武蔵砂川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武蔵砂川駅
駅舎(2007年9月)
駅舎(2007年9月)
むさしすながわ
Musashi-Sunagawa
SS33 玉川上水 (2.4km)
(2.0km) 西武立川 SS35
所在地 東京都立川市上砂町五丁目44-4
駅番号 SS 34
所属事業者 SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
所属路線 SS 拝島線
キロ程 9.6km(小平起点)
西武新宿から32.2km
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
11,331人/日
-2015年-
開業年月日 1983年昭和58年)12月12日
テンプレートを表示
ホーム(2009年8月)

武蔵砂川駅(むさしすながわえき)は、東京都立川市上砂町五丁目にある、西武鉄道拝島線である。駅番号はSS34

年表[編集]

現在、拝島線の中で最も新しい駅であり、西武鉄道の中では練馬高野台駅航空公園駅に次いで3番目に新しい。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の高架駅。改札口は北側に1か所ある。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 SS 拝島線 上り 萩山小平西武新宿方面
2 下り 拝島方面

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員は11,331人であり[2]、西武鉄道全92駅中65位。駅の北側にイオンモールむさし村山ミュー(現イオンモールむさし村山)が完成し、当駅がバス利用での最寄り駅となったため、利用客が増加した。しかし、2013年4月1日のバスダイヤ改正で日中の便が廃止された。

近年の1日平均乗降人員と乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1992年(平成04年) 4,721 [* 1]
1993年(平成05年) 4,901 [* 2]
1994年(平成06年) 4,992 [* 3]
1995年(平成07年) 4,872 [* 4]
1996年(平成08年) 4,918 [* 5]
1997年(平成09年) 9,839 5,079 [* 6]
1998年(平成10年) 9,984 5,101 [* 7]
1999年(平成11年) 10,041 5,115 [* 8]
2000年(平成12年) 10,086 5,118 [* 9]
2001年(平成13年) 9,784 4,851 [* 10]
2002年(平成14年) 9,553 4,855 [* 11]
2003年(平成15年) 9,573 4,866 [* 12]
2004年(平成16年) 9,262 4,699 [* 13]
2005年(平成17年) 9,293 4,721 [* 14]
2006年(平成18年) 9,484 4,827 [* 15]
2007年(平成19年) 9,747 4,948 [* 16]
2008年(平成20年) 10,153 5,126 [* 17]
2009年(平成21年) 10,309 5,178 [* 18]
2010年(平成22年) 10,218 5,148 [* 19]
2011年(平成23年) 10,225 5,116 [* 20]
2012年(平成24年) 10,563 5,301 [* 21]
2013年(平成25年) 10,789 5,439 [* 22]
2014年(平成26年) 10,972 5,532 [* 23]
2015年(平成27年) 11,331

駅周辺[編集]

2006年10月6日、立川市は「武蔵砂川駅周辺地区まちづくり方針(案)」を策定、発表した。

バス路線[編集]

  • 立川市民バス(くるりんバス
    • 北ルート(左回り):砂川三番北、立川市役所、災害医療センター東経由 女性総合センターゆき
    • 北ルート(右回り):柏町団地南、けやき台団地北、泉市民体育館経由 女性総合センターゆき
    • 西東ルート:松中団地操車場ゆき
  • 武蔵村山市内循環バス(MMシャトル)
    • 武蔵砂川ルート:イオンモール、三ツ藤経由 中原一丁目ゆき※2013年4月1日のバスダイヤ改正で日中の便が廃止された。

駅名の由来[編集]

立川市の砂川地域(旧砂川町)にあるが、北海道砂川駅が存在していた為、「武蔵国」から「武蔵」を付け、「武蔵砂川」とした。

隣の駅[編集]

SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
SS 拝島線
急行・準急・各駅停車
玉川上水駅 (SS33) - 武蔵砂川駅 (SS34) - 西武立川駅 (SS35)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]