銀河鉄道 (バス会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銀河鉄道株式会社
GingaTetsudo G-102.jpg
2008年4月に運行開始した一般路線の車両
種類 株式会社
略称 ぎんてつ
本社所在地 日本の旗 日本
東京都東村山市青葉町2-2-1
設立 1999年11月15日
業種 陸運業
法人番号 1012701004500
事業内容 一般乗合・一般貸切・特定旅客自動車運送事業、一般貨物自動車運送事業、旅行業
代表者 代表取締役 山本宏昭
外部リンク http://www.gintetsu.co.jp/
テンプレートを表示

銀河鉄道株式会社(ぎんがてつどう)は、東京都東村山市に本社を置くバス事業者。社名に「鉄道」とあるが、鉄道事業等の経営はしていない。

概要[編集]

  • 所在地
    • 本社:東京都東村山市青葉町2-2-1
    • 太陽系地球営業所:東村山市久米川町3-22-1[1]
太陽系地球営業所に車庫があり、すべての業務を行っている。最寄バス停は東村山青葉恩多町線「野際通り西」
「ぎんてつ」と書かれた銀河鉄道のバス停。

公益社団法人日本バス協会の会員にはなっていない[3]。交通系IC乗車券PASMOSuicaは利用できない。東京都シルバーパスの利用対象にもなっていない[4]

また鉄道不通時の代行輸送に関しては、西武鉄道JR東日本との間で代行輸送契約に至っていないため行えないとする見解を2012年11月に出している[5]

沿革[編集]

1999年11月15日設立。社名は設立年と銀河鉄道999を掛け合わせたものという[6]

社長は幼少の頃からのバスファンであり、1986年には大型二種免許を取得し、新車陸送などのアルバイトを行なう。大学卒業後は家業である酒店の手伝いをしていたが、1988年に中古バスを購入した頃から、バス会社設立の夢を持ちはじめたという[7]

2000年4月1日より特定輸送事業・貨物運送事業(霊柩限定)で営業を開始。当初は社長の知人が経営する斎場の利用者の輸送を行なっていた[6]

2001年4月26日より東村山市コミュニティバスの運行プラン策定事業者に選定され、同社の提案が運行計画で採用される。2003年1月23日より東村山市コミュニティバス「グリーンバス」受託開始(西武バス小平営業所と共同運行)。

2006年道路運送法改正により、貸切免許によるコミュニティバスの運行が出来なくなるのを契機に、路線バス事業の許可を取得し、2008年4月7日より東村山市周辺で一般路線バス(小平学校線)の運行も開始した。他方、コミュニティバスの運行は2014年5月31日をもって撤退した。

現行路線[編集]

東村山青葉恩多町線[編集]

  • 東村山駅東口 → スポーツセンター北 → 柳泉園グランドパーク → 東村山駅東口(循環)
  • スポーツセンター北 → 柳泉園グランドパーク → 東村山駅東口(早朝のみ・出庫便)

東村山駅から東側の青葉町・恩多町の路線バス空白地を結び、東久留米市境の清掃工場・柳泉園、下里四丁目(久留米西団地)、東村山市運動公園を経て東村山駅へ戻る循環路線。

ダイヤは平日朝は10分間隔、その他の時間帯は15分間隔、平日21時以後は30分間隔。運賃は170円均一。

小平学校線(現在休止)運行開始9日後の2008年4月16日に運行開始。2012年12月3日から12月28日までの平日に深夜バスを8本試験運行した(他事業者のような運賃倍額は行わず)。

小平国分寺線[編集]

小平駅から駅前の「あかしあ通り」を南下して、小金井市小平市の境界付近にある中央大学附属や東京学芸大学サレジオ小学校・中学校文化女子大学(小平キャンパス)の各学校が集積するエリアを回り、国分寺駅入口に向かう路線。

2010年4月1日、「小金井循環線」として運行開始。当初は学校のエリアから小平駅に戻るルートだったが、沿線住民からの要望に応えて小金井循環線の経路を一部延長し、2012年8月27日に「小平国分寺線」として運行開始。

ダイヤは平日朝7〜8時台は10〜20分間隔、それ以外は平日最後の1便のみ25分開く以外は20分間隔(土曜朝のみ小平駅〜サレジオ通りの区間便が片道のみ2本存在する)。

