豊多摩刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旧豊多摩刑務所
旧豊多摩刑務所表門

豊多摩刑務所(とよたまけいむしょ)は、大正昭和を通じて東京府豊多摩郡野方村(現:中野区新井3丁目)に存在した刑務所豊多摩監獄中野刑務所(なかのけいむしょ)と呼ばれた時代もある[1]

概要[編集]

特に1925年(大正14年)の治安維持法制定以後は思想犯が多数収監された。 1941年には治安維持法が改正され、刑期終了後も非転向者を拘禁を可能とする予防拘禁制度が発足。豊多摩刑務所内には拘禁所が設けられ、刑期終了後も拘禁され続ける者もいた[2]

思想犯の全ては1945年10月の連合国軍最高司令官総司令部の命令により釈放されている[3]。当時、府中刑務所に拘禁されていた共産党員の志賀義雄は、豊多摩刑務所には「蝮」と呼ばれる監視部長がいたことを語っている[4]

四万坪に及ぶ跡地は現在、平和の森公園および東京都下水道局中野水再生センターとなっている。研修所敷地内に監獄の表門が保存されており、2021年に旧豊多摩監獄表門として中野区有形文化財となった。

沿革[編集]

著名な収監者[編集]

正門[編集]

唯一現存する正門は司法省技師の後藤慶二による設計で1915年に完成した[6]。後藤は辰野金吾に師事した技師だったが1919年に亡くなったため、現存する唯一の後藤作品となっている[6]。正門は高さ約9m、幅約13m、奥行き約7mで覆輪目地が用いられている[6]

2020年10月、中野区は跡地の購入費を盛り込んだ補正予算案を同年11月開会予定の区議会定例会に提出する事・跡地に残る大正時代の希少なれんが造りの正門の保存方法も含め議論を進めていると伝えられた[1]

2021年6月4日、中野区有形文化財に指定された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “小林多喜二ら政治犯収監「旧中野刑務所」、正門を後世に…区が跡地購入へ”. 讀賣新聞オンライン. (2020年10月9日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20201007-OYT1T50098/ 2020年10月9日閲覧。 
  2. ^ 予防拘禁で非転向左翼を再収用『朝日新聞』(昭和16年5月16日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p466 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  3. ^ 司法省、政治犯の即時釈放を通告(昭和20年10月7日 毎日新聞(東京))『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p317
  4. ^ 徳田ら、看守の暴力を訴える(昭和20年10月8日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p317
  5. ^ 昭和36年1月 中日ニュース No.367_3「脱獄24時間」 (Youtube). 中日映画社. (2015年12月2日). https://www.youtube.com/watch?v=-NM2WU0jOiE 2019年11月19日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 小林多喜二らも収監された旧中野刑務所…唯一現存する正門を曳家で移築へ 区が保存方針転換”. 東京新聞 (2021年2月14日). 2021年2月14日閲覧。

関連項目[編集]