいずれも午前0時26分)より運転を開始した[7]。この臨時夜行特急では、サッポロビールと提携して、ヱビスビールおよびサッポロ黒ラベルの2種類の缶ビールが飲み放題形式で提供されている[8]。以後も年間に数回運転され、11月6日と28日に実施している[9]
  • 2016年は4月29日に運転を実施し[10]、8月10日と同20日にも運転を実施[11]
  • 2017年は1月30日・3月17日・4月21日・10月27日に運行されるほか[12]、同様の企画として5月26日・11月10日には通勤型の40000系を用いて元町・中華街駅を起点に西武秩父駅まで運行[13][14][15]

車両[編集]

かつて設置されていた公衆電話

座席指定列車であるため、特急形車両以外での運転はない。

  • 1969年 – 1995年:05000系電車「レッドアロー」
  • 1993年 – 0000年:10000系電車「ニューレッドアロー」

車内サービスとして、1号車と7号車にはそれぞれトイレ(1号車は洋式、7号車は和式)、男性用トイレ(小便用)、清涼飲料水自動販売機がある。1号車にはかつて公衆電話(飯能~西武秩父間使用不可)があったが、NTTドコモmovaサービス終了に伴い2012年3月31日に廃止された。

駅施設[編集]

池袋駅・飯能駅・本川越駅 ・ 西武秩父駅および入間市駅の下りホームには、「レッドアロー」専用のプラットホームがある。このうち、西武秩父駅のそれは1973年に追加で設置したものである。

沿革[編集]

  • 1969年昭和44年)10月14日:西武秩父線の開業と同時に「ちちぶ」「こぶし」として運行開始。
  • 1973年(昭和48年)00月00日:池袋線で「むさし」運行開始。同時に「こぶし」廃止。
  • 1976年(昭和51年)00月00日:西武新宿駅 - 西武秩父駅間の「おくちちぶ」と西武新宿駅 - 所沢駅間の「むさし」が運行開始。
  • 1986年(昭和61年)00月00日:新宿線の「むさし」下り列車が本川越駅まで延長運転。狭山市駅が停車駅になる。
  • 1988年(昭和63年)00月00日:1編成6両中2両に禁煙車を設定。
  • 1993年平成05年)05月12日:5000系5507編成が池袋 - 西武秩父間でお召し列車として運行。
  • 1993年(平成05年)12月06日:「ニューレッドアロー」10000系が登場し、新宿線「小江戸」を運行開始。新宿線の「おくちちぶ」「むさし」が廃止され、池袋駅 - 西武秩父駅間の「おくちちぶ」を運行開始。なお、10000系では4号車以外の全車が禁煙車とされる。
  • 1995年(平成07年)00月00日:池袋線・西武秩父線系統で運用されていた5000系を10000系に置き換え完了。5000系のさよなら運転が実施される。
  • 2003年(平成15年)00月00日:旅行代理店での特急券販売開始。
  • 2004年(平成16年)00月00日:武蔵丘車両検修場の一般公開イベント開催に合わせて「電車フェスタ号」を運行。以後2010年まで同イベントの開催に合わせて運行される。
  • 2006年(平成18年)09月01日:プッシュホン予約サービスを終了。同時に特急券発売駅の見直しが実施される。
  • 2006年(平成18年)10月01日:喫煙車を廃止し、全席禁煙となる。
  • 2007年(平成19年)03月06日ダイヤ改正でそれまで「スタジアムエクスプレス」「ローズエクスプレス」として運行されていた西武球場前駅行き臨時特急が「ドーム」の統一愛称となる。最初の運行は同年3月24日
  • 2007年(平成19年)03月28日:10108編成が西武新宿駅 - 本川越駅間で西武鉄道2回目のお召し列車として運行される。
  • 2007年(平成19年)05月08日:「ちちぶ」「むさし」「ドーム」「小江戸」のインターネットによる予約サービス開始。
  • 2011年(平成23年)11月27日:10000系10105編成に5000系の車体塗装色を再現した「レッドアロークラシック」の運行を開始。池袋駅 - 西武秩父駅間を途中客扱い停車なしの記念臨時列車が運行される[3][16]
  • 2011年(平成23年)12月12日18日:「レッドアロークラシック」運行記念として、西武新宿駅→拝島駅まで臨時特急列車を運行。
  • 2012年(平成24年)03月31日NTTドコモmovaサービス終了に伴い、車内の公衆電話サービスを終了。
  • 2013年(平成25年)03月16日:ダイヤ改正に伴い、「小江戸」の停車駅に東村山駅を追加。
  • 2013年(平成25年)06月09日:チケットレスサービス「Smooz」を開始。
  • 2016年(平成28年)3月14日:2018年(平成30年)に、新たな特急車両を運行することを発表。8両編成7本を製造する予定。

横浜方面乗り入れ構想[編集]

西武鉄道が通勤用車両を使用して「Fライナー」などの一般列車の相互直通運転を行っている東京メトロ副都心線東急東横線横浜高速鉄道みなとみらい線西武有楽町線経由で特急車両を通し、横浜方面へレッドアローを運行する構想がある。

