武蔵村山市内循環バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
武蔵村山市内循環バス(MMシャトル)の車両 日野リエッセ M-8号車

武蔵村山市内循環バス(むさしむらやましないじゅんかんバス)は、東京都武蔵村山市が運営するコミュニティバスである。現在全国で運行されるようになったコミュニティバスの先駆けとされる[1][2]

愛称は「MMシャトル」(えむえむシャトル)。現在は4ルートが運行され、立川バス瑞穂営業所が運行受託している[3]

1980年(昭和55年)7月[4]1日、東京都内初の自治体運営バスとして運行開始。多摩地域初のコミュニティバスでもある。その後、1986年(昭和61年)8月20日日野市ミニバスが開業し、1995年(平成7年)に武蔵野市ムーバスが開業してブームとなった、コミュニティバスの先駆的な存在である[1][2][4]

武蔵村山市は東京都の市制都市として唯一、市内に鉄道駅が存在しない。まだ「コミュニティバス」という言葉もなかった1980年代に、交通空白地域の解消や公共施設への連絡など、一般路線バスだけではカバーしきれない市民の足を確保するため運行開始された。

概要[編集]

運行開始から[編集]

1980年(昭和55年)7月[4]1日、武蔵村山市が購入した車両(マイクロバス2台)を、立川バスに委託して運行開始された。当初は立川バス上水営業所が運行受託していた[5]

運行開始時に導入された初代車両は、立川バスカラーのいすゞ・ジャーニーL(K-BE)が使用された[1]

1990年、初代車両が除籍され、2代目車両の立川バスカラーの日野・レインボーRB(U-RB)に代替された[5]

ルートは、西武拝島線玉川上水駅を起点に「内回り」「外回り」の循環経路で運行していた。運賃体系は、市内の路線バスと同様に対キロ多区間制運賃を採用していた。

モノレール開業後[編集]

1999年平成11年)10月1日多摩都市モノレールの開業に合わせて再編が行われ、「MM(Musashi Murayama)シャトル」の愛称が与えられた。

同時に、車両も日野・リエッセに新調され、立川バスカラーから多摩都市モノレールに似た現行カラーへ変更された。

この際に大幅な路線変更が行われ、玉川上水駅の他に西武拝島線武蔵砂川駅や、多摩都市モノレール上北台駅とも結ばれた。上北台駅は東大和市にあり、東大和市のコミュニティバス「ちょこバス」も乗り入れている。

路線再編後に、担当が上水営業所から瑞穂営業所に移管されている。

その後、市営温泉「村山温泉かたくりの湯」落成と、日産自動車村山工場跡地開発によるイオンモールむさし村山(旧ダイヤモンドシティ・ミュー)開業にともない、経路変更して経由するようになった。

2007年9月14日より、バスの位置情報を携帯電話インターネットで確認できるバスロケーションシステム[6]を導入している。

2009年2月1日、さらなる運行の効率化のため、大幅なルート見直し及びダイヤ改正を行うとともに、武蔵村山市役所前・イオンモールの2箇所で乗継チケットの発行を開始。現金払いに限り、運賃が100円引きされた[7]

2011年5月1日から2012年3月31日までの間、対キロ多区間制の運賃体系を、均一運賃100円(小児・障害者同額、未就学児については無料)とするワンコイン運賃の試行を実施した[8]

対キロ多区間制から均一運賃への変更にともない、MMシャトル専用定期券、他ルートへの乗継チケットによる割引制度は廃止された。また交通系ICカード(PASMOSuica)利用の際に付与される「バス利用特典サービス」が適用されなくなった。

なお均一運賃への変更後も、利用状況を把握するため、乗車方法は従来通りの後払い整理券方式(現金や回数券の場合は整理券を取って乗車し、降車時に運賃・整理券を運賃箱に投入する。ICカード:乗降時にカードリーダーに必ずタッチする。)とされた。

運賃[編集]

現行の運賃は次のとおり[9]

