武蔵砂川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武蔵砂川駅
駅舎(2007年9月)
駅舎(2007年9月)
むさしすながわ
Musashi-Sunagawa
(国営昭和記念公園砂川口)
SS33 玉川上水 (2.4km)
(2.0km) 西武立川 SS35
所在地 東京都立川市上砂町五丁目44-4
駅番号 SS 34
所属事業者 西武鉄道
所属路線 拝島線
キロ程 9.6km(小平起点)
西武新宿から32.2km
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
11,687人/日
-2016年-
開業年月日 1983年昭和58年)12月12日
テンプレートを表示
ホーム(2009年8月)

武蔵砂川駅(むさしすながわえき)は、東京都立川市上砂町五丁目にある、西武鉄道拝島線である。駅番号はSS34

年表[編集]

  • 1960年昭和35年) - 路線用地を買収するにあたり地権者に設置の約束がなされたとされる[1]
  • 1976年(昭和51年)5月 - 立川市武蔵村山市の両市当局と議会関係者らが新駅設置促進協議会を結成[2]
  • 1979年(昭和54年) - 請願新駅で合意[3]
  • 1980年(昭和55年) - 線路は西武鉄道が、駅舎とホームは両市負担の協定が成立[1]。最終的な負担割合は日産負担分を含め武蔵村山市が1億円、残部を立川市とした[3]
  • 1982年(昭和57年) - 当年度より建設 [1]
  • 1983年(昭和58年)12月12日 - 開業。
  • 2006年平成18年)9月 - LED発車標を新設。
  • 2014年(平成26年)2月 - 旅客用トイレ改修工事竣工、エレベーター使用開始。
  • 2014年(平成26年)3月28日 - 駅リニューアル工事完了。駅名標に「国営昭和記念公園砂川口」を併記[4]

現在、拝島線の中で最も新しい駅であり、西武鉄道の中では練馬高野台駅航空公園駅に次いで3番目に新しい。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の高架駅。改札口は北側に1か所ある。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 SS 拝島線 上り 萩山小平西武新宿方面
2 下り 拝島方面

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員は11,687人であり[5]、西武鉄道全92駅中65位。駅の北側にイオンモールむさし村山ミュー(現イオンモールむさし村山)が完成し、当駅がバス利用での最寄り駅となったため、利用客が増加した。しかし、2013年4月1日のバスダイヤ改正で日中の便が廃止された。

近年の1日平均乗降人員と乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[6]
年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員[8]
出典
1992年(平成04年) 4,721 [* 1]
1993年(平成05年) 4,901 [* 2]
1994年(平成06年) 4,992 [* 3]
1995年(平成07年) 4,872 [* 4]
1996年(平成08年) 4,918 [* 5]
1997年(平成09年) 9,839 5,079 [* 6]
1998年(平成10年) 9,984 5,101 [* 7]
1999年(平成11年) 10,041 5,115 [* 8]
2000年(平成12年) 10,086 5,118 [* 9]
2001年(平成13年) 9,784 4,851 [* 10]
2002年(平成14年) 9,553 4,855 [* 11]
2003年(平成15年) 9,573 4,866 [* 12]
2004年(平成16年) 9,262 4,699 [* 13]
2005年(平成17年) 9,293 4,721 [* 14]
2006年(平成18年) 9,484 4,827 [* 15]
2007年(平成19年) 9,747 4,948 [* 16]
2008年(平成20年) 10,153 5,126 [* 17]
2009年(平成21年) 10,309 5,178 [* 18]
2010年(平成22年) 10,218 5,148 [* 19]
2011年(平成23年) 10,225 5,116 [* 20]
2012年(平成24年) 10,563 5,301 [* 21]
2013年(平成25年) 10,789 5,439 [* 22]
2014年(平成26年) 10,972 5,532 [* 23]
2015年(平成27年) 11,331
2016年(平成28年) 11,687

駅周辺[編集]

2006年10月6日、立川市は「武蔵砂川駅周辺地区まちづくり方針(案)」を策定、発表した。

バス路線[編集]

  • 立川市民バス(くるりんバス) 砂川ルート(平日のみ)
    • 玉川上水駅方面:西武立川駅北口 - 武蔵砂川駅 - 砂川公園前 - 玉川上水駅 - 上水営業所(構内)
    • 西武立川駅北口方面:上水営業所(構内)- 玉川上水駅 - 上水営業所 - 武蔵砂川駅南口 - 西武立川駅北口
  • 武蔵村山市内循環バス(MMシャトル)
    • 武蔵砂川ルート(平日通勤時のみ):春名塚 -(イオンモール)- 武蔵砂川駅 - イオンモール - 春名塚

駅名の由来[編集]

立川市の砂川地域(旧砂川町)にあるが、北海道砂川駅が存在していたため、「武蔵国」から「武蔵」を付け、「武蔵砂川」とした。

なお開業月の立川市広報では、駅の名前「武蔵砂川」、これは砂川町と武蔵村山市の地名にちなんで名付けたものです[2]。としている。

隣の駅[編集]

SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
SS 拝島線
拝島ライナー(下りのみ運転)・急行・準急・各駅停車
玉川上水駅 (SS33) - 武蔵砂川駅 (SS34) - 西武立川駅 (SS35)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「新駅名は『武蔵砂川』」『朝日新聞』1983年11月11日付 - 立川市議会事務局編集、立川市議会史編さん資料立川市関係新聞記事集昭和57年-59年版、216ページ
  2. ^ a b 広報たちかわ584号昭和58年12月1日付1面、83縮刷版123ページ
  3. ^ a b 「請願新駅で合意、4月着工」『読売新聞』1979年1月28日付 - 立川市議会事務局編集、立川市議会史編さん資料立川市関係新聞記事集昭和54年-56年版、129ページ
  4. ^ 西武鉄道ホームページ2014年3月26日付 3月28日(金)より武蔵砂川駅に案内表示「国営昭和記念公園砂川口」を追加します! (PDF)
  5. ^ 駅別乗降人員(2016年度1日平均) (PDF) - 西武鉄道
  6. ^ 統計年報 - 立川市
  7. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  8. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]