2009年にネコ・パブリッシングより発行された子供向けの鉄道書籍「西武だいすき」P19での子供からの質問に応答する記事の中において、当時西武鉄道の社長であった後藤高志は「将来、西武池袋線方面から東京メトロ副都心線を経由して東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線の横浜、元町・中華街方面に直通する有料特急を走らせたい」と、レッドアローの今後の他社線直通を実施したいとの意向を回答した。

2014年3月17日付の朝日新聞では、横浜方面から飯能・秩父方面への観光需要の喚起を目的として、レッドアローの元町・中華街への乗り入れの検討を始めることが発表された[17]

乗り入れ先となる事業者のうち東京地下鉄では千代田線で有料特急を運転しているが、東急と横浜高速鉄道は有料特急を設定しておらず特急料金の制度もないため、料金制度を改訂する必要が生じる。また車両面では地下鉄対応車両でないと走行できない区間が含まれるが、現行の10000系は地下鉄対応車両になっていない[18]

その後、2016年にデュアルシートを装備した通勤形車両の40000系を使用した有料の座席指定列車「S-TRAIN」が、2017年3月25日より東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線に乗り入れている[19][20]

なお、有料特急列車を設定していない他社線にそれを乗り入れる構想のある大手私鉄は他にも近畿日本鉄道同社の特急阪神山陽電気鉄道への[21]京成電鉄スカイライナー都営地下鉄浅草線京急への乗り入れ構想がそれぞれ存在する。

レッドアローを扱った作品[編集]

関連書籍[編集]

  • 「レッドアローとスターハウス―もうひとつの戦後思想史」原武史著 新潮社・新潮文庫

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武鉄道公式サイト「特急券予約・購入のご案内」による。なお、JTBは持株会社であることから、JTB地域会社店舗JTBトラベランドでの発売となる。
  2. ^ 〜 6月9日(日)からサービス開始!特急レッドアロー号チケットレスサービス「Smooz」 (PDF) - 西武鉄道ニュースリリース 2013年5月31日
  3. ^ a b あのころの、君を乗せて走る…。11月27日 (日) 「レッドアロークラシック」運行開始! (PDF) - 西武鉄道ニュースリリース 2011年10月27日
  4. ^ 〜「レッドアロークラシック」運行記念〜拝島線に臨時特急電車を運転します! (PDF) - 西武鉄道ニュースリリース 2011年11月27日
  5. ^ 拝島線に臨時特急電車を運転します! (PDF) - 西武鉄道ニュースリリース 2012年7月25日
  6. ^ 夜間時間帯に池袋線・新宿線・拝島線で臨時電車を増発します! (PDF) - 西武鉄道ニュースリリース 2013年11月1日
  7. ^ 西武、夜行列車を運行 私鉄では特にレア - 乗りものニュース 2015年6月16日発信
  8. ^ 走行77kmの夜行列車 その目的は 西武 - 乗りものニュース 2015年8月26日発信
  9. ^ 雲海鑑賞を目指す西武鉄道の夜行特急ツアーに乗ってみた - 鉄道新聞 2015年11月7日発信
  10. ^ 秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!「ヱビスビール&黒ラベル飲み比べ 夜行特急で行く秩父絶景ツアー」を催行! - 西武鉄道公式ホームページ 2016年2月24日発信
  11. ^ 秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!「夜行特急で行く秩父絶景ツアー」の募集開始 - 西武鉄道公式ホームページ 2016年6月15日発信
  12. ^ 夜行特急ツアー、今春も実施 星空と雲海目指し秩父へ 観光付きコースも 西武 - 乗りものニュース(2017年2月2日)
  13. ^ 西武鉄道新型通勤車両40000系使用 秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!「元町・中華街駅発の夜行列車で行く秩父絶景ツアー」初開催! - 西武鉄道公式ホームページ 2017年4月25日発信
  14. ^ 【夜空&雲海が美しい】ラブグラフが密着撮影!西武鉄道が5月26日に「元町・中華街駅発の夜行列車で行く秩父絶景ツアー」を開催。 - ラブグラフ(PRTIMES 2017年5月29日)
  15. ^ 西武鉄道、「夜行列車で行く 秩父絶景ツアー」の募集を開始 - 鉄道新聞
  16. ^ 「レッドアロークラシック」運転開始 - 『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース(交友社) 2011年11月28日
  17. ^ 埼玉)西武鉄道、レッドアロー号横浜直通を検討(朝日新聞埼玉版 2014年3月17日発信)
  18. ^ 杉山淳一の時事日想:横浜発~秩父行き「メトロレッドアロー号」は実現するか - ITmediaビジネスONLINE
  19. ^ 2017年春 座席指定制の直通列車を導入します! (PDF) - 西武鉄道・東京地下鉄・東京急行電鉄・横浜高速鉄道プレスリリース、2016年6月16日、同日閲覧。
  20. ^ 2017年3月25日(土)から「S-TRAIN」運行開始!”. 西武鉄道 (2017年1月10日). 2017年2月7日閲覧。
  21. ^ その後、2014年3月から団体専用列車で阪神電気鉄道への乗り入れを開始している

外部リンク[編集]