  • 1乗車大人170円、小人90円(障害者割引運賃:大人90円、小人50円)。未就学児・東京都シルバーパス利用者は無料
  • 交通系ICカード(PASMO・Suica)対応。ICカードも現金と同一運賃(「バス利用特典サービス」は適用なし)。
  • 現金・回数券は乗車時に整理券を取り、降車時に整理券とともに支払う。ICカードは乗車時と降車時にカードリーダーにタッチする。
  • 専用回数券あり(170円券13枚綴り2,000円、90円券12枚綴り1,000円)。
  • 一日乗車券(MMワンデーフリーパス・各ルート共通)500円[10]
  • 専用回数券・一日乗車券は車内、立川バス瑞穂営業所・上水営業所で販売。立川バスの一般路線では使用不可。
  • 東京都シルバーパス、各種障害者手帳による割引あり。
  • 定期券は利用不可。

現行路線[編集]

2014年4月1日から[編集]

上北台ルート、玉川上水ルートでは、朝夕は通勤時ルートとして短縮コースで運転される。

上北台ルート[編集]

  • 通勤時ルート:上北台駅 - 神明三丁目 - 武蔵村山市役所前 - 村山温泉かたくりの湯 (夕方上北台方面のみ) - 長円寺 - 市民総合体育館入口(→富士見通り→/←)三ツ木地区会館
  • 日中時ルート:上北台駅 - オカネ塚公園 - 学園 - 神明三丁目 - 武蔵村山市役所前 - 村山温泉かたくりの湯 - 長円寺 - 市民総合体育館入口 - 総合体育館

玉川上水ルート[編集]

  • 通勤時ルート:玉川上水駅 - 大南二丁目 - 学南通り - 原山 - 武蔵村山市役所前
  • 日中時ルート:玉川上水駅 - 大南二丁目 - 村山団地 - 村山医療センター - 学南通り - 東経大前 - 武蔵村山病院 - イオンモール - 三本榎 - 武蔵村山市役所前 - 村山温泉かたくりの湯

武蔵砂川ルート(通勤時のみ)[編集]

  • 武蔵砂川駅 - イオンモール(朝の武蔵砂川駅方面は通過) - 三ツ藤中央通り - 三ツ藤 - 残堀 - 中原一丁目 - グリーンタウン武蔵村山 - 春名塚

西ルート(日中時のみ)[編集]

  • 村山医療センター - 学南通り - 東経大前 - 武蔵村山病院 - イオンモール - 三ツ藤中央通り - 三ツ藤 - 残堀 - 中原一丁目 - 中原二丁目 - 富士見通り - 薬師通り - 総合体育館

過去の路線[編集]

2014年3月31日まで[編集]

上北台ルート、玉川上水ルートでは朝夕は通勤時ルートとして短縮コースで運転される。

上北台ルート[編集]

  • 通勤時ルート:上北台駅 - 神明三丁目 - 武蔵村山市役所前 - 長円寺 - 市民総合体育館入口(→富士見通り→/←)三ツ木地区会館(朝夕のみ)
  • 日中時ルート:上北台駅 - 神明三丁目 - 武蔵村山市役所前 - 村山温泉かたくりの湯 - 長円寺 - 市民総合体育館入口 - 市民総合体育館(日中のみ)

武蔵砂川ルート[編集]

  • 武蔵砂川駅 - イオンモール - 三ツ藤 - 富士塚(→西残堀→ / ←中原一丁目←グリーンタウン武蔵村山←)中原三丁目(終日)

玉川上水ルート[編集]

  • 通勤時ルート:玉川上水駅 - 大南二丁目 - 学南通り - 原山 - 武蔵村山市役所前(朝夕のみ)
  • 日中時ルート:玉川上水駅 - 大南二丁目 - 村山団地 - 村山医療センター - 学南通り - 東経大前(→武蔵村山病院→イオンモール→/←三本榎←武蔵村山市役所前←)村山温泉かたくりの湯(日中のみ)

西循環ルート[編集]

  • イオンモール→老人福祉館前→市民総合体育館→村山温泉かたくりの湯→武蔵村山市役所前→イオンモール(日中のみ)

2009年1月31日まで[編集]

  • 西ルート
  • 東ルート
  • 東西横断ルート

1999年9月30日まで[編集]

  • 上水営業所 → 玉川上水駅 - 玉川上水駅入口→桜街道 - 大南公園 - 湖南衛生組合前 - 七小入口 - 村山団地 - 第三中学校 - 神明 - 中砂橋 - 国立村山病院西門 - 国立村山病院前 - 三本榎 - 武蔵村山市役所前 - 公民館前 → 桃の木 → 武蔵村山高校南 → 五中南 → 老人福祉会館前 → 伊奈平公園→ 伊奈街道南 → コトブキ村山工場前 → 残堀 → 三ツ藤 → (公民館前)

