武蔵村山市内循環バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武蔵村山市内循環バス(MMシャトル)の車両

武蔵村山市内循環バス(むさしむらやましないじゅんかん-)は、東京都武蔵村山市が運営するコミュニティバスである。愛称は"MMシャトル"であり、運行は立川バス瑞穂営業所に委託されている。

概要[編集]

東京都の市制都市として唯一市内に鉄道駅がない市で、交通の空白地域の解消や公共施設への連絡などで市民の足を確保するために1980年7月1日より多摩地区初の自治体運営バスとして登場した。しかし、後に登場した武蔵野市ムーバスを筆頭とするコミュニティバスと異なり、均一運賃式ではなく、対キロ区間制運賃式を採用した。立川バスに小型マイクロバス(立川バスカラー)2台を委託し、西武拝島線玉川上水駅を起点に「内回り」「外回り」で運行していた。

コミュニティバスが他都市において大きく設置されるようになってきたことと多摩地区において新たに開通した多摩都市モノレール線にあわせて、1999年10月1日にこれまでの路線を大幅に変更し、車輌も新調され、立川バスカラーから多摩都市モノレールに似たカラーへ変更された。この時に、愛称が付けられMM(Musashi Murayama)シャトルとなった。玉川上水駅の他に西武拝島線武蔵砂川駅や多摩都市モノレール線上北台駅とも結ばれている。

その後、市営温泉「村山温泉かたくりの湯」落成や日産自動車村山工場跡地開発におけるイオンモールむさし村山(旧ダイヤモンドシティ・ミュー)開業に伴い、それぞれ路線の一部を変更した。

2007年9月14日より、バスの位置情報を携帯電話やPCのインターネットを使って確認できるバスロケーションシステム[1]を導入している。

2009年2月1日には、さらなる運行の効率化のため、大幅なルート見直し及びダイヤ改正を行うとともに、武蔵村山市役所前・イオンモールの2箇所で乗継チケットの発行を開始。現金払いに限り、運賃が100円引きされた[2]

2011年5月1日 - 2012年3月31日の間、複雑だった対キロ区間制の運賃体系を、乗車した距離に関係なく一律100円(小児・障害者同額、未就学児については無料)とするワンコイン運賃の試行を実施[3]。 これに伴い、MMシャトル専用定期券が使えなくなったほか、他ルートへの乗り継ぎされる際の乗継割引制度やICカード(PASMOSuica)利用の際に付与される「バス利用特典サービス」が適用されなくなった。ただし、東京都シルバーパスについては引き続き利用できる。

なお、利用状況を把握するため、現行通りの乗車方法(現金:乗車時に整理券を取って乗車し、降車時に運賃・整理券を運賃箱に投入する。ICカード:乗降時にカードリーダーに必ずタッチする。)とされた。

現行路線[編集]

上北台ルート、玉川上水ルートでは朝夕は通勤時ルートとして短縮コースで運転される。

上北台ルート
  • 通勤時ルート:上北台駅 - 神明三丁目 - 武蔵村山市役所前 - 長円寺 - 市民総合体育館入口(→富士見通り→/←)三ツ木地区会館(朝夕のみ)
  • 日中時ルート:上北台駅 - 神明三丁目 - 武蔵村山市役所前 - 村山温泉かたくりの湯 - 長円寺 - 市民総合体育館入口 - 市民総合体育館(日中のみ)
武蔵砂川ルート
  • 武蔵砂川駅 - イオンモール - 三ツ藤 - 富士塚(→西残堀→ / ←中原一丁目←グリーンタウン武蔵村山←)中原三丁目(終日)
玉川上水ルート
  • 通勤時ルート:玉川上水駅 - 大南二丁目 - 学南通り - 原山 - 武蔵村山市役所前(朝夕のみ)
  • 日中時ルート:玉川上水駅 - 大南二丁目 - 村山団地 - 村山医療センター - 学南通り - 東経大前(→武蔵村山病院→イオンモール→/←三本榎←武蔵村山市役所前←)村山温泉かたくりの湯(日中のみ)
西循環ルート
  • イオンモール→老人福祉館前→市民総合体育館→村山温泉かたくりの湯→武蔵村山市役所前→イオンモール(日中のみ)

車両[編集]

2016年8月現在、リエッセ、エアロミディME、ポンチョの三車種で運行されている。

運賃[編集]

現行の運賃は次のとおり[4]

  • 1乗車大人170円、小人90円(障害者割引運賃:大人90円、小人50円)。未就学児・東京都シルバーパス利用者は無料
  • ICカード(Suica・PASMO)対応。ICカードも現金と同一運賃(「バス利用特典サービス」は適用なし)
  • 回数券(170円券13枚綴り2,000円、90円券12枚綴り1,000円)
  • 1日乗車券(MMワンデーフリーパス・各ルート共通)500円[5]
  • 現金・回数券は乗車時に整理券を取り、降車時に整理券とともに支払う。ICカードは乗車時と降車時にカードリーダーにタッチ
  • 定期券は利用不可

脚注[編集]

外部リンク[編集]