残堀川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
残堀川
Sayamaike Mizuho-machi.jpg
狭山池流出部
水系 一級水系 多摩川
種別 一級河川
延長 14.5 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 34.7 km²
水源 狭山池(瑞穂町箱根ヶ崎)
水源の標高 -- m
河口・合流先 多摩川(立川市柴崎町)
流域 東京都
テンプレートを表示

残堀川(ざんぼりがわ)は、東京都を流れる多摩川水系一級河川である。

地勢[編集]

狭山丘陵西端付近にある狭山池(東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎)に源を発し、立川断層に沿って南東に流れ、武蔵村山市の旧日産村山工場の敷地に突きあたってから南に流れを変える。ここから下流は河道付替工事による人工の流路である。立川市一番町付近で玉川上水を乗り越え、国営昭和記念公園の西辺に添いながら昭島市に入る。東向きに曲がって同公園の敷地に入り立川市域に再び入る。公園内で再び南に向きを変え、立川市富士見町3丁目でほぼ直角に曲がり、立川市柴崎町で多摩川に合流する。

地形は狭山丘陵と立川崖線を越える部分を除いてほぼ平坦である。

流域の自治体[編集]

東京都
西多摩郡瑞穂町武蔵村山市立川市昭島市、立川市

歴史[編集]

元々は狭山丘陵の小河川の水を集めて南東に流れ、矢川に注いでいたと考えられている。

1654年承応3年)玉川上水開通の際繋げられ、さらに孤立していた狭山池まで掘割で繋げた。その後1893年明治26年)から1908年(明治41年)にかけて玉川上水の下を通って立川市富士見町へ至る工事が施され、上水から切り離された。富士見町から先は段丘沿いに流れていた根川 (立川市)に注いでいた。

そして1963年昭和38年)氾濫対策として、玉川上水を越える形に変え、1982年(昭和57年)「残堀川流域整備計画」が策定され、その計画に沿って河川改修工事が施工された。

しかしそれ以降は年間を通じて、降雨時およびその直後を除くと水流の殆ど見られない「瀬切れ」を頻繁におこすようになり、場所によってはその名の如く「堀だけが残る川」となってしまった。

理由としては、水源である狭山池自体の流出量減少に加えて、都市化による雨水の浸透の減少、下水道の普及による河川への排水の減少なども原因の一因ではないかと考えられたが、一定時期(短期的)を境に河川の瀬切れが起こった事(瀬切れが起こった時期に残堀川流域の地域に大きな都市化=舗装インフラの激増や下水インフラの激増などは特に顕著に無かった為)を考慮すると、表層(ローム層)を流れていた河道を、河川改修工事により層まで掘り下げたため、伏流(地下を流れる)しやすくなった工事のずさんさが、一番の原因[1]だと考えられる。

その後の2007年6月東京都は不透水層の設置等の瀬切れ対策を含んだ河川整備計画を発表した。[2]

支流[編集]

殆ど水が流れていない富士見橋付近
昭和用水流入で水がある、最下流の立川橋付近
  • 狭山谷川
  • 夕日台川
  • 峰田川
  • 滝田川
  • 横丁川
  • 昭和用水
  • 昭和用水支流
  • 立川堀分水支流

橋梁[編集]

上流より

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] 東京新聞記事
  2. ^ [2] 多摩川水系残堀川河川整備計画(PDF)