武蔵関駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武蔵関駅
南口駅舎(2016年5月)
南口駅舎(2016年5月)
むさしせき
Musashi-Seki
SS13 上石神井 (1.3km)
(1.2km) 東伏見 SS15
所在地 東京都練馬区関町北二丁目29-1
駅番号 SS 14
所属事業者 SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
所属路線 SS 新宿線
キロ程 14.1km(西武新宿起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
29,559人/日
-2015年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月16日
備考 ホーム有効長は10両編成分
テンプレートを表示
ホーム(2008年6月)
ホーム(2008年6月)
北口駅舎
北口駅舎
Emio武蔵関
Emio武蔵関
東京女子学院中学校・高等学校
東京女子学院中学校・高等学校
毎年12月に開催される関のボロ市(2008年)
毎年12月に開催される関のボロ市(2008年)

武蔵関駅(むさしせきえき)は、東京都練馬区関町北二丁目にある、西武鉄道新宿線である。駅番号はSS14

東京都区部の最西端の駅である。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)4月16日 - 開業。
  • 1966年(昭和41年)- 5月10日島式ホーム1面2線を相対式ホーム2面2線に変更。同年8月28日、橋上駅舎の使用を開始[1]
  • 1978年(昭和53年)12月15日 - 北口を開設[1]。同時に西武武蔵関ステーションビル開業。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - レオカード(後にパスネット)発行機・対応ボタン券売機設置。
  • 1990年平成2年)6月29日 - 西武武蔵関ステーションビル新装[2]
  • 1992年(平成4年)頃 - 自動改札機設置。
  • 1993年(平成5年)頃 - 回数券発行可能マップ式傾斜型券売機設置。
  • 1996年(平成8年)頃 - レオカード(後にパスネット)対応ボタン式傾斜型券売機設置。
  • 1999年(平成11年)頃 - すべての自動改札機をパスネット対応機へ更新。
  • 2000年(平成12年) - すべての券売機をパスネット対応ボタン式傾斜型機化。
  • 2003年(平成15年) - 回数券(・PASMO)発行可能タッチパネル式傾斜型券売機設置。
  • 2004年(平成16年)7月頃 - 2005年(平成17年)3月頃 - バリアフリー対応として、エスカレーター・エレベーターの設置、トイレの移設・新装、改札口有人通路のオープンカウンター化・券売機売り場改修などを施工。ホームの位置も移動している。
  • 2005年(平成17年)頃 - パスネット発行機を撤去しタッチパネル式傾斜型定期券券売機設置。
  • 2012年(平成24年)頃 - すべての券売機をタッチパネル式傾斜型券売機へ更新。同年6月30日のダイヤ改正により昼間時間帯の準急廃止に伴い、優等列車はデータイム通過駅となる。
  • 2014年(平成26年) - すべての自動改札機を更新。
  • 2015年(平成27年)10月1日 - 西武線各駅隣接の駅ビル商業施設の「Emio」ブランド統一に伴い[3]、西武武蔵関ステーションビルからEmio武蔵関へ改称。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅で、橋上駅舎を有する。2012年6月以降は朝晩のみ、準急停車駅であることから、ホーム有効長は10両編成分である[4]

各ホームと改札階、改札階と南口・北口地上部との間を連絡するエレベーターが設置されている。また、各ホームと改札階、改札階と南口地上部を連絡するエスカレーターも設置されている。

トイレは改札内コンコースにある。以前は上りホーム上にあったが、バリアフリー工事の進行に伴い2005年2月に移設し、同時に車椅子などでの利用に対応した多機能トイレも併設された。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 SS 新宿線 下り 所沢本川越拝島方面
2 上り 高田馬場西武新宿方面

(出典:西武鉄道:駅構内図

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員は29,559人であり[5]、西武鉄道全92駅中33位。

近年の1日平均乗降人員・乗車人員の推移は下記の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[6]
年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員[8]
出典
1992年(平成04年) 14,847 [* 1]
1993年(平成05年) 14,800 [* 2]
1994年(平成06年) 14,586 [* 3]
1995年(平成07年) 14,568 [* 4]
1996年(平成08年) 14,729 [* 5]
1997年(平成09年) 14,578 [* 6]
1998年(平成10年) 14,200 [* 7]
1999年(平成11年) 14,107 [* 8]
2000年(平成12年) 14,321 [* 9]
2001年(平成13年) 14,751 [* 10]
2002年(平成14年) 29,322 14,674 [* 11]
2003年(平成15年) 29,280 14,658 [* 12]
2004年(平成16年) 28,650 14,299 [* 13]
2005年(平成17年) 28,613 14,279 [* 14]
2006年(平成18年) 29,041 14,512 [* 15]
2007年(平成19年) 29,109 14,598 [* 16]
2008年(平成20年) 29,122 14,636 [* 17]
2009年(平成21年) 28,859 14,512 [* 18]
2010年(平成22年) 28,091 14,197 [* 19]
2011年(平成23年) 27,864 14,050 [* 20]
2012年(平成24年) 28,477 14,381 [* 21]
2013年(平成25年) 28,803 14,585 [* 22]
2014年(平成26年) 28,792 14,567 [* 23]
2015年(平成27年) 29,559

駅周辺[編集]

駅周辺は閑静な住宅街で、2000年代以降は中・大規模のマンションも建設されている。

北口[編集]

実質的に駅ビルが2棟立地する状態になっている。

南口[編集]

駅構内店舗の詳細は西武プロパティーズ公式サイト「武蔵関駅の店舗情報」を参照。

南口周辺にはアニメーション関連企業が多く存在している。

バス路線[編集]

南口に「武蔵関駅」「武蔵関駅南口」停留所がある。また、当駅の東方約150m・関町庚申通り上に「武蔵関駅入口」停留所がある。

武蔵関駅停留所(関東バス

武蔵関駅南口停留所(みどりバス - 運行受託:西武バス

武蔵関駅入口停留所(西武バス)

隣の駅[編集]

SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
SS 新宿線
通勤急行・急行
通過
準急・各駅停車
上石神井駅 (SS13) - 武蔵関駅 (SS14) - 東伏見駅 (SS15)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『写真で見る西武鉄道100年』(ネコ・パブリッシング)97ページ
  2. ^ 『会社要覧』西武鉄道株式会社、1999年、100-103頁
  3. ^ 西武プロパティーズ』公式ウェブサイト。他にもBIG BOX等。
  4. ^ なお、当駅より田無・本川越・拝島方面の新宿線・拝島線の全駅のホーム有効長は10両編成分である。
  5. ^ 駅別乗降人員(2015年度1日平均) - 西武鉄道
  6. ^ 練馬区統計書 - 練馬区
  7. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  8. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]