一橋学園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一橋学園駅
一橋学園駅南口(2006年5月)
一橋学園駅南口(2006年5月)
ひとつばしがくえん
Hitotsubashi-gakuen
ST01 国分寺 (2.4km)
(1.0km) 青梅街道 ST03
所在地 東京都小平市学園西町二丁目1番地1号
駅番号 ST 02
所属事業者 SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
所属路線 ST 多摩湖線
キロ程 2.4km(国分寺起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
21,202人/日
-2015年-
開業年月日 1928年昭和3年)4月6日
テンプレートを表示
北口(2008年3月)
ホーム(2008年3月)

一橋学園駅(ひとつばしがくえんえき)は、東京都小平市学園西町二丁目にある、西武鉄道多摩湖線である。駅番号はST02

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。

駅出口は北口と南口の2つがあり、いずれも構内踏切でホームと結ばれている。駅員は南口駅舎に常駐し、北口は自動券売機自動改札機のみで、無人化されている。駅出入口の構造は二つの駅の統合による配慮の名残である。詳細は「歴史」を参照。

早朝・日中・深夜の一部時間帯以外は必ず当駅で列車交換が行われる。かつて、平日朝は当駅 - 国分寺間のみの一区間を折り返す区間列車が設定されており、その列車は必ず2番線を使用して発着していたが、2013年3月16日のダイヤ改正で廃止された。

かつて西武鉄道の主要駅では発車ベルを使用していたが、2009年時点では新交通システム山口線を除いた鉄道線において唯一発車ベルを使用する駅となっている。

トイレはホーム国分寺方にある。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 ST 多摩湖線 下り 萩山西武遊園地方面
2 上り 国分寺ゆき

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員は21,202人である[1]、。西武鉄道全92駅中50位で、多摩湖線内の途中駅では一番多い数値である。

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
出典
1992年(平成04年) 12,452 [* 1]
1993年(平成05年) 12,321 [* 2]
1994年(平成06年) 12,359 [* 3]
1995年(平成07年) 12,235 [* 4]
1996年(平成08年) 11,907 [* 5]
1997年(平成09年) 11,479 [* 6]
1998年(平成10年) 11,241 [* 7]
1999年(平成11年) 10,842 [* 8]
2000年(平成12年) 10,696 [* 9]
2001年(平成13年) 10,504 [* 10]
2002年(平成14年) 20,827 10,403 [* 11]
2003年(平成15年) 21,123 10,664 [* 12]
2004年(平成16年) 21,234 10,838 [* 13]
2005年(平成17年) 21,964 11,378 [* 14]
2006年(平成18年) 21,498 10,923 [* 15]
2007年(平成19年) 21,247 10,626 [* 16]
2008年(平成20年) 21,272 10,674 [* 17]
2009年(平成21年) 20,667 10,375 [* 18]
2010年(平成22年) 20,218 10,211 [* 19]
2011年(平成23年) 19,546 9,847 [* 20]
2012年(平成24年) 20,151 10,170 [* 21]
2013年(平成25年) 20,363 10,290 [* 22]
2014年(平成26年) 20,481 10,351 [* 23]
2015年(平成27年) 21,202

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

西武バスにより、以下の路線が運行されている。

歴史[編集]

当駅開業以前は、現在の駅の北に小平学園駅が存在し、数10m国分寺寄りに一橋大学駅が存在していた(当駅の南に存在するロータリーに旧駅の名残を見ることができる)。両駅間は300m程度だった。1964年(昭和39年)6月西武鉄道は多摩湖線の輸送力増強のため小平学園駅と一橋大学駅の統合と3両編成の列車を投入し15分から10分間隔に増発する計画を発表した。かつて1955年(昭和30年)に輸送力増強のため小平学園駅を廃止する方針を打ち出したところ地元の反対運動が起こった経緯があったため[5]小平市議会では輸送力増強の抜本的な解決策は複線化であるとして西武鉄道に要望した。しかし西武鉄道は急速な複線化は困難であり小平学園駅と一橋大学駅の統合は最終案であると回答し、複線化はされず西武鉄道と住民との議論のうえ[6]1966年昭和41年)7月1日に両駅が統合されて、現在の位置に一橋学園駅が設置され、駅の南北端に改札口が設けられた。よって、「一橋学園」という駅名は両駅名を合わせた造語である。

なお、小平学園箱根土地株式会社(現・プリンスホテル)が開発した学園都市(他に国立や大泉学園がある)の名称で、学校機関として実在はしない。

  • 1928年昭和3年)4月6日 - 小平学園駅が開業。
  • 1933年(昭和8年)9月11日 - 商大予科前駅が開業。名称は東京商科大学予科一橋大学の前身)に由来する。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 学制改革にともない商大予科前駅を一橋大学駅に改称。
  • 1964年(昭和39年)6月 - 西武鉄道は多摩湖線の輸送力増強のため小平学園駅と一橋大学駅の統合と3両編成の列車を投入し15分から10分間隔に増発する計画を発表[7]
  • 1966年(昭和41年)6月30日 - 一橋大学駅と小平学園駅を統合し、一橋学園駅が開業。

隣の駅[編集]

SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
ST 多摩湖線
国分寺駅 (ST01) - (本町信号場) - 一橋学園駅 (ST02) - 青梅街道駅 (ST03)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駅別乗降人員(2015年度1日平均) (PDF) - 西武鉄道
  2. ^ 小平市統計書 - 小平市
  3. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  4. ^ 東京都統計年鑑
  5. ^ 『小平市史 近現代編』2013年、440-442頁
  6. ^ 『小平市史 近現代編』2013年、507-508頁
  7. ^ 『小平市史 近現代編』2013年、507頁

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]