拝島ライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
拝島ライナー
シンボルマーク
拝島ライナーに使用される40000系電車 (2018年3月23日、西武新宿駅)
拝島ライナーに使用される40000系電車
(2018年3月23日、西武新宿駅
概要
日本の旗 日本
種類 座席指定制列車(西武新宿駅 - 小平駅間)
各駅停車(小平駅 - 拝島駅間)
地域 東京都
運行開始 2018年3月10日
運営者 西武鉄道
路線
起点 西武新宿駅
終点 拝島駅
使用路線 西武新宿線拝島線
技術
車両 40000系
軌間 1,067 mm
電化 直流1,500 V
テンプレートを表示

拝島ライナー(はいじまライナー)とは、西武鉄道西武新宿駅 - 拝島駅間で運行している座席指定制有料列車である[1][2]列車種別名も兼ねている。

概要[編集]

拝島ライナー 列車指定券

2017年11月20日に当列車の新設が発表され[3]2018年3月10日より夕方・夜間に西武新宿駅から拝島駅に向かう下り列車として運転開始した[4][1]

運行形態[編集]

全日の18時から22時台にかけて拝島行きのみ1時間毎に5本運行される。高田馬場駅から小平駅までノンストップ、小平駅から先の拝島線内は各駅に停車する[1][5]

西武新宿駅高田馬場駅からの乗車する際は大人300円・小児150円の座席指定券が必要となる。ただし、事前に座席指定券を購入しないでこれらの駅から乗車する場合は200円が加算される[1]。また、小平駅以遠の各駅から乗車する場合は座席指定券は不要であり、乗車券のみで乗車できる[5]

停車駅[編集]

使用車両[編集]

  • 西武40000系電車[1]のうち、検査時などを除き新宿線玉川上水車両基地に所属している40005Fおよび40006Fを使用する(新宿線所属編成には予備車がないため、検査時などには池袋線小手指車両基地所属の40001F - 40004Fのうちの1編成を借用する)。ただし、パートナーゾーンの位置は、所沢駅の線路配線の関係上、豊洲および元町・中華街寄りに設置されているS-TRAINとは逆となる(拝島寄りの車両に設置)。また、拝島ライナーの運用開始前と終了後には一般列車として使用する(一般列車運用も拝島ライナーと関連している運用のため40000系の限定運用となっている)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “2018年3月10日(土)から「拝島ライナー」の運行を開始します!” (PDF) (プレスリリース), 西武鉄道, (2018年1月25日), https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180125_haijimaliner2.pdf 2018年1月25日閲覧。 
  2. ^ 2017年11月16日に西武鉄道が商標を出願(商願2017-150899)
  3. ^ 2018年春 西武新宿→拝島間に有料座席指定列車「拝島ライナー」を導入します! 西武鉄道 2017年11月20日(PDF)
  4. ^ 着席列車「拝島ライナー」2018年春デビュー 夕方・夜間に運転 西武 - 乗りものニュース、2017年11月20日
  5. ^ a b 「拝島ライナー」3月運転開始 平日「S-TRAIN」増発も 西武ダイヤ改正”. 乗りものニュース (2018年1月29日). 2018年1月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]