沼袋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沼袋駅
北口
北口
ぬまぶくろ - Numabukuro
SS05 新井薬師前 (0.9km)
(1.0km) 野方 SS07
所在地 東京都中野区沼袋一丁目35-1
駅番号 SS 06
所属事業者 SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
所属路線 SS 新宿線
キロ程 6.1km(西武新宿起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線(通過線:2線)
乗降人員
-統計年度-
19,724人/日
-2014年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月16日
備考 ホーム有効長は8両編成分
南口
構内

沼袋駅(ぬまぶくろえき)は、東京都中野区沼袋一丁目にある西武鉄道新宿線である。駅番号はSS06[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

外側の待避線2線に相対式ホームを2面有する地上駅本線である内側2線にホームはない。一日を通して上下線とも優等列車を待避するため2 - 4分程度停車することがあり、退避のない各停に関しては駅で通過待ちがなくすぐ発車する旨が放送される。ホーム有効長は8両編成分である。

駅舎は下りホーム側が南口、上りホーム側が北口である[4]。ともに初電から終電まで利用できる。1999年(平成11年)までは北口のみで、南口の営業時間は2010年(平成22年)3月30日までは7:00 - 22:00であった。ホーム間は跨線橋により連絡しており、下りホーム側にはエスカレーターが設置されている[4]

トイレは北口駅舎の改札内にあり、ユニバーサルデザインとしての多機能トイレを併設している[4]。また、北口駅前広場には中野区設置の公衆トイレがあったが2014年5月に取り壊された。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 SS 新宿線 上り 高田馬場西武新宿方面
2 下り 所沢本川越拝島方面

駅の改築[編集]

1983年(昭和58年)6月以前は、現在の下り通過線付近に島式ホームが立地し、内側2線が待避線、外側2線が通過線となっていた。西武新宿駅側には急カーブがあるため、もっともカーブのきつくなる下り通過線は、かなりの低速運転を強いられていた。[5] しかし、従来6両編成(一部4両編成)で運行されていた各駅停車ラッシュ時を中心に8両編成での運行へ輸送力を増強する際、当駅でもホーム有効長を8両編成分にすることとしたが、ホームの両端に分岐器があり、単にホームを延伸するだけの工事では対応できなかったため、手狭になった駅本屋の改築と同時に、駅の構造を全て変える大がかりな工事を行うことになった。

  • まず、上り通過線(現1番ホーム用の線路)北側の空いていたスペースに有効長6両編成分のホームを建設した。この時から仮駅舎での営業となった。
  • 次に、下り通過線を一旦閉鎖し、その場所を2番ホームの用地に充てた。復旧するまで下り列車の待避駅は中井駅、または鷺ノ宮駅に変更された。
  • 新しいホームと跨線橋の完成後、上り列車は通過線と待避線を入れ換えた。そして旧ホームと跨線橋を取り壊して更地にしたあと、下り通過線の建設が開始された。

ホームの延伸に伴い、野方寄りの分岐器の位置も、駅前交番の踏切の東側から西側へ移設された。当初の予定では2番ホーム側にも駅舎が設置される予定だったが、諸般の事情で前述の1999年(平成11年)まで延期された。

連続立体交差化計画[編集]

中井 - 野方間約 2.4 km連続立体交差事業の計画が発表され、当駅はその区間に含まれている[6]。2010年2月1日と2月2日に開催された都市計画素案説明会にて、この区間の地下化と当駅を島式ホーム2面4線の形態(有効長:170m)とすることを計画していることが発表された[6]

これに伴い、当駅はほぼ現在の真下、地下約18~19 m、幅約28~36 mのトンネル内に移転する。西武鉄道はこの事業に2014年(平成26年)に着手し、2020年度(平成32年度)までの完成を目指している。[7]

なお、説明会では「今のところ優等列車を停車させる予定はない」と西武鉄道より発表された。

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗降人員19,724人である[8]。西武鉄道の駅では第52位。

近年の1日平均乗降人員・乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[9]
年度 1日平均
乗降人員[10]
1日平均
乗車人員[11]
1990年(平成02年) 13,614
1991年(平成03年) 13,683
1992年(平成04年) 13,255
1993年(平成05年) 12,732
1994年(平成06年) 12,137
1995年(平成07年) 11,702
1996年(平成08年) 11,605
1997年(平成09年) 11,373
1998年(平成10年) 10,904
1999年(平成11年) 10,615
2000年(平成12年) 10,436
2001年(平成13年) 20,641 10,394
2002年(平成14年) 20,114 10,147
2003年(平成15年) 19,908 10,033
2004年(平成16年) 19,600 9,882
2005年(平成17年) 19,583 9,893
2006年(平成18年) 19,789 10,008
2007年(平成19年) 20,227 10,246
2008年(平成20年) 20,446 10,367
2009年(平成21年) 20,027 10,134
2010年(平成22年) 19,465 9,858
2011年(平成23年) 19,068 9,641
2012年(平成24年) 19,632 9,885
2013年(平成25年) 19,720
2014年(平成26年) 19,724

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

北口改札を出た正面に「沼袋駅」停留所がある。

隣接する道路が一方通行のため、バス路線も一方向のみである。このため、逆方向の練馬駅方面行は、当駅と新井薬師前駅とのほぼ中間で交差する中野通りを経由している。

隣の駅[編集]

SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
SS 新宿線
通勤急行・急行・準急
通過
各駅停車
新井薬師前駅 (SS05) - 沼袋駅 (SS06) - 野方駅 (SS07)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武線全駅で駅ナンバリングを導入します - 西武鉄道、2012年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c 『写真で見る西武鉄道100年』(ネコ・パブリッシング)93ページ
  3. ^ 『会社要覧』西武鉄道株式会社、1999年、100-103頁
  4. ^ a b c 沼袋駅 駅構内マップ - 西武鉄道
  5. ^ 退避列車がない場合、線形が良い待避線を通過する場合があった。
  6. ^ a b 西武鉄道新宿線(中井駅 - 野方駅間)連続立体交差化計画について (PDF) - 中野区役所
  7. ^ 西武鉄道かわら版 2014.3-西武鉄道
  8. ^ 駅別乗降人員(2014年度1日平均) (PDF) - 西武鉄道
  9. ^ 中野区統計書
  10. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  11. ^ 東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]