GAS MUSEUM がす資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg GAS MUSEUM がす資料館
GAS MUSEUM.JPG
施設情報
愛称 ガスミュージアム[1]
専門分野 ガス燃料ガス機器
事業主体 東京ガス
開館 1967年
所在地 187-0001
東京都小平市大沼町4-31-25
位置 北緯35度44分31.1秒
東経139度30分2.7秒
座標: 北緯35度44分31.1秒 東経139度30分2.7秒
外部リンク http://www.gasmuseum.jp/
プロジェクト:GLAM

GAS MUSEUM がす資料館(ガスミュージアム がすしりょうかん)は、東京都小平市にある、東京ガスが運営する企業博物館である。

概略[編集]

東京ガスの歴史と、人々の暮らしとガスとのかかわりを展示・紹介する歴史博物館。2棟の展示館は、いずれも明治時代に建てられた東京ガスのレンガ造りの社屋を移設・復元している。明治期からのガス機器約1200点や明治錦絵約400点、東京ガスの広告など、ガスにまつわるコレクションを所蔵している。

利用案内[編集]

  • 開館時間:午前10時から午後5時(入館は午後4時まで)
  • 休館日:月曜日/年末年始(月曜日が祝日及び振替休日の場合は翌日が休館)
  • 入場料:無料
  • 駐車場:50台(無料)

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ガスミュージアムについて”. 東京ガス. 2017年7月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 坂崎靖司監修 『明治瓦斯灯錦絵づくし --GAS MUSEUM がす資料館収蔵目録』 株式会社アーバン・コミュニケーションズ、1996年2月、ISBN 978-4-9000-8513-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]