終点の国分寺駅入口の乗り場は、国分寺駅北口の通称「早実通り」南側の森薬局前にある。

休止・撤退路線[編集]

東村山市コミュニティバス「グリーンバス」用初期車両
Green Bus G-101.jpgGreen Bus G-101-rear.jpg
日野・リエッセ G-101

小平学校線[編集]

小平学校線(2014年3月24日休止)

コミュニティバス[編集]

東村山市コミュニティバス「グリーンバス」(2014年5月31日撤退)

  • 2003年1月23日受託開始。東村山駅東口 - 多摩北部医療センターのルートのみ担当していた。
  • グリーンバスのPASMO・Suica導入にともない、2014年5月31日をもって撤退。委託は西武バス小平営業所に統一される。

車両[編集]

路線車・貸切車・特定車を合計して20台のバスを保有する。

路線車[編集]

  • 東村山青葉恩多町線
ポールスタアラッピングのG-103号車(日野・リエッセ)
銀河鉄道の小平国分寺線で運用中の車両(いすゞ・エルガ)
  • 東村山市グリーンバス(撤退)
    2003年1月23日の運行開始時、専用カラーの日野・リエッセ(CNG車)が導入された。
    その後、日野・ポンチョに置き換えられ撤退の少し前まで稼働していた。
    グリーンバスで使用していた銀河鉄道の車両は、西武バスへの委託一本化にあわせ、西武バス小平営業所に移籍している。

貸切車[編集]

会社設立初期の看板車は、設立以前に現社長が中古で購入した日野・グランシアターであった。

その後、新たな看板車として東都観光バス国際興業大阪に在籍していたいすゞ・KC-LV781R1富士7HD架装車)を3台導入[12]

2012年、草軽交通から1981年製の日野・RC701Pモノコック構造の観光タイプ車体を持つ車両)を譲受し、東京都の排ガス規制適合改修を施した上で運行開始した[13]。このRCは谷保天満宮旧車祭(国立市)に無料シャトルバスとして参加しているほか[14]連続テレビ小説半分、青い』では主人公が岐阜県から東京へ向かうときに乗車する長距離バス車両として使用された[15]

以後も積極的に増車を進めており、2014年に初の貸切新車として三菱ふそう・エアロエースを2台導入した。2016年現在の看板車は新車導入された三菱ふそう・エアロクイーンである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式サイト内の「営業所名変更のご案内」の発表による
  2. ^ 貸切バスのご案内”. 銀河鉄道株式会社. 2018年5月21日閲覧。
  3. ^ 地方組織である東京バス協会が監修する『東京都内乗合バス・ルートあんない'18〜'19年版』(JTBパブリッシング発行 ISBN 978-4-533-12375-7 )にも非加盟事業者である銀河鉄道の路線は掲載されていない。
  4. ^ 東京都シルバーパスのご案内 - 東京バス協会 2012年11月28日閲覧。事業者一覧に銀河鉄道は不記載。
  5. ^ 振替代行輸送の件 - 銀河鉄道2012年11月6日。同28日閲覧。
  6. ^ a b 毎日新聞(多摩版)2008年4月6日の記事「バス会社の山本社長、念願の定期路線 あす「小平学校線」運行」の記述による。
  7. ^ 公式サイト内「バス馬鹿遍歴」の記述による。
  8. ^ 公式サイト「学校線休止のお知らせ[リンク切れ]
  9. ^ 銀河鉄道 公式Facebook「ポールスタア ラッピングバス 運行開始」2017年6月2日付
  10. ^ 銀河鉄道公式サイト 東村山警察署のバスジャック訓練に参加します
  11. ^ 訓練時の運転は西部警察に出演歴のある元スタントマンの乗務員が担当。「バスを破壊させて行う訓練は稀なケース」としている。
  12. ^ 「バス事業者訪問127 銀河鉄道株式会社」『バスラマ・インターナショナル』第112号、ぽると出版、2009年3月、 pp. 57-62。
  13. ^ 昭和のレトロバス公式サイト
  14. ^ 谷保天満宮旧車祭”. Automobile Club Japan. 2018年5月21日閲覧。
  15. ^ 【NHK「半分、青い」に出ました】”. 銀河鉄道株式会社(Facebook) (2018年5月9日). 2018年5月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]