立川バス上水営業所が担当。上水営業所が起点の場合は玉川上水駅を通過、終点は全便玉川上水駅。

車両[編集]

2015年10月28日現在、リエッセ4台、エアロミディME4台、ポンチョ3台、3種11台運行されている[11]

2017年3月31日までは、日野ポンチョの回転半径が大きく、三ツ藤中央通り左折時に対向車線の停止線を越えるため、武蔵砂川ルート・西ルートの運用に入らなかった。

2017年4月1日より、車両更新により、運行継続に必要な旧型車両が不足するため、当該交差点にミラーを設置した上で、運行を継続することとなった[12]

現行車両[編集]

  • 日野・リエッセ[5]
    • ツーステップ、ステップリフトバス(車椅子乗車可能)。リース車両。
    • 1999年、導入当初から現行カラーで7台配置。
    • 上水営業所担当時代に導入された。移管前は社番が「JM8 - JM14」だった。
    • M8 - M14(KK-RX4JFEA)7台
  • 日野・ポンチョ[14]
    • 2ドアロングボディ、ノンステップバス。購入車両。
    • リエッセの代替として、2012年、2014年、2015年に各1台配置。
    • 2012年:M36(SDG-HX9JLBE)
    • 2014年:M41(SDG-HX9JLBE)
    • 2015年:M42(SDG-HX9JLBE)

過去の車両[編集]

  • いすゞ・ジャーニーL[1]
    • 初代車両。マイクロバス。立川バスカラー。
    • 1980年、運行開始時に2台配置。上水営業所所属。
    • フロントに「武蔵村山市内循環」の方向幕と、マーカーランプが付いていた。
    • JM1- JM3(K-BE22)
  • 日野・レインボーRB[5]
    • 2代目車両。1ドア中折戸。直結冷房車。立川バスカラー。
    • 1990年、ジャーニーLの代替として3台配置。上水営業所所属。
    • JM5 - JM7(U-RB2WGAA)3台

脚注[編集]

  1. ^ a b c d バスジャパンニューハンドブックシリーズ 31 小田急バス 立川バス』 BJエディターズ2000年8月1日、32-33頁。ISBN 4-7952-7796-6
  2. ^ a b バスジャパンハンドブックシリーズ R65 小田急バス 立川バス』 BJエディターズ2008年9月1日、30頁。ISBN 978-4-434-11565-3
  3. ^ [1]
  4. ^ a b c 土屋正忠 『ムーバスの思想 武蔵野市の実践』 東洋経済新報社2004年8月19日、66頁。ISBN 4-492-22252-9
  5. ^ a b c d バスジャパンニューハンドブックシリーズ 31 小田急バス 立川バス』 BJエディターズ2000年8月1日、61-64頁。ISBN 4-7952-7796-6
  6. ^ 武蔵村山市内循環バスナビシステム
  7. ^ 武蔵村山市. “市報むさしむらやま 2009年1月15日号(p.3~9)”. 2017年2月18日閲覧。
  8. ^ 武蔵村山市. “市報むさしむらやま 2011年4月1日号(p.6)”. 2017年2月18日閲覧。
  9. ^ (武蔵村山市公式サイト)MMシャトルご利用案内. 2017年2月18日閲覧
  10. ^ (武蔵村山市公式サイト)MMワンデーフリーパスご利用案内 (PDF) . 2017年2月18日閲覧
  11. ^ 武蔵村山市地域公共交通会議 平成28年度 第4回会議資料4(p.4) (PDF)
  12. ^ 武蔵村山市地域公共交通会議 平成28年度 第1回会議資料2 (PDF)
  13. ^ バスジャパンハンドブックシリーズ R65 小田急バス 立川バス』 BJエディターズ2008年9月1日、48-67頁。ISBN 978-4-434-11565-3
  14. ^ バスグラフィック No.20 小田急バス・立川バス 大特集!』 ネコ・パブリッシング2014年1月23日、87頁。ISBN 978-4-7770-1543-